【エンジニアが語りました】Vtuberサービス開発の裏側チラ見せします - VR Tech Night【SHOWROOM×IRIAM】

こんにちは、人事の倉田です。

昨日12月12日(水)、SHOWROOMさんとIRIAMの合同イベントが行われました!

イベント参加枠は100名でしたが申込みは130名以上!Twitterではトレンド入りをするなど、大変盛り上がりました。当日の様子をまとめたので、ぜひ御覧ください。

VR Tech Nightとは?

VR Tech Nightは、VR関連の開発者コミュニティです。VR開発に関わるすべての人を対象とした勉強会やワークショップを定期的に開催していきます。

今回は、ライブ配信サービスの先駆けであり11月には「SHOWROOM V 」の提供を開始した「SHOWROOM」と、モーションライブ方式を採用し今年リリースしたVtuberライブ配信プラットフォームの「IRIAM」での合同企画。Vtuberサービス開発の最前線を、各企業のエンジニア陣からお話ししました。

豪華登壇者はこちら!

SHOWROOM

ねぎぽよ/ニア:「Vtuberを社会に実装する話」

tamaki / ひでっくす:「バーチャルジョイマンが出来るまで」

IRIAM

伊藤周「早い!安い!綺麗!IRIAM のヒミツ」資料

sassembla「IRIAMをナナメ45度から支える技術」資料

パネルディスカッション モデレーター

坪田朋

どのような内容だったのか?

まず自社プロダクトについての概要説明やプレゼンが有り、後半はパネルディスカッションと懇親会を行いました。前半、SHOWROOMさんはなんとバーチャル登壇!ニアちゃんやジョイマンがプレゼンしている…。すごい。

IRIAMも負けてません!

IRIAMは圧倒的にライバーからのレスポンスが早いですね。視聴者さんとライバーが円滑にコミュニケーションできることをとくに重視しています。

開発当初の話では「IRIAMを作り始める時、ほとんどの人が業務委託だった。正社員を集めて最終的にめちゃいいチームになった笑」と弊社エンジニア勢。冷静に考えておかしいですよね(笑)でもそんなところもDUOらしいです。つよつよな人たちと働きたい方募集中ですよ!

パネルディスカッション

パネルディスカションでは「こだわりの話」「目指すところのゴールについて」や「お互いの社長の話」「変わった社風や習慣」「Vtuberサービスとしては、どこのどんなサービスに注目していますか?その理由は?」などプロダクトの話に限らず、いろいろなお話をしました。

おわりに

ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。
たくさんの方にお集まりいただけて、大変充実したイベントになりました。

エンジニアがお話した詳しい内容は後日、IRIAM開発ブログでも取り上げます。

ちなみに、今回のイベントのためにノベルティも用意していました。ステッカーと、オリジナルチロルチョコがランダムで3種類ありました。みなさんに喜んでもらえたようで、よかったです…!

最後にZIZAI社のメンバーでぱしゃり。

あわせて読みたい




株式会社ZIZAI's job postings
Anonymous
Anonymous
A917166f 8990 4e05 81bf 628009f2f083?1548220110
Anonymous
503fc445 8937 4a35 9c3a 25288208627b?1544752357
C4093ce3 48ee 4d0d ac52 8fef7453aa9e?1561324181
10 Likes
Anonymous
Anonymous
A917166f 8990 4e05 81bf 628009f2f083?1548220110
Anonymous
503fc445 8937 4a35 9c3a 25288208627b?1544752357
C4093ce3 48ee 4d0d ac52 8fef7453aa9e?1561324181
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon