Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

「技術でイノベーションを」ー 世界中に愛されるプロダクトを目指して

IT業界に魅了されるまで

はじめてITの世界に触れたのは、大学2年生の時に出会ったベンチャー企業での長期インターンシップでした。

在籍していた2年間でたくさんの事を経験させてもらい、中でも様々なITサービスに触れられたことが私の人生を大きく変えました。

当時はiPhone3GSの発売や、Facebookやtwitterがちょうど日本で話題を集め始めた頃で、あっという間にインターネットビジネスの世界にのめり込みました。

「パソコンの画面に表示されるだけの情報に、世の中がこんなにも影響されるんだ!」そんなことを思いながら、次々と出てくる新しいサービスに触れては感動し、自分もこの世界で事業を創りたいと思うようになりました。

目標は誰もが知るプロダクトを創ること

一方で、IT業界に魅了されながらも、世界規模のネットビジネスのほとんどがシリコンバレーで生まれ、日本から生まれていないことに日本人としての不満を持っていました。

自動車や電化製品などの物づくりでは世界をリードしてきたはずの日本が、なぜITでは同じことができていないのか。

その答えは、就職活動の過程でシリコンバレーを見学し、Facebook社を訪問したときにわかったような気がしました。

それは圧倒的に技術力に差があること。

環境も人も何もかもが異次元に感じましたが、中でも人事部の人もコードが書けないとFacebook社には入社できないと聞いたのが印象に残っています。

焦りを感じた私はそこから本気で技術を学び始めるのですが、それが気付いたら技術にどっぷりとハマっていました。

ー 「技術でイノベーションを」

当時はここまで明確に言語化はできていませんでしたが、いつしかそう思うようになっていました。

会社設立とサービス開発に没頭する日々

インターン時代からの素晴らしい仲間との出会いもあり、現代表の檜垣らと大学卒業とほぼ同時に株式会社ドウゲンザッカーバーグ(現在の株式会社ニコリー)を創業しました。

サービスを創ることに没頭し、3年間位は1日も休まず、毎日狂ったように働いていました。

仕事が楽しいのは今でも変わりませんが、そう思えていたからこそチームで没頭できているんだと思います。

メンバー全員でシェアハウス兼オフィスで寝泊まり。サービスリリース前後の3ヶ月とかは一歩もオフィスを出ずに仕事にのめり込んでいたのも今では懐かしい思い出です。

株式会社ニコリーについて

現在は「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」のビジョンの元、NICOLY:)というメディアを運営しています。

メンバー全員のビジョンに対する共感度も非常に強く、読者から寄せられる喜びの声を読むたびに、世の中に愛されるプロダクトが実現し始めていると感じています。

一方で、私達が注目しているコンプレックス市場は、ネット上に個人ブログやアフィリエイト目的の信頼性にかける情報が多く存在し、まだまだ解決すべき課題が山積み状態。

業界でデファクト・スタンダードなプロダクトを創るべく、日々奮闘しています。

ユーザーヒアリングやプロダクト企画もエンジニアの仕事

世界中に愛されるプロダクトを創るためには、エンジニアはただただ開発するだけではダメ。

エンジニアに限った話ではありませんが、自分の得意領域にとらわれないチームを目指しています。

例えば、何か新しい機能を実装するときは、ユーザーヒアリングからUX設計、時にはデザインもエンジニアに任せます。

プロダクト造りの工程を深く理解し、各メンバー同士が高いレベルで議論と行動ができるチームを創りたいと思っています。

また、どんなプロダクトでもコンセプトを明確にするように努めています。

一例を上げると、メディア事業であるNICOLY:)は情報量と質が大事なプロダクトなので、社内のライター・編集さん達が「簡単に楽しくコンテンツを作れる」ように意識して入稿画面に魂を込めています。

今後どういうことをしていきたいか

事業ドメインとしては、現在は女性の外見のコンプレックスにフォーカスしていますが、まずはこの領域でデファクト・スタンダードになること。そして、いずれは老若男女すべてのコンプレックスに拡大していきます。

そのためにも、チーム全体で3年後を見据えた技術の習得と実践をし続けていきます。先を見越して現在注目・採用している技術としては主に2つあります。

1つ目は、ネットサービスに対する一般ユーザーのリテラシーの変化に対応するため、Single Page Applicationなどに代表される新しいWebテクノロジーにチャレンジしています。

Webフロントエンドの進化はここ数年で凄まじく、大手ネット企業が次々と新しい技術を開発・採用しています。

更なるデバイスの多様化が予想される時代で愛されるプロダクトを創るための重要なピースだと確信しています。

2つ目は、ディープラーニングによって飛躍をしている機械学習をビジネスで活用することです。

既に機械学習をビジネスで活かしている事例はたくさんありますが、2017年には活用できていない企業が競争力で負け始めるほど、データサイエンスはビジネスに必要不可欠な技術になります。

「技術でイノベーションを」起こしたい方は是非ご応募ください。

■ 募集職種一覧はこちら https://www.wantedly.com/companies/dzb/projects

株式会社ニコリーでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Ac221fd3 19c0 4298 96ed 8b6f3db81e85?1525338129
F04ddcc1 f1ac 4187 bac5 caa7c8c3fa46?1503825273
9b231bfe 02ee 4a9b b2a7 35f3d2adfec7?1526300243
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
10356255 765375680173117 3484212113604473145 n
7 いいね!
Anonymous
Ac221fd3 19c0 4298 96ed 8b6f3db81e85?1525338129
F04ddcc1 f1ac 4187 bac5 caa7c8c3fa46?1503825273
9b231bfe 02ee 4a9b b2a7 35f3d2adfec7?1526300243
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
10356255 765375680173117 3484212113604473145 n
7 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon