「ミライアカリ」を生み出した事業部マネージャーは、今後のYouTuber界をこう予想する。

こんにちは!【株式会社DUO】です。前回の記事では、バーチャルYouTuber「ミライアカリ」のプロジェクトを率いる荒木さんに、事業概要とスタートのきっかけを伺いました。インタビュー第二回目の今回は「ミライアカリの成長と、今後のYoutuber市場について」聞いてみたいと思います。

キャラ作りのノウハウも、3Dアニメーション技術も、何もしらないところからスタート

ーーいま絶好調といえるYouTuber事業。はじめから順風満帆でしたか?

まずは動画を作るまでが大変でした。どうやったら3Dのキャラを制作できるのか、どのようにキャラクターを動かすことができるのかなど、技術的なことは社内の誰も知らない状態でした。当時3Dアニメーションやモーションキャプチャの世界で有名なクリエイターの方に、Twitterなどでひとりひとりコンタクトをとることからスタートしました。

実際にその方たちのところに足を運んで話をして、自分たちの情熱を伝えたんです。何人も何人もお会いして話をして、その中の数人の方が私たちの計画に共感してくださって、技術面で協力をお願いすることができました。プロダクトがなにもない状態から、キャラクターが動いた瞬間はとても嬉しかったですし、一気にコトが進んだように思いました。

しかし、そこからもやっぱり大変でした..。2017年10月に1本目を配信してから、さらに苦しい時期は続きます。リリース時点では少し話題にしていただきましたが、視聴者数やフォロワー数の増加は芳しくない状況でした。

それが一気に動いたのは同年12月のこと。まずはニコニコ動画にてバーチャルYouTuberであるキズナアイさんの動画がランキング入りしたことをきっかけに、ネット上でバズが起き、バーチャルYouTuberという言葉が認知されました。この「バズ」のタイミングよりも前に事業を始められていたことはとても大きく、そこから自然発生的にフォロワーが増えていく、良いサイクルに入っていると思います。


出典:ユーザーローカル バーチャルYouTuberランキング(2018年5月時点)

ーーバズのタイミングよりも前に着手していたことが勝因ということは、バーチャルYouTuberは「先行者利益」が大きい業界で、DUOはたまたまそれに乗っかれた、ということですか?

もちろん、フォロワー数という意味では先行者利益はあります。しかしながら、私たちはDUOの勝因はそれだけではないと考えています。DUO最大の強みは【自分たちがユーザーであること】

これまで別事業でYouTubeチャンネルやTwitterを運営してきた経験もあり、なにがバズるかは、掴めてきています。それに、小さいチームだからこそスピーディーに動けるというDUOの特長も、タイムリーな変化が求められるこの事業には合っている様に思います。現在、この業界には開発力や資金力のある大手が次々と参入を発表している状況ですが、実際にサービスやバーチャルYouTuberのリリースまで至っているところが少ないという実態からも、キャラクターやコンテンツをゼロから作ることの難しさがわかるかと思います。

「市場をつくる」おもしろさがある。

ーー今後、バーチャルYouTuber界はどうなりそうでしょうか?

いままでのYouTuberと違って、自分の容姿や撮影場所を気にすることなく動画を配信できるというのは、一種の革命。自分の顔を出すことに抵抗がある人でも、バーチャルYouTuberになれる時代なので、いままで眠っていた才能を発掘できる可能性がありますよね。また、バーチャルYouTuberは従来の芸能界と違って「みんなが好きだと思った人」が注目を集め、流行るというシンプルな構造。ある意味でフラットな評価制度だと思います。現在はまだ、キャラクターを用意して、それを動くようにするためにエンジニアリングの知識が必要で、誰でもカンタンに明日からバーチャルYouTuberになれるわけではありません。しかし、この業界が最後に行き着く形としては、スマホアプリなどでだれでも手軽に投稿できるようになるかもしれません。Twitterくらい、気軽に投稿できるようになったらおもしろいなと思っています。

ーーDUOは会社としてバーチャルYouTuberをどう捉えていますか?

現在でも、再生回数に応じた収入だけでなく、リアルなYouTuberがやっているようなタイアップ広告などの引き合いはあります。ですが、いまはまだ「ミライアカリ」で収益を出すフェーズではないと考えています。いまは市場の創出に全力を傾けるタイミングで、もっとたくさんの人がバーチャルYouTuberの存在を知ってくれることや、新しい挑戦にエネルギーを使いたいと思っています。そういった意味では、先日キズナアイさんが訪日促進アンバサダーに任命されたことなどは、業界全体にとっていい流れだと感じています。

また、DUOでは先日、バーチャルYouTuberのためのマネジメント事務所「ENTUM(エンタム)」を設立しました。すでに活躍しているキャラクターをマネジメントするだけにとどまらず、「中の人」を募集してこの事務所から新たな人気キャラを生み出すなど、市場を活性化するような取り組みができればと思っています。もちろん世界で初めての取り組みなので、この先にどんな未来が待っているか、自分たちにもわかりません。それでも、いつかENTUMに所属しているキャラクターたちでライブができたらどんなにおもしろいだろう、テレビでレギュラー番組を持つ日も近いんじゃないかと、みんなで想像するだけで楽しいです。

フロンティアじゃないと、やる意味がない。


ーー最後に、この会社のことが気になっている人にひとことお願いします!

先程も述べた通り、いまバーチャルYouTuberという新しい市場を、自分たちがフロンティアになって作っている最中です。いまのこの状態はなかなか経験できることではないので、一緒にチャレンジしてみたいというアグレッシブな方と出会えるといいと思っています。

実は、私自身もこの世界に関わって日が経ってきたことで、考えが凝り固まってきているかもしれないという危機感があります。なので、新しいメンバーには「新しい発想」を期待したい。ヘタに挫折とかしていなくてもいいんです。無邪気に「これ、できないかな?」と言ってほしい。そんな風に、意見を言ってくれる方なら大歓迎です!

DUOや、バーチャルYouTuber市場には興味をもっていただけましたか?すこしでも会社のことが気になったら、WantedlyでDUOのフォローをお願いします!

株式会社ZIZAI's job postings
Anonymous
A917166f 8990 4e05 81bf 628009f2f083?1548220110
Anonymous
6d7c05b7 0236 499d 874d e0c925479324?1543769228
Picture?height=40&width=40
1fd18f3e 1d33 4b21 b852 6de388076229?1538749102
24 Likes
Anonymous
A917166f 8990 4e05 81bf 628009f2f083?1548220110
Anonymous
6d7c05b7 0236 499d 874d e0c925479324?1543769228
Picture?height=40&width=40
1fd18f3e 1d33 4b21 b852 6de388076229?1538749102
24 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon