1
/
5

海岸ドライブ〜そして僕たちはアプリを試し語りあった〜

こんにちは、エンジニアの笠原です!

皆さん、最近ドライブに行ってますか?

僕たちは定期的に Drive Day というイベントを設置し、チームでドライブに出かけています。

ちなみに先週は江ノ島に行ってきました。美味しそうな海鮮がたくさんありました。ポケモンもたくさんいました。



目的はアプリのテストです。僕たちは車内向けのアプリ作成しているので、ユーザーと同じ環境でテストするためにドライブに出かけます。

シリコンバレーチームは毎日車で通勤してるので当然ユーザーテストする機会はあるのですが、東京の交通網は恐ろしく発達しており、東京チームはそれほど車に乗る機会がありません。

そこで意識的に機会を作ることが必要になってきます。

ながれ

・カーシェアリングの車を調達・ドライブへ出発!

・各自アプリを操作

・問題を発見したらその都度、手の空いてる人が Slack に投稿

・オフィスに戻ったあと、それらの項目は Google Sheets 上で整理・優先順位付け・開発のキューに追加



アプリ全体の機能チェックを行うほか、新しく追加した機能のテストを重点的に行います。

そのときに注意しないといけないのが、テストするブランチの管理です。テストする機能ごとにブランチを切り替えて車内でビルドし直すの大変ですよね。

弊社では開発ブランチも Github に push するとCIツールが拾って DeployGate がビルドを配布・管理してくれるので、毎回ビルドする必要がありません。

さらに、DeployGate様のインタビュー記事で紹介されている通り、アクティベーション・フラグ管理によって検証段階の機能も同じビルドで使用できるようになっています。

複数のビルドを用意する必要がなく、特に運転中の車内のようにネットワークが不安定な環境ではとても役に立っています。

他の効果

テストが目的ですが、これまでドライブを行ってきて、他にも副次的な効果があるように感じています。

新しい機能の発案

・車内という閉鎖された空間で

・全員がプロダクトを見ながら

・普段とは違う環境で刺激を受けながら

議論ができるのでなかなか優れたブレインストーミング環境ではないかと思います。

実際いくつかのアイデアが車内で話され、現在のアプリに組み込まれています。

楽しい

アプリテストの目的はもちろんしっかり行いますが、やはりみんなでドライブ行くのは楽しいです。

Drive Day が近づくと次どこ行こうか、とみんなそわそわし始めます。

僕らはまだ小さなチームなので、毎日ワイワイやっててチームビルディングとか不要なのですが、それでも同じ目標に向かって共通の経験をすることはチームコミュニケーションにポジティブな効果があるように思います。

今後さらにメンバーが増えて来たらチームシャッフルしてドライブ行くのも楽しそうですね。

さいごに

会議室でミーティングの代わりに、たまにはドライブにでかけるのはどうでしょうか!

その際に新着メッセージを読み上げてくれるアプリ、例えば Drivemode をインストールしておけばオフィスとのコミュニケーションの心配もありません。

以上 Drive Day についてご紹介しましたが、まだまだドライブを楽しくする自信がある方を募集しております!是非ご連絡くださいませ!

Drivemode, Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング