「正解は自分で導き出す」スタートアップに転職して学んだこと

あなたは自分の頭で考えて行動することができていますか?
そんなこと社会人なら出来て当たり前と思うかもしれません。私も賢く考えて仕事しているつもりでした。しかし、急成長するスタートアップに転職して9ヶ月。私は既に出来た仕組みの中で効率よくやっていただけだということに気づきました。私と同じように考えて仕事しているふりにならないように学んだことをシェアします。

ルーティンワークを続ける意味があるのか?

新卒で求人広告会社に入社後、営業に配属されました。一度慣れてしまうと、テレアポ→アポ→商談→受注→フォローと単調なルーティンになっていきました。(営業マンとしてのいろはを1から教えてくれたこの企業と、上司には今でも感謝しています)。定められたルーティンのなかで成果をあげてインセンティブをもらう生活は、とても楽しかったものの不安もありました。「このままルーティンワークを続ける意味があるのか?」当時の営業は思考停止をして体を動かせば成果のあがる仕事でした。1日100件のテレアポ、1日4件の外回り営業。ガムシャラに働くことでトップクラスの営業成績もあげることができました。自分の存在する価値はあるのか。別の人やプログラムでも出来るのではないか?と考えはじめました。ちょうどその時、大学時代に長期インターンをしていたベンチャー企業からお声がかかり、当時6名のベンチャー企業に転職を決めます。

TECH::CAMPでの営業の立ち上げ

転職先の株式会社divはプログラミング教育事業TECH::CAMPhttps://tech-camp.in/)を運営しています。私は3年後には50人以上の営業組織になっているであろう会社に、今のタイミングで営業の立ち上げから携わりたいと考え、入社9ヶ月で転職を決意しました。当時のTECH::CAMPは個人の方が対象で、企業研修向けの営業部門がなくゼロからのスタートでした。

自分の頭で考えることが出来ていないと気付いた

入社直後、私は既存社員とのレベルの差に驚愕しました。同僚は、意志を持って自分の意見を発言する。正解かは分からないけれどまずは行動してみる。誰からも指示が無い中で自分の頭で考え行動する。これらのことを当たり前に実行していました。当時、私は当たり前のことが全く出来ませんでした。前職では、先輩方が用意してくれた正解のあるレールの上で自分は成果を上げてきたのだと痛感しました。当時の上司からは、「仕事やる気あんの?レベルが低すぎる」と厳しい指摘を受けたのを覚えています。前職では1年目として成果を出していたので自信はありました。しかし、ベンチャー企業では前職のガムシャラに働く仕事のやり方は通用しませんでした。そんな上司から、3つのアドバイスをもらいます。

・プロ意識
・責任感を持つこと
・プライドを持つこと

特に突き刺さったのは責任感をもつということです。やれといわれたことは動けるものの、自分で考えた何が正解か分からない仕事に関しては他責になっていたのです。当時の自分に足りないもの見透かされた気がしました。今までの働き方、考え方をリセットして0から学ぼうと思い、このワードを忘れないためにも携帯の待ち受けにしました。


自分で考え、行動すること

当時の営業する上で2点問題がありました。
・企業との接点がない。
・営業先の企業で、TECH::CAMPの良さが伝わらない
この2つの問題解決のために、頭を悩ませました。なんせ正解が無いのです。上司に「どうすれば良いですか?」と質問しても、「自分の意見がない質問には答えられない」と突き返される場面が多々ありました。

「あなたは何がしたいのか」

この質問の答えとして、「人事無料キャンペーン」という企業の人事の方に無料でTECH::CAMPを受講してもらうことを考えます。無料で受講させることを良く思わない社員もいた中で自分で考え意見を貫きました。結果的に意見が認められて、人事無料キャンペーンのプロジェクトリーダーとして動くことになります。自らが意志を持って始めたこのキャンペーンは、私の仕事に対する姿勢を変える良いチャンスでした。周りから何を言われようが、責任感とプライドを持ちながら仕事に打ち込むことができました。

(人事無料キャンペーン、キックオフの様子)

募集を開始すると、30人くらい応募を期待していた中で、一気に100人ほどの応募があり驚きました。

人からの反応

キャンペーンに参加いただいた人事の方からはポジティブなフィードバックを多くもらいました。

「井上さんの仕事は、人事界隈で今年1番インパクトのある施策だった。感動しました!」
「井上さんには大変お世話になったので、周りの人事にTECH::CAMP広めます!」
「何か困ったことがあったら何でも相談してね。」

このような言葉をここには書ききれないほどいただきました。自分の仕事が、世の中のプチムーブメントを起こしていたのだと思い、私自身もとても感動しました。目先の売上を伸ばすために必死になることよりも、TECH::CAMPのファンになってもらうことを目標に1人1人と真剣に向き合いました。

(TECH::CAMPを応援してくださる、人事の方々)

気づけば170社、230名の人事の方に受講いただき2016年で最もインパクトのある施策になります。
事業を伸ばすために一緒に考えていただいたり、相談に乗ってくれる素敵な人事と沢山出会うことができました。受講を通してTECH::CAMPの価値を感じてくれた人事の方も多く、法人研修の契約や、人材紹介(https://tech-camp.in/recruitment)契約につながるケースも以前の数倍以上にふえています。

現在と今後の仕事

「正解は自分で導き出し、プライドをもって仕事をすること」

転職後ですっかり働くことへの考え方が変わりました。昔はルーティンワークをガムシャラにやって満足していました。しかし、最も価値のある仕事は自ら考え、正解をつくっていくことです。新しいチャレンジは不安も失敗もありますが、恐れていてはいけません。当たり前にこなしている仕事の多くは、先人たちがチャレンジして失敗して、ボロボロになりながら積み上げてきた上に成り立っています。そのことに感謝して、今後は私が正解を導いていきます。

株式会社div
井上皓史
inoue@di-v.co.jp
080–4416–4428

Anonymous
Picture?1523253491
319752 375897895800898 253157571 n
Picture?1523111156
C384e1da 9f6b 4049 992d d797e9ab76e1?1509356517
944065 647618825381043 4325932042553583347 n
37 Like
Anonymous
Picture?1523253491
319752 375897895800898 253157571 n
Picture?1523111156
C384e1da 9f6b 4049 992d d797e9ab76e1?1509356517
944065 647618825381043 4325932042553583347 n
37 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon