1
/
5

なにをやっているのか

ecommit(エコミット)は、モノの循環の仕組みをつくる、環境ビジネスのベンチャー企業です。 環境ビジネスに革新を起こすことを企業理念に「循環商社」として事業を展開しています。 鹿児島に本社がありますが、全国各地9拠点があり、全国1300箇所の企業(店舗含む)から、年間12000tの中古商品(本来であれば廃棄処分され環境負荷を与えていたかもしれないものたち)を救い出しています。 集めたものの多くをリユース品として販売し、国内販売だけでなく、世界35カ国への販売実績のある貿易会社としての側面もあります。 あらゆるものの循環の仕組みを構築すること、本質的なサーキュラー・エコノミーを追求することをミッションに、消費者・大企業・小売店・自治体・大学・クリエイターなど、様々なステイクホルダーをつなぐ、プラットホームのような、インフラのような存在として事業拡大してまいりました。 ecommitの強みは、 ①サーキュラーエコノミーを推進する、独自のネットワークやノウハウ。一言で言えば「現場」をもっていること ②廃棄の世界に、透明性(トレサビリティ)や利便性をもたらすシステム開発を行うDX推進事業。一言で言えば「テクノロジー」をもっていること そして、現場とテクノロジー両方を持っていることから生まれる、スピード感と突破力です。 脱炭素社会をめざし、世の中の環境問題が待ったなしの状況で、 「とはいえ何から始めれば良いのだろう?」というモヤモヤを抱えたお客様から、弊社の強みを評価いただき、ここ2~3年の環境分野における追風もあって、大企業とのアライアンスがすすみ、自治体・行政から廃棄問題にかかわるプロジェクト、大学などとの学術的な取り組みなど、活動領域が広がってまいりました。 およそのロードマップとして、さらなる事業拡大のために2025年に上場する予定で、2022~2023年は、企業とのアライアンス強化、自治体との連携強化のフェーズとなっています。 2022年3月には「伊藤忠商事」との業務提携により、衣類の資源循環プロジェクトがスタートし、事業を急拡大しています。

なぜやるのか

ecology(エコロジー)とcommitment(関わりあうこと)をかけ合わせて生まれた、ecommit(エコミット)は、その名の通り、サプライチェーン全体で取り組む、環境経済圏の仕組みを作ろうしている会社です。 ネット通販の普及も手伝ってか、誰もが、いつでも、どこでも、なんでも手に入れられる、便利な世の中になった反面、「売って終わり」の商法がまかり通った結果、国内のごみ処理費は、およそ2兆円とも言われています。 処理だけに消えていくこの巨額な費用を、環境をよくする方に回せないのか。 人類が環境に及ぼす影響を、マイナスからゼロ、そしてプラスに変えられないのか。 そう考え、私たちは、回収品を新たなる販売先につなげる循環型経済サイクルのインフラを整え、次に、生産者が製品の生産・使用段階だけでなく、廃棄・リサイクル段階まで責任を負う「EPR」(拡大生産者責任)の考え方を世の中に広め、最終的には、環境への貢献度を経済価値へと変換できる仕組みづくりを目指します。

どうやっているのか

いま、SDGsやESGなど、世界のビジネスの潮流には、サステイナブルな生き方、サステイナブルな企業、サステイナブルな働き方が強く求められるようになりました。 大量生産・大量消費をありがたがる世の中から、より環境を意識した、リユース・リサイクルを必要とする時代に変化していく中、私たちは、何を大切にし、どう働き、どう生きるかを、共に考えられる仲間を求めています。   ①どうやってごみを減らすか →「価値の見直し」 企業、自治体から処分を依頼された不要品の価値を再評価し、次のユーザーにつなげます。結果、廃棄する量を最大で6割まで減らすことができます。 ②どう利益を出すか →「仕入(回収)から販売までの一気通貫モデル」 仕分け、選別した回収品を、リユース(繰り返し利用)、リサイクル(原材料やエネルギー源として有効利用)、リメイク(作り直して利用)に分類して、新たな市場へ。国内での店頭販売、ネットオークションほか、海外32か国へ卸販売するなど、多種多様の販路を持つ。 ③地球・環境への利益 →「環境経済圏の構築」 現在、eccomitによる、アパレルショップの処分品削減率40%。 企業から回収した産業廃棄物の中から、有価物として販売できた商品の重量比率25%。 通常、焼却されるもの、埋められているものを再び市場に出すことで、 処分にかかるエネルギーコストと、新たに製品化される資源、エネルギーをカット。 物流のインフラを整え、環境に最大限配慮した循環型サイクルを目指す。