ある新卒が出会った運命への軌跡

「仕事」の価値

就職活動を初めた頃、私は超大手志向でした。

短期的な将来像は描いていましたが、働くことに対して具体的な価値観を持たず、大手に勤めることが良いことで、「親孝行」にも繋がると考えていたのです。つまり「親孝行」≒「大手企業への就職」という考えです。

私は父が他界したとき、祖父が他界したときと一生残る後悔をしています。就職活動では親がどう思うか、周りからどう思われるかといった価値観を重要視し、自分自身の人生における仕事の価値を問うていませんでした。そのような就職活動をしていた私は、内定を頂いては辞退を繰り返す日々を過ごしていたのです。

時にはその違和感に目をつむり、内定式や内定者研修、親睦会などには行ってみたこともあります。参加することによって志望度が高まり、一つに決められると考えたからです。

しかし、何かが違う。本当にその企業に行きたいか?と自分に問いかけた時、私は心からイエスと言えませんでした。

「心から有り難うと言ってもらえる仕事をしなさい」

「側にいてもらうことは別に望んでいない。心から有り難うと言ってもらえる仕事をしなさい」母親に言われたこの言葉によって、企業選びの答えが見つかりました。

また、同時にそこから「忠を尽くす生き方」、これこそが私が働く上で模索しなくてはいけないものであると考えたのです。

「親孝行」≒「大手企業への就職」ではなくなり、「忠を尽くす生き方」を求めた結果、成し遂げるために必要な条件として考えたのが「プロフェッショナル」であるということでした。

「プロフェッショナル」として生きること

「プロフェッショナル」。 この言葉は家族にヒントがありました。家族の姿を振り返ると、彼らは皆、自らの仕事に信念を持ち、「プロフェッショナル」としてのこだわりを持って仕事をしていました。自分のとことん極めたいものを職にし、プライドを持って仕事をしていたのです。

その姿は、非常に輝いて見えました。

もちろん楽しい部分だけではなく、辛い部分も沢山聞いていました。単なる「好き」とは明らかに違う、その極めるものと一生を共にする覚悟。そんな打ち込める「何か」を自分も見つけたい。そう思ったのです。

そこから「プロ」とは、「結果はもちろんのこと、そこに至るまでのプロセスに誇りを持ってやり遂げたと言えるかどうか」であると考えました。

大前提として、スキルやナレッジなどは非常に重要ではありますが、どこで自分に満足するかが、一流と二流を分けているように思います。ほんの少しでも満足いかない点があればそれを埋めていく、そのような飽くなき追求こそが、プロの姿ではないでしょうか。

そのような気持ちから新たに就職活動をやり直す中で、イードアに出会いました。

痛みと厳しさと苦しさと喜び

イードアに魅力を感じた部分は2つあります。1つ目は企業としての価値観です。イードアでは他企業と違い、面接を通じて、目標を叶えるまでの現実の厳しさを教えてくれました。

他の企業の方々とも、面接の中で将来の目標に対してのお話は沢山してきました。しかし、どの企業も「その目標は弊社に入れば絶対に叶えられるよ」「目標に対してのスキルはうちに入って学べる」など、目標に対しての厳しさや思いなどは、具体的に言及してきませんでした。

その点イードアでは、目標実現に対しての支援はできるが、それを実現するかどうかは君次第。目標実現へ向かうルートは、(当時の)君の価値観では絶対に決められないと言われました。それは、極めて当たり前のことです。しかし、そこまで人として向き合い、言葉をかけてくれる企業は他にありませんでした。

2つ目は事業内容です。イードアがやりとりするのは経営陣です。経営陣とやりとりする中で、様々な企業課題に向き合い、経営を学べること、そしてそこには圧倒的な成長スピードが求められることは、非常に魅力的でした。

以上の理由から私は入社を決断し、かつ、そこにもう迷いはありませんでした。

「あなたは今日からプロである」(入社1日目)

入社してからまず感じたことは、仕事とは華やかなものだけではなく、上手くいかない非常に厳しい現実も多々あるということです。

部活動・勉強もそうですが、地道な作業があってこそ結果はついてきます。そして輝く瞬間は努力した時間に比べて一瞬です。そのようなことは仕事でも一緒です。結果がついてこないことも往々にしてあります。

正直、辛いときはありますし、心の底からやりがいを感じることもあります。組織づくりの途中であるイードアの規模だからこそ、待っているだけでは本当に何も生まれません。また、大手企業の一員でもないため、仕事も降ってはきません。自ら行動せねば「無価値」なのです。

今まで受動的で自分の行動に対しての意志があまり無かった自分に取っては、この「自ら行動すること」が1番辛いところでした。

そして、イードアでお仕事をご一緒するのは、企業の中でも、そのトップである経営陣です。いきなりトップと繋がりを持つためにはそれ相応の努力と地道な作業が必要になってきます。相手にとっては新卒も何も関係はありません。同じ視座に立ち考えるためには、一人の「プロ」として、日々必要な知識の蓄積、スキルアップが求められます。

イードアでのやりがいを挙げるとするならば、自ら行動し、自分で0から生み出したものを結果として出せた時の喜びであり、それは降りてきた仕事では味わえないものだと思います。

そして、そのような0から価値を生み出す経験を積むことは、イードアが掲げる成長メッセージである「いつの時代も必要とされる力」の醸成に繋がっていると自信を持って言うことができます。

「思い」と「価値観」を磨き続ける環境

クライアントと接していると、様々な現実的な部分も見えてきます。ときには、華やかではないところも多々知ることができます。様々な現実を知れるからこそ価値観も磨かれるのではないでしょうか。

もちろん社外だけではなく、社内でも磨けます。特に、私は納得できないことがあると、すぐに先輩方に意見を求める節がありますが、一度として適当にあしらわれたことはありません。それぞれの事象に対して日々議論が行われ、とことん話し合えます。そのような環境の中で自分の価値観も磨かれています。

イードアに入って約1年、様々な経営陣と会ってきましたが、それぞれがただ働いてきた訳ではなく、強烈な「思い」を持って仕事をしてきたということを非常に感じます。日々そのような方々とお仕事をさせて頂いていることは非常に有り難く、自分の心技体全てがスキルアップできる環境です。

イードアに入社している方々は、それぞれが将来の目標を掲げて入ってきています。私の将来の夢は、地元大分の観光業を盛り上げることですが、まだ自分の中に明確な「思い」を持っていません。私の祖父母や家族が持っている「思い」というものを自分の中に確立して、それでも自分の夢を達成したいと思えるかどうか?

その答えを出すことが、今の目標です。

株式会社イードア's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
68802b09 159a 41c4 91bc e1e6153a6875
Picture?height=40&width=40
10710852 730108017065132 3049436289522137624 n
Anonymous
9 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
68802b09 159a 41c4 91bc e1e6153a6875
Picture?height=40&width=40
10710852 730108017065132 3049436289522137624 n
Anonymous
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon