ミクシィグループの中で、私たちが自ら望んでここにいる理由

今回のインタビューは、Poiboyのサーバーサイドエンジニアをしている當眞大千(とうま・だいち)さんと、youbrideのアプリエンジニア菊池紘(きくち・ひろし)さん。2人には、「株式会社ミクシィに入社後、自ら望んで株式会社Diverseに異動してきた」という共通点があります。Diverseでの具体的な業務や組織体制、またこれからどんなエンジニアチームを目指していきたいのかなど、等身大のレポートをお届けします!


株式会社ミクシィから、チャレンジングなDiverseへダイブ!

―まずは入社経緯から教えてください。

當眞:私は2014年に株式会社ミクシィに入社後、XFLAG(モンスターストライクを配信している部署)で、サーバーサイドエンジニアとして働いていました。XFLAGは技術力も高く、大規模サービスを扱う部署でした。エンジニアにとっては非常に魅力のある環境だったのですが、働いていく中で「エンジニアとしての個人の力を試してみたい、もっと裁量権のある場所で働いてみたい」と考えるようになったんです。すでにDiverseで働いていた同期の友人から「裁量を持って働けるし、エンジニア発信で物事を決められるよ」ということを聞き、異動の希望を出しました。ミクシィグループでは異動が上長の許可なしで行えることも、魅力の1つだと感じています。

菊池:私がミクシィに入社したのは、先に入社していた大学時代の後輩と、人事の方に誘われたのが直接のきっかけです。入社後、研修でDiverse、XFLAG両社で業務を経験しました。XFLAGではゲームの保守などの仕事が中心で、私にとっては自分のやりたいことが十分にできない環境でした。そもそも私はアプリ開発をしたかったんです。対してDiverseはミクシィにジョインしてまだ1年足らずの会社でしたので、社内ツールに何を使うかなど、ゼロからの構築が求められていました。その部分で「挑戦できる」というのも大きな魅力でしたね。研修期間終了後、本配属時には「アプリ開発を裁量権のあるところでチャレンジしたい!」とDiverseへ希望を出しました。



プロジェクトにチームで取り組む面白さと、責任

―Diverseにはさまざまなコンテンツがありますが、それぞれどのように進行していくのでしょうか?

菊池:私はyoubrideのプロジェクトチームに属しているのですが、エンジニア・デザイナー・企画の3職種のメンバーで構成されています。日々の業務は、機能改善が主ですね。開発から実装、また代替案の提案など優先順位を付け、業務を行っていきます。バグなどが発生しているものに関しては、エンジニア独自の判断で直すこともあります。細かなルールがあまりないのも、エンジニアにとっては魅力です。開発で大切にしているポリシーは、「ユーザーファースト」であること。ユーザーにとって不利益にならないこと、利益になることを常に考え、コンテンツに反映させています。

また、共有スペース、集中スペース共に完備されているので、自分の好きなスタイルで仕事ができるのも、大きなメリットだと思っています。チームの内外に関わらず、他のエンジニアとコミュニケーションを取ることも多いですね。

當眞:私はPoiboyチームに属しています。 エンジニア・デザイナー・企画・ディレクター・マネージャー QAを含めて全部で10名前後のチームです。 まずは、やりたい事の優先順位をチームで話し合い、最終的にプロダクトオーナーが決定します。仕事の進め方としては、スプリント期間の初めにプランニングを行い、そのプランに沿って仕事を進めていきます。みんなでスクラムで開発していますね。また、 Poiboyチームには「やるかどうかわからないリスト」が存在します。これは、デザイナー目線でしか言えないもの、エンジニアだから気付いたことの提案リストです。お互いの気づきを尊重し、可視化するために作成しています。


裁量権の大きさと自由度の高さが、自らを成長させてくれる

―Diverseで働く魅力はどんなところにありますか?

當眞:とにかく私は、「何でもやらせてもらった」という感覚が強いです。Diverseに入って、技術的にダメなものをいろいろと変えてきました。具体的には、GithubやCircleCIを導入したり、サーバの構成管理をコード化したり、またインフラをAWSに載せ替えたり。さまざまな部分で自由にやらせてもらいましたね。

エンジニア達には、それぞれ技術選定に関して裁量を認められています。そういう意味では、開発言語から環境まで「これを変えた方が良い」と決め、企画から実装までを自身でやり切ることで、自信がつけられると思います。やりたいことに対して「NO」と言わない社風、そして承認スピードの速さは間違いなく自分を成長させてくれると思います。

菊池:私は今ではAndroidを専門に開発しているのですが、入社した当時は特に専門とかはなかった人間なんです。いくつか勉強会を見てきて、「なんでもできます」より専門性があった方がいいな、と感じました。そこで私は「Androidの案件をやらせてください」と自分で宣言して、さまざまな業務に取り組んできました。

自分でどういうキャリアパスを積みたいかによって、希望に沿ったキャリアを積ませてもらえたことが、一層自分の仕事と向き合うきっかけになりましたね。今期からは6ヶ月に1回目標設定を行い、3ヶ月の時点で必要に応じて中間のフィードバックと、目標の見直しを行う場が設けられました。エンジニアとしてのキャリアアップ、またスキルアップができる環境が整っていると思います。



自由度の高さ、裁量権の大きさを活かしてさらにクリエイティブな発想を狙う

―今後、どんなチームにしていきたいと思っていますか?

當眞:エンジニアにとって大切なことのひとつが「新しい発想」です。それに対して、Diverseは「やってみればいいじゃん」というスタンス。これは、私たちも継承していきたい文化だと思っています。現状に満足することなく、「どんどん変えてやる!」くらいの熱い気持ちで、チーム全体で頑張っていきたいですね。

菊池:私は、エンジニアの自律性が担保されているチームにしていきたいです。「やりたいことをやれる」居心地の良さ、それがエンジニアにとっては必要不可欠だと思うからです。それによって技術的な課題や問題点をスムーズにプロダクトに反映させることが、私たちの役割だと思っています。スピード感を持って、かつ和気あいあいと楽しく、今後も業務に取り組んでいきたいと思っています。


當眞さん、菊池さん、ありがとうございました!


Diverseでは、一緒に働く仲間を求めています

Diverseでは、会社と共に成長してくれるエンジニア採用を強化しています!私たちと一緒に、裁量を持って働いてみませんか?少しでも気になった方、応募お待ちしています!

UIUXデザイナー
サーバーサイドエンジニア
iOSエンジニア
Androidエンジニア

10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings