営業インターン募集に伴い、細かい仕事内容や学生が気になることを全部公開してみた

こんにちは、ディップ株式会社の安元です。

先日、以下の募集(営業インターン)を出しました(有給)

でも、応募する学生の皆様にとってみれば、

●具体的にはどんな仕事内容なの?
●営業インターン=ブラックインターンじゃないよね?
●どんなことが学べるの?
●就活に役立つかな?

など、不安要素がたくさんあると思います。

※使用するイラストは全てイメージです。

なので今回は、そんな不安を払拭すべく、このインターンのことを出来るだけ詳しくお伝えしようと思います!

興味があれば、ぜひお気軽に応募してください。

【今回お伝えすること】
1:何を売るの?
2:具体的な仕事内容
3:勤務時間
4:このインターンで学べること
5:就活にどう役立ちそうか?
6:選考フロー
7:どんな社員と働くの?

1:何を売るの?

このインターンで扱う商材は、「副業エンジニアの採用サービス」です。次世代事業準備室というディップで新規事業を作る部署の新サービスです。

学生の皆様は、アルバイトを探す時に「バイトル」とか「タウンワーク」とか使ってますよね?

それらでは、アルバイトを採用したい店(居酒屋とかカフェとか)が求人を掲載し、アルバイトをやりたい学生はそれに応募するという構造ですね。

今回の商材は、それの「副業エンジニアver」です。つまり、、、

こんな感じです。

2:具体的な仕事内容

まず、仕事内容を一言で言うと、、、

副業エンジニアを採用したいと考えている企業様(クライアント)に対して、

私たちのサービスに副業エンジニアの求人を掲載しませんか?掲載していただけたら、副業エンジニアから応募が来て、採用に繋がるかもしれませんよ!」という提案をします。

提案する企業様(クライアント)は、IT業界のスタートアップ・ベンチャー企業です。

基本的には社員数=数十人規模の会社が多いので、社長さんとかに提案することもあります。

インターンとしては、とても良い経験だと思います。

※社長さんへ提案する機会って社会人でもなかなか無いです。

具体的な仕事内容としては、以下になります。

●メール営業

営業先候補の企業様リストがあります(自分で作成もOK)ので、その企業様の問い合わせフォームやメールアドレスなどへ「私たちのサービスに副業エンジニアの求人を掲載しませんか?」という内容のメールを送ります。

●電話による営業フォロー

メール営業をやって、返信が来たらラッキーです。でも、全ての企業様から返信が来るとは限りません。

なので、メールを送って数日経ったら、「あのー、先日送ったメールって見ていただけましたでしょうか?」のようなフォロー電話をします。

これによって、アポ(商談)できる可能性が上がります。

●オンライン商談

私たちのサービスに興味を示してくれた企業様との商談(アポ)です。

サービスの詳細を説明したり、企業様が抱いている疑問などにお答えします。

商談と言うと「外回り」みたいなイメージがありますが、今回はオンライン商談がメインです。

Skypeのようなビデオ通話を通じて商談を行うので、移動の必要がありません(夏は暑いですもんね)

●求人原稿の作成

商談を通じて、企業様が私たちのサービスに「副業エンジニアの求人を掲載するよ!」となれば、求人原稿の作成を行います。募集要項を作ったりとかです。


以上が具体的な仕事内容です。「営業」と言えども基本的には内勤になります。私服勤務OKです。

営業の経験が無くても、社員がしっかりフォローするので安心してください。

3:勤務時間

弊社(ディップ株式会社)の定時は、9:30~18:30です(土日祝は完全休み)

インターンはフルタイム勤務の必要はありません。

1日4時間ぐらいからで、(月)〜(金)の間で16時間ぐらい勤務できれば理想的かなとは考えています。
※柔軟に対応可能なので、ぜひご相談ください。

ちなみに、弊社ではインターンの残業は禁止しています。よって、18:30には完全撤退となります(ブラックインターンではないことを保証します。ご安心を)

4:このインターンで学べること

以下のことが学べるかと思います。

●基本的な営業スキル
●基本的なビジネスマナー
●新規事業の作り方・立ち上げ方法
●自ら仮説を立て、新規事業を伸ばしていくための戦略立案スキル
●組織を効率よく動かす方法

「2:具体的な仕事内容」に記載したことは、社会人の営業マンでもやっていることであり、基本的な営業のフローです。

まだ立ち上がったばかりの事業なので、「新規事業をどうやって作っていくか?」や「事業を伸ばしていくための戦略立案」などの経験もできると思います。

5:就活にどう役立ちそうか?

私の就活の経験を交えて話すと、、、

これは営業職に限らずなのですが、

●自ら仮説を立てる(「どうすれば売れるかな?」とか「どうすればもっと仕事を効率よくこなせるかな?」とか)

●その仮説を試してみる

●結果が出る(出ない時もある)

●その結果を社内に共有して、組織がもっと効率よく動けるように貢献する

という一連の流れをこのインターンで経験できるので、この経験を具体的に語ることができれば、マジで大体の企業のES・一次面接ぐらいは余裕で通るのですね。。。

僕も上記のような経験を大学生の時にしていました。就活では10社くらい受けましたが、ES・一次面接で落ちたことはありません。

※二次・三次面接以降や、最終面接なんかは「その企業と合うかどうか?」などが割と重要視されたりするので、落とされてもあまり落ち込む必要はないと思います。

このインターンを頑張って結果を出せれば、就活の序盤で落とされることは無いと言っていいと思います。

6:選考フロー

選考フローは以下の3ステップです。

①:以下の募集から応募する。

②:応募者には、選考フォームを弊社から送ります。選考フォーム=ES(エントリーシート)みたいなものです。

③:②の選考フォームを通過された方には、面接のご案内をします。面接はこの1回だけです。これに受かれば採用となります。

7:どんな社員と働くの?

最後に、一緒に働く社員を軽く紹介します。

執行役員の進藤(シントウ)がアドバイザー的なポジションで入っており、私を含む社員2人をメインにこの事業を進めていきます。

●進藤圭(執行役員)

起業経験あり。3年で売上15億円になった弊社の事業「ナースではたらこ」を作った人です。

●山根弘成(本事業のリーダー)

元バイトルのトップ営業マンを経て、新規事業を作る部署に異動してきました。

●安元一耀(社員)

ディップで新規事業の企画〜戦略立案などをしています。

3人ともかなり穏やかな性格です。全然体育会系ではありません。

漫画にある怖い営業組織みたいに、「怒鳴る」とかやりません。

結果が出ない場合は、「なぜ結果が出ないのか?」の要因を考え、「それを解決するにはどうすればいいか?」を論理的に考えていきます。

「気合いで売れ」とか「根性で売れ」みたいなことは言いません。あくまでも体系立てて物事を考えていきます。

▼インターンの応募はコチラから

いかがでしたか?インターンの内容が具体的にイメージできましたか?

少しでも興味があれば ぜひ以下から応募してください。今回はこれで終了です。ありがとうございました。

引用元:https://jisedai.work/sales-intern-information-disclosure/

ディップ株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings