1
/
5

あなたはどう思う?聞かせてほしい、いまの新卒採用について

このストーリーをご覧いただきありがとうございます。

社会福祉法人あかね西谷です。

「終身雇用、年功序列、新卒採用」

日本の雇用管理の特徴を示す言葉として「終身雇用、年功序列、企業内組合」というものがあり、これら3つは日本的経営の「3種の神器」と呼ばれているということは、人事の仕事に携わっていない人でも比較的すらすらと出てくるのではないでしょうか。

終身雇用を生涯雇用、年功序列を年功賃金、企業内組合を労働組合などと多少違う言葉に代わることはありつつも、日本的雇用の特徴を3つ挙げてみてと質問すると、ほとんどの方から期待する回答が得られると私は思っていました。

先日、採用チームメンバーの淺井とのミーティング冒頭で「日本的経営の3種の神器って言える?」と唐突に質問をしてみた(少し意地悪な質問だったかな・・・?)のですが、聞いてびっくり、かなり混乱する回答だった訳で。

「終身雇用、年功序列、新卒採用ですね」あまりにもすらすらと、そしてまったく言いよどむことなく答えてくれるから思わず自分が間違っていたのかと焦ってしまいました。「え?企業内組合じゃないの?」「そうなんですか?私、労働組合がある会社で働いたことがないから組合って言われても、あまりイメージが湧かないんですよね」とあっさり返されてしまいました。

新卒採用のイメージって

「終身雇用、年功序列、新卒採用」。そうなんだと思わず納得してしまうような、この言葉の並びの違和感の無さ。私が仕事として行っていく「新卒採用」を改めて考え直してみる機会が飛び込んできたことになりました。

私は職業として企業内で人事の仕事をしておりまして、学者・評論家ではありませんから、終身雇用、年功序列、新卒採用の是非についてはこの場ではあまり触れないでおこうと思いますね。終身雇用、年功序列というキーワードで検索をかけてみると「古い」「崩壊」「終わり」などあまりポジティブでない言葉が散見されます。一般的なイメージはそうなっているのかもしれませんね。

新卒採用というキーワードで検索してみますと、少し色合いが違う。「21卒新卒採用情報」「22卒採用情報」といったワードや「新卒採用 コロナ」といった世相を表すワード、後は「企業の新卒採用情報」などがずらっと出てきます。

「終身雇用、年功序列、新卒採用」と並ぶと違和感が無いのに、それぞれ単体のワードで考えてみると「終身雇用、年功序列」と「新卒採用」ではそれぞれで、とらえ方が違うようですね。

私のこれからの取組

企業の新卒採用活動の流れは、エントリー→書類選考→面接→内定→内定受諾→入社という形が一般的です。そしてその過程で人数がどんどん絞り込まれていく。たくさんの人数の応募者をそれほど多くない人数の人員で対応していく必要があるため、必然どれだけ効率的に生産性を高めながら業務をこなしていくかということが人事担当者の課題となってきます。

このようにかなりの労力が割かれる新卒採用だけでなく、中途採用、パート・アルバイト採用といった採用に加え、研修、人事制度企画、給与計算など他の人事業務を並行して行わざるを得ない企業は少なくないでしょう。

やっとの思いで新卒採用を効率化でき、なおかつそれがある程度の成功につながったとなると、その形を崩して、新しく構築しなおすには相当の勇気と労力がいります。これも新卒採用が大きくその形を変えていない一つの理由になっているのではないかと。

以前の私自身が新卒採用の形を少しずつ変えていきたいと考えているという内容のストーリーを書きました。これといった決定的なアイデアはまだ出てはいないのですが、メンバーと一つ一つ思いついたアイデアを形にして、実行しています。

例えば、インターンシップ。インターンシップ自体は2000年半ばからそれを行う企業が増え、今ほとんどの企業で1dayから長期まで様々な形で行われています。現場の介護を体験するインターンシップはこれまでも行っていたのですが、私たち経営管理の部署にも学生を迎え入れ、プロジェクト活動へ参加していただきたいと考えています。

そして、採用の成功、変革に欠かせないのは現場の職員のみなさんの採用への参加です。私はこのあかねにjoinするまで数社勤めてきましたが、これほど、採用をフォローしてくれる現場の方がいる会社はあまり見たことがありません。これは、あかねの採用にとって大きな強みだと感じています。この強みを最大限発揮できる採用活動のプランを考え、それを現場の皆さんと共に力を合わせて実行し、一人でも多くの方にこの業界、そしてあかねの魅力をお伝えしていきます。

社会福祉法人あかね's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more