ガンガン新しいチャレンジができる!23歳が感じたDiverseのリアルな魅力(を話してみた)

長期インターンシップで入社し、現在は人事・労務を担当している鳴海皓太(なるみ・こうた)さん。「日々Diverseで働くのがすごく面白いんです」と目を輝かせます。23歳の瞳にはいったい何が映っているのか。入社までの経緯と、Diverseでの仕事、そして今後の展望について聞きました!

3社目のインターン先で、Diverseに出会った

―前職のインターンではどんな仕事をしていたのですか?

鳴海:大学在学中から、企業でのインターンを希望していました。もともと起業意識があり、企業の仕組みから事業がどのように動いていくのか、つぶさに知りたいと思ったんです。
1社目と2社目のインターン先はいずれも学生ベンチャーの会社でした。配属されたのはWeb広告のマーケティング事業部。来る日も来る日もデータを見ながら、広告の見せ方を変えたり、タイミングを計ったりしてより高い集客効果をはかる日々。もちろん、プロジェクトを戦略的に動かしていくためには、「マーケティングがとても重要なんだな」ということはわかりました。が、自分には向いてなかった。楽しくなかったんです。

そこで感じたのが「人事や社内制度を担当する部署にいきたい」ということでした。対数字ではなく対「人」を相手にする仕事が自分の志向にも合っている、と気づいたんです。

―そして3社目として、Diverseを選んだのですね。

鳴海:本当にたまたまWantedlyを見ていた時に「#人事」「#1人目」というタグがついたDiverseの募集を見かけたんです。当時、人事を担当している人がいない、ということもあって「これは僕が求めている企業かもしれない…!」と思って、アポイントを取りました。

運命的な出会いを得て念願だった人事・採用業務へ

―Diverseとファーストコンタクトを取ったのが、取締役の桑原さんだったんですね。

鳴海:はい、そうです。桑原さんと初めてオンライン面接をさせてもらった時に、「人事や社内制度に関わる仕事がしたい」「大きなチャレンジがしてみたい」と率直に自分の気持ちを伝えたところ、「それ、いいじゃない」と。Diverseで鳴海さんのしたいことをチャレンジしてみれば良いと快諾していただきました。大げさではなく、「運命的な出会いだ」と感じましたね(笑)。

―現在ではどんな仕事を担当されているのですか?

鳴海:現在は主に採用関連の業務を担当しています。外部の業者と求人媒体を運営したり、採用計画を立てたり。大きく言えば人材の管理業務がメインです。その他、社内制度の運用も行っています。最近では、社内仮想通貨サービス「communitio(コミュニティオ)」の導入・運用にも携わっています。Communitioは社員の方からの評価や、ポジティブな行動によって仮想通貨がもらえるサービス。これからどんどん根付いていってほしいですね。
社員の方々が「働きやすい」「働くのが楽しい」と思う環境整備と共に、Valueの実践に向けて社内文化を構築している最中です。

―前職の2社と大きく異なる点はどこですか?

鳴海:前職は2社とも学生のベンチャー企業でしたので、とにかくどんな仕事でもこなしていました。仕事量も多かったので、目の前の業務を必死でさばいていたイメージです。しかし、Diverseにきて業務を進めていくうちに「企業体というのは、理念とビジョンを達成する社会的意義がある組織なんだ」と心から納得できたんです。
僕にとってはDiveseに入社したことが間違いなく人生の大きな転換点になりました。

人と人とをつなぐ「運命的な出会い」をつくり出したい

―当社が扱うマッチングアプリというサービス自体に、抵抗はありませんでしたか?

鳴海:抵抗はありませんでしたね。というのも、実は入社するまでマッチングアプリそのものをきちんと理解していなかったんです。だけど入社後エンジニアやデザイナーさんなどさまざまな方と一緒に仕事をしていく中で、製品の中身を知れば知るほど「世の中にとってニーズのあるアプリなんだな」と感じるようになりました。

Diverseの皆さんに共通しているのは、仕事に「愛」を持っていることです。津元社長を筆頭に、社員みな会社やサービスに対する思いが本当に深いんです。月並みな言い方かもしれませんが心を込めて、そして愛を持ってサービスを生み出しているからこそ、Diverseらしいあたたかみのある製品になっているのではないでしょうか。

―今後鳴海さんがDiverseで実現したい事を教えてください。

鳴海:やりたいことはたくさんあるのですが、大きく分けると次の3つです。

①人事担当として独り立ちすること
②社内制度改善のメイン担当になること
③Diverseに適した人材のマッチングを実現すること

どれもボリューム感のある業務ですが、いずれにしても自分ひとりで業務を進行できるようになるのが今の目標です。

人事や採用におけるミッションって「いかに運命的な出会いがつくり出せるか」だと思うんです。求職している人すべてにDiverseのことを知ってもらうことはできません。また限られた人にDiverseのことを知ってもらったとしても、求職者に会社のすべてをお伝えすることはできません。それでは何が必要か?というと、「ビジョンやニーズを求職者にひとつでも多く理解してもらうこと」そして「出会いのタイミングを逃さないこと」だと思うんです。僕がまさにそうでした。

数ある会社の中で「この会社にしよう」という運命的なモノを求職者にどう感じてもらうか。そしてそう思わせる仕掛けを、僕は追究していきたいと思っています。


―鳴海さん、ありがとうございました!

今後も社員のインタビューは続きます。どうぞお楽しみに!

株式会社Diverse's job postings
ガンガン新しいチャレンジができる!23歳が感じたDiverseのリアルな魅力(を話してみた)
Diverse 採用担当
株式会社Diverse / Business (Finance, HR etc.)
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more