Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

iPhoneでアプリをダウンロードしたい時Aと書かれた青いアイコン、App Storeから
アプリをダウンロードすると思います。
ですが、なぜここに世界各地、色々な人が作成したアプリが公開されるのか、考えたことはありますか??
私はイーディーエーに来るまで考えたことありませんでした!!!
なので、私はここで「アプリの公開作業」に触れて、
「公開するだけで、たくさんの作業と時間がかかるのか…」としみじみ感じたのでした。


ということで!今回は「iPhoneアプリの公開手順」について簡単ですがに以下に書かせていただきます!
前置きが長くなりすみませんでした!




~iPhoneアプリの公開手順~


手順⑴ アカウント作成
アプリ配信を行うには専用のアカウントを持つ必要があります。
これには年間参加費を払うなどの手続きが必要になります!
アプリを公開するだけでもお金が発生するのです…!


手順⑵ 証明書の発行
アプリをストアに公開するには「証明書」が必要になります。
これによって、
・アプリが誰によって作られたのか
・アプリが改ざんされていないこと
を確認するために証明書が必要になります。


手順⑶ アプリ情報の登録
「iTunes connect」というところで、公開したいアプリの情報を登録します。
情報登録項目はたくさんありますが、アイコンやアプリ名などもここで登録します。


手順⑷ アプリファイルの登録
作ったアプリのファイルに問題がなければ、iTunes connectにアプリをアップロードします。


手順⑸ App Storeに審査提出
iPhone(Apple)ではアプリを公開するためには、Appleの審査を通過する必要があります。
審査期間は提出して1~2週間ほどかかります。
リジェクトといって、審査が通らなかった場合はアプリを修正してもう一度審査に提出しなおす必要があります…。


無事に審査に通過した場合、即公開するか時間指定して、ようやくApp Storeに公開されます!!


結構簡単に流れをかいてしまいましたが、実際の作業は結構複雑かと私は思ってしまいます泣
まだまだわからないことばかりですが、1個1個知識やできるようになったことをつみ重ねていきたいです!!


現在イーディーエーでは一緒に働いてくれる人を大募集しております!!
少しでも弊社に興味を持たれた方!
御連絡くださいお待ちしておりますー( ✧Д✧) ✧

15ec16cd 5920 46ad 8a4b 66b7c9f6ccf5

Page top icon