1
/
5

RPAエンジニアとして活躍する19年新卒がディップに入社した理由は!?

ディップでは、2024年2月期までの5年間で、RPA、人工知能(AI)領域に投資を500億円していく大きな計画を立て、 2019年4月1日にAI・RPA事業部を新規事業開発の中核部署として立ち上げました。

▼ディップ、「ロボット派遣」に500億円投資
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43035190Y9A320C1DTA000/


AI・RPA事業部は新規事業開発をしている部署ということで新卒には敷居が高そう…とよく言われるのですが、19年新卒も配属されすぐに活躍しています!

今回は、新卒でディップに2019年4月に入社し、RPAエンジニアとして活躍する武永さんにお話を聞いてみました。

大学時代はVRに熱中

ーー武永さんは大学時代何をしていたのですか?

福岡の久留米工業大学情報工学部というところに通っていまして大学院まで進みました。ゴリゴリの理系でした(笑)

大学3年の時にCGを扱うサークルに入り、そこでVR(仮想現実),AR(拡張現実)にはまったんです。

VRはテレビなどの画面を見ているときに比べて没入感が大きく、人間の感性を動かすことできる点に強く興味を持ちました。

学問的なところでもVRの研究をしたり、学問外でもVRなどデジタルコンテンツを作って外部コンテストに応募したり、VRのコンテンツを集めて一般の人に楽しんでもらうイベントを企画したり…。大学時代はとても楽しかったですね。


ーーバラ色の大学時代って感じですかね?

いや…そんなことはないです…。仮想通貨で大損こいたりとか、大学時代にリーダーとして動いていた企画がポシャって挫折したりとかいろいろありました…(笑)


ーー大学時代プログラミング経験はあったのでしょうか?

CG作成で使ってはいたのですが、がっつりと使ってはいませんでした。


良いサービスを作るために営業を経験することを決意

ーーなぜディップに入社したんですか?

昔からインターネットサービスが好きで、将来的にWebサービスを作ってみたいといった想いがありました。

良いWebサービスを作るにはどうしたら良いのか?ある方から聞いた「営業はエンジニアの気持ちがわからない。エンジニアは営業の気持ちはわからない。」という話がとても耳に残っていて。

自分がサービスを作るときに営業の気持ちがわからないのは嫌だなと思って。大学でエンジニア的な考えでやってきたから、社会人になったら営業やってみようかな!と考え営業会社を探したのがディップを知ったきっかけでした。

ただ、よく会社を調べていくと、AIなど先端技術の会社に投資をしていたり力を入れていて、営業も経験できそうだしテクノロジーに力を入れているし面白そうだぞ!と思い入社を決めました。


ーー新卒でAI・RPA事業部に配属されたわけですが、その時はどんな気持ちだったのでしょうか?

最初は営業をやるイメージでいたので驚きました。

入社をしてから、AI・RPA事業部のコンサルタントを目標として頑張ってほしい!と言われ、コンサルタントも営業的な面を含んでいるなと思い、そこを目指してやってみようと思いました。

また、ハードルは高いなと思ったのですが、自分としてはハードルが高いほうが面白いと思えるので、AI・RPA事業部で頑張ろうという気持ちになりました。

配属2日目から顧客のシステムを開発

ーー2019年5月に現場に配属されてからこれまで何をしてきましたか?

スピード感がとてもあって、配属2日目からお客様先に導入するRPAシステムの開発に携わりました。

RPAをいじったことがほとんどなかったので、最初はわからないことだらけでしたが、周りの人に教えてもらいながらなんとか前に進んでいます。

業務コンサルタントの卵としてシステム開発をして技術周りの勉強をしたり、先輩のコンサルタントに同行したりして日々勉強しています。


ーーAI・RPA事業部へ入社を考えている方に一言お願いします!

自分は配属2日目から導入するシステム開発に携わることができました。こういうチャンスって普通の会社ではあまりないと思います。

座学ではなく作りながら学びたいという人にはとっても良い環境です。

またRPAはゴリゴリプログラミングではないから、文系、理系の境目は関係ないし、何かを作りたいという人にとっては向いていると思います。

一緒に働けることを楽しみにしています!


メンバー募集

【AI・RPA事業部では、新卒・中途で一緒に新規事業を創ってくれるメンバーを募集しています】

新卒▼

中途▼

RPAエンジニア
プログラミング経験少しあればOK!新規事業を創るRPAエンジニア募集!
【事業内容】 「人材サービスとDXサービスを提供する『労働力の総合商社』として、労働力の諸問題を解決します。」 2019年3月、ディップは"Labor force solution company"を新たにビジョンとして掲げました。 日本では、今後の人口減少・高齢化に伴い労働力不足が深刻化するとともに、現在の仕事の多くは、デジタルレイバーに置き換わると言われています。 これまで我々は、労働力の問題を、"人を募集し採用する"という面から解決・改善してきました。しかし、これからは、従来の事業ドメインを拡大し、"Labor force solution company"へと進化することにより、人材サービスとDXサービスを提供する『労働力の総合商社』として、労働力の諸問題を解決します。
ディップ株式会社


RPAコンサルタント
SIer出身者求む!AI・RPA新規事業をグロースさせるコンサルタント募集
【事業内容】 「人材サービスとDXサービスを提供する『労働力の総合商社』として、労働力の諸問題を解決します。」 2019年3月、ディップは"Labor force solution company"を新たにビジョンとして掲げました。 日本では、今後の人口減少・高齢化に伴い労働力不足が深刻化するとともに、現在の仕事の多くは、デジタルレイバーに置き換わると言われています。 これまで我々は、労働力の問題を、"人を募集し採用する"という面から解決・改善してきました。しかし、これからは、従来の事業ドメインを拡大し、"Labor force solution company"へと進化することにより、人材サービスとDXサービスを提供する『労働力の総合商社』として、労働力の諸問題を解決します。
ディップ株式会社


新規事業担当
AI・RPAで人手不足を解決する新規事業担当セールスを募集!
【事業内容】 「人材サービスとDXサービスを提供する『労働力の総合商社』として、労働力の諸問題を解決します。」 2019年3月、ディップは"Labor force solution company"を新たにビジョンとして掲げました。 日本では、今後の人口減少・高齢化に伴い労働力不足が深刻化するとともに、現在の仕事の多くは、デジタルレイバーに置き換わると言われています。 これまで我々は、労働力の問題を、"人を募集し採用する"という面から解決・改善してきました。しかし、これからは、従来の事業ドメインを拡大し、"Labor force solution company"へと進化することにより、人材サービスとDXサービスを提供する『労働力の総合商社』として、労働力の諸問題を解決します。
ディップ株式会社


ディップ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
ディップ株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?