This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

大手コンサルティングファームを経て、創業期のベンチャーへ入社して思うこと

立命館大学経済学部卒業。 在学中はダンスに夢中になりカナダへ留学、帰国後はイベント運営などに携わる。 アーティスト支援事業で起業したのち、IT系コンサルティングファームへ入社。 その後CRMソリューション企業にて経験を積み、 現在イードアのシニアコンサルタントとして活躍中。

不確実性の高い時代にこそ求められる仕事

テクノロジーの進歩、顧客ニーズの変化などにより、私たちを取り巻く環境がめまぐるしく変化する時代になりました。

業界によってそのスピード感に違いがあるとはいえ、遅かれ早かれ全ての業界に新しい技術革新の波が押し寄せることは不可避です。そんな時代に強く生き残る企業に求められるのは、業務の効率化や持続的成長をもたらすイノベーションだけでなく、破壊的イノベーションによる新たな市場の創造です。破壊的イノベーションとは、「確立された技術やビジネスモデルによって形成された既存市場や業界構造を、劇的に変化させてしまうイノベーション」のことを指すといわれます。(『イノベーションのジレンマ』/クレイトン・クリステンセンより)

例えば、人工知能(AI)は変化を生み出しつつあるテクノロジーの代表例です。海外ではIBMによる人工知能Watsonの開発や、AmazonによるAlexaの開発など、各社よりユーザビリティの高いサービスを提供しようと競い合っています。国内では、先日国立情報学研究所(情報学研)のプロジェクトである、東大入試合格を目指すAI「東ロボくん」についてのニュースが話題になりました。

しかし、このようなイノベーションの創り手は大企業ばかりではありません。むしろ、しばしば巨大企業によってつくられた市場が、新興企業によって塗り替えられる要因こそが、破壊的イノベーションです。現在国内外多くのスタートアップ・ベンチャーが、この前例のない挑戦に情熱を傾けているのです。実際、Wantedlyにて「人工知能」というワードで求人を検索すると、750件以上の求人がヒットします。

一方で、日本ではそれら新興企業を支える環境は整っているとは言えない状況です。知名度のないスタートアップにとって、資金や人材の獲得などの悩みは尽きないものです。明日のイノベーションを生み出すかもしれないアイディアと情熱を秘めた、このような企業を支えることの意義は計り知れません。特に、そのような経営者の想いが純粋に形になったスタートアップには、個人的に強い魅力を感じています。

だからこそ、BtoBソリューション企業として経営陣と伴走し、あらゆる意思決定を支援するという企業のあり方に共感し、私はイードアへ入社しました。

人工知能にも代替できない人間力を磨く環境

先に述べた人工知能「東ロボくん」が到達できなかったもの、それは人間の「読解力」です。例えば、人工知能は計算を主とする数学や、検索技術によって正解にたどり着ける世界史では好成績を収めます。しかし、文脈を理解して問題文を読み解く「読解力」が求められる国語は苦手なのです。

ある事実の背景に隠された想いを読み取ること、そしてそこへの共感や感情移入。そのように明文化されてはいなくても、重要な価値観として浸透している企業文化にこそ、企業経営を理解する鍵があると、イードアでは考えます。

これからの時代、人工知能に代替されない仕事を担っていくために、私たちが目を向けるべきなのは、このような人間力ではないでしょうか。

弊社イードアでは、新卒・中途かかわりなくクライアント経営者と直接対峙し、経営課題の本質に迫ります。当然、日々決まり切ったオペレーションを回すだけでは対応できません。多くの価値観と出会いながらそれを受け入れる素直さや、各々の人間的成長、高い視座からの知見が求められる環境です。

私自身は設立間もないスタートアップへの支援に注力しており、VCとの連携を活かしながら、人材だけでなく、資金調達やM&Aなど企業のあらゆるステージを支援しています。経営者の意思決定を支えていくことで、世の中に裏側から影響を与えているような感覚を得られると感じています。

また、対内的には、個々がプロとして活躍できるような会社づくりを目指したいと考えています。組織づくりの途上であるからこそ、社員一丸となって答えのない問題に挑み続ける必要があります。そこでは誰1人として傍観者であることはできず、年齢や入社年次を問わず全員が当事者として議論することが求められます。

変化に柔軟に対応し、自らの介在価値を発揮していく人材となるために。このような人間的成長こそ、大手企業では経験できなかったことであり、まさに自分が求めていたものだと日々実感しています。

一つの理念のもとに集う仲間

学生時代から、一度きりの人生だからこそ、悔いのないように生きたいという想いがありました。その想いはこれまでの様々な経験を経て、現在「人生は選択一つで何事も決まる」という信条へとつながっています。

「意思決定の支援を通じて、社会の進歩・発展に寄与する」というイードアの理念は、まさにそんな自分が深く共鳴したものです。代表は私より年下ですが、自分と同じこの想いを明確に言語化していました。だからこそ心動かされ、当時3名であったイードアへ参画する決意へと至ったのだと思います。また、弊社で働く社員は、それぞれが会社の目指すところに共感し、集っています。

企業経営に関していえば、昔から理念を共有浸透している会社は変化に強いといわれてきました。この理念経営は日本が古くから大切にしてきた経営のあり方です。創業200年以上の企業数において、世界的にみても日本が断トツ一位であることは、その証明であるともいえます。

人工知能が人間の仕事を脅かすといった議論はこれまでにも語り尽くされてきましたが、そのような時代を生き抜く、強い組織にとって大切なものはなんでしょうか?私は、企業の存在目的であり、創業者の想いの結晶である経営理念こそが、そこに集う仲間にとって重要な意味をもつと考えています。

皆さんも、仕事を通じて人間の想いが形となり、社会を動かしていく様を、間近で見てみたくはありませんか?

株式会社イードアでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?1523040968
13895057 513169048871800 5309870719774993576 n
68802b09 159a 41c4 91bc e1e6153a6875
9e9648cf f375 4df1 9f01 22a3d37b1b68
9bd456e9 b476 470d a2fc 8a0a1c661184
11 いいね!
Anonymous
Picture?1523040968
13895057 513169048871800 5309870719774993576 n
68802b09 159a 41c4 91bc e1e6153a6875
9e9648cf f375 4df1 9f01 22a3d37b1b68
9bd456e9 b476 470d a2fc 8a0a1c661184
11 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon