“成長する組織で、人と人を繋ぐ存在でありたい”|株式会社DUOの新メンバー 荒木にインタビュー

DUO新規事業部の佐藤です。

DUOにはこの春から、新規事業立ち上げチームの新たなメンバーとして、僕を含めて3名が加わりました。新メンバーひとりひとりに焦点を当てて来たインタビュー企画も、今回がいよいよラスト。

第3弾は、採用担当に就任した荒木 友治にインタビューです! インタビュアーは僕、佐藤 陽亮が務めます。

プロフィール


荒木 友治

1993年生まれ、福井県出身。名古屋大学工学部在籍中。学生団体の代表として、組織マネジメントや協賛営業活動に尽力。その後、休学してベンチャー企業に就職。そこでの広報担当としての経験を活かし、フリーランスの映像制作者として独立。ブライダルムービーやPRムービーの制作などを行う。知人の紹介でCEOの塚本と出会い、2017年4月よりDUOにジョインすることを決意。

興味の赴くままに動いた大学時代

<左:佐藤(インタビュアー)/ 右:荒木>

佐藤:新メンバーのインタビュー企画、最終回は荒木さんです!

荒木:よろしくお願いします!

佐藤:早速、聞いていきましょう。荒木さんはDUOにジョインする以前、様々なフィールドで経験を積んでいたようですね、詳しく教えてもらえますか?

荒木:はい。大学に入学した最初の頃は、「せっかく大学に入ったのだから、自分が本当に興味のあることに取り組みたい」と考えていました。なので、学生団体やサークル活動などには結構力を入れていましたね。

<TEDxNagoyaUの代表を務めていた時の荒木>

荒木:3年次には、学生団体の”TEDxNagoyaU”の代表を務めました。組織をまとめるのには大変なこともありましたが、代表として、協賛営業活動や、組織のマネジメントに尽力しました。

佐藤:学生の頃から既に営業活動もしていたんですね!僕は部活動に明け暮れていましたが、また違ったアクティブな学生生活を送っていますね。

荒木:とにかく頭と手と足を動かしていました(笑)

協賛営業などを行なっているうちにビジネスへの興味が湧き、4年次は休学を決意して、ベンチャー企業でデザインや映像制作を行いました。

佐藤:それはアルバイトとしてですか?

荒木:いや、その会社に就職したという形ですね (笑)

そこでの経験を活かし、2016年の秋ごろからフリーランスの映像制作者として独立しました。さらに仕事の領域を広げるために、映像制作会社で働く経験もしました。

佐藤:学生のうちに営業・就職・独立・転職...。本当に多くの組織の中で活動していたんですね。

荒木:そうですね。休学して働いた経験を通し、技術的なスキルだけではなく、仕事の進め方や人との関わり方など、仕事をする上で大切なことを多く学ぶことができたと思います。とても濃密な期間でした。

DUO代表・塚本との出会い

佐藤:学生時代に積極的に学内外で活動していた荒木さんですが、なぜDUOにジョインしようと決意したのですか?

荒木:2017年に入ってから「名古屋大学に面白い起業家がいる」と友人にDUOを紹介されました。代表が同じ名古屋大学で、DUOが動画を作っている会社であるということもあり、ちょっと話を聞きにいこうと、CEOである塚本の話を聞きに行きました。

佐藤:多くのビジネスマンと交流があったと思いますが、塚本代表に会った時はどんな印象でしたか?

荒木起業家として結果を残している、しかも謙虚さも兼ね備えていることに驚きを感じました。

また、同じ大学で専攻以外の活動に注力してたり、休学してビジネスに関わっていたりと、共感する部分がとても多かったです。そして、塚本と話していくうちに、自分の目指すゴールと、DUOが目指すゴールのベクトルが同じであると気付きました。

加えて、今の事業だけでは踏みとどまらず、さらに成長角度を上げる為に仲間を募集して新規事業開発もしているということ聞き、無意識に「自分はこの会社に対して何ができるのだろう」と考えました。

<左から、塚本(CEO) / 荒木 / 渡辺(COO)>

佐藤:シンパシーを感じたんですね!

荒木:そうです!代表が作り上げたいものに対して、今まで自分が培ってきた組織づくりや映像制作のスキルを生かすことができる。自分が叶えたい夢を追いながらDUOにも貢献できると確信し、DUOへのジョインを決めました。

佐藤:塚本代表が言う会社のゴールと、荒木さんのゴールが上手くマッチしたんですね。

成長する組織で、人と人を繋ぐ存在でありたい

佐藤:DUOのメンバーとして、荒木さんはどのような役割を期待されているのでしょうか?

荒木:今は、代表の塚本・渡辺を中心に、メンバー全員がスピード感を持って仕事をしています。大きくなっていく組織体制の中で、多くの組織の中で仕事の経験を積んできた僕は、自分の強みを生かしてメンバー同士を繋ぐ役割でありたいと思っています。

謙虚に、心配りを忘れず、自分の立ち位置と相手の立ち位置をしっかりと認識しながら、DUOの中で動いて行きたいです。これは、僕のスタンスとして一生変わらないと思います。

<メンバー同士のパイプ役となる荒木>

佐藤:確かに、いつもプロジェクトの中心には荒木さんがいるという印象があります。

荒木:ありがとうございます (笑) 1年後には新規事業で結果が出始めていると思います。今はまだ想像できないような、未知のプロジェクトも始まっているはずです。その中で、新しい人との繋がりは、今の何十倍にも増えていると思います。僕はそれがすごく楽しみです。

つい数ヶ月前までは1人で目標に向かって活動していましたが、DUOという船に乗ったことで、自分の目標に対してさらに近づいていることを実感しています。

これから新メンバーとしてプロダクトを成長させ、チームをリードしていきますね!

インタビュアー 佐藤より

自分の目標と会社の目標が重なり、DUOにジョインすることを決めた荒木さん。

個性を発揮し日頃から自然に気配りをしてメンバーを大切にする荒木さんは、すでに会社には欠かせない存在となっています。今後さらに成長して行く組織の中で、彼と刺激し合いながらDUOで新規事業を作り上げていきたいと思います。

株式会社ZIZAI's job postings
Anonymous
A917166f 8990 4e05 81bf 628009f2f083?1548220110
6d7c05b7 0236 499d 874d e0c925479324?1543769228
79d7588f e204 4db0 8557 d953d59b5d42?1526687631
Picture?1523336423
D7f128ce fa58 4dcb ba07 1af6ea993622?1523493344
11 Likes
Anonymous
A917166f 8990 4e05 81bf 628009f2f083?1548220110
6d7c05b7 0236 499d 874d e0c925479324?1543769228
79d7588f e204 4db0 8557 d953d59b5d42?1526687631
Picture?1523336423
D7f128ce fa58 4dcb ba07 1af6ea993622?1523493344
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon