Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

LINE@と連携サービスがスタート
ご支援している店舗の成功が、我々の成功です!
■ 店舗の販促とマーケティングを支援する ■ カードもアプリも一切不要な店舗向けクラウド型ポイントサービス 「dodo point」の提供 「dodo point」は、 店舗に来店するお客様が、店頭のタブレットに「携帯番号を入力する」だけで 「登録ができる」 「ポイントが貯まる」 「ポイントが使える」 これまでになかった新しいポイントサービスの仕組みです。 本社韓国では、社員60名がは働いており、導入店舗数 10,000店舗を突破し誰でも分かるサービスとして成長を遂げています。 日本国内ではサービス開始1年弱で、  ・チョコレートマシュマロピザで有名な「Max Brenner」  ・シュークリームの「クロッカンシュー ザクザク」 などのチェーン店や、その他様々な飲食店、小売店、サロンなど 約300店舗を超えるほど成長しています。 さらなる成長を目指すため、大手上場企業様と大きな連携準備しており、そのため、日本支社の社員を募集しています!

なぜやるのか

自分が起こした行動や携わった活動によって、 “目に見える形で社会にポジティブなインパクトを与えたい” と思ったことはありませんか? ポジティブなインパクトとは、普段自分が生活をしているなかで、 「これどうにかならないの?」と感じていることに対して、 常識の枠にとらわれず新たなやり方を社会に提唱して、 それによってたくさんの人が恩恵を受けられるということ。 また、その新しいやり方が長期に渡って定着し、新たな常識となること。 こんな仕事がSpoqaでは待っています。 そしてなによりも、使ってくれている店舗や利用者が「これなんでいままでなかったんだろうね?」 と本当に喜んでくれています。 それが「常識を少しずつ変えていけている!」という実感に繋がっています。 これが広がっていけば、1,000店舗、10,000店舗、100,000店舗という数の 店舗様にご利用いただけると確信しています。 とは言っても、dodoはまだまだこれからです。 さらに爆発的に成長していくためには、 この挑戦に共感し、熱意のあるメンバーが必要不可欠です。 私たちと一緒に新たな常識を作っていきましょう。

どうやっているのか

「どんな施策をご提案しようかな〜」
Spoqaで働くこと。そこには3つの特徴があります。 == 1. 自分の成果が目に見える == 普段よく使っている店舗、友達や家族とよく行く店舗で、 dodo pointが使われていることもあります。 自分が担当し、マーケティング支援している店舗を通りかかった時、 お客様が喜んでdodo pointを使ってくれている姿を見るのはとても嬉しいものです! また、チェーン店舗の場合は本部を支援することも多いのですが、初めて訪れた街にその店舗があり、 そこでdodo pointをみると、「あ、しっかり活用してくれている!」と結構感動しますよ。 自分の成果が新たな価値観を生み、それがリアルな形で浸透して行くのが実感できる。 Spoqaはそのような体験ができる会社です。 == 2. フラットでスピーディーな意思決定 == Spoqaでは、自分の意見や考えがある人、 また良いと思ったらまずはすぐ行動に移せる人を尊重しています。 やる前からできない理由を考えるよりも、まずはトライすることが重要。 トライしてダメだったら、そのあとになぜダメだったのかを深掘りして考えたほうが 得るものは遥かに大きいと考えています。 もう一つ、フラットなチームを象徴するものとして、 Spoqaでは全員ニックネームで呼び合ったりしています。 あなたのニックネームは何にしますか?^ ^ == 3. 大きな成功も、小さな成功も全員で分かち合う文化 == Spoqaでよく目にする耳にする言葉。 それは「Good Job!」です。 日々仕事をしていく中で、大きさに関わらず様々な成功があります。 そして成功の裏には、必ず誰かの努力や貢献があります。 それをみんなで分かち合い、共有したい。だから「Good Job!」なんです。 ときどき、誰かが凄いことをしでかすことがあります。 そんな時は、「Great Job!」や「Awesome Job!」に進化します。 笑