「何をやっているか分からない面白い会社」と言われる理由

とある経営者様とお会いしていた際の出来事です。

これまで深いお付き合いがありましたが、ふと気になり、「なぜイードアとお付き合いいただけるのですか?」と質問したところ、いただいた回答は「何をやっているか分からない面白い会社だから」とのことでした。

「何を主軸にやっているか分からない。ただ、クライアントや経営者が何を考え、何を求め、どこに向かおうとしているのかを汲み取ってもらえる。そして、それに対し様々な手法や手段を提供し、自ら行動に移し、課題を解決してもらえている」

イードアはコンサルティング会社ではありません。「意思決定の支援」に向けて、課題によって適切な手法・戦略を追求すると、自然と解決策は多岐に渡ります。「何屋」の定義が難しくなるからこそ、結果「何をやっているか分からない」という印象になるのでしょう。

しかし、これこそが弊社の存在理由です。クライアント様と真摯に向き合い、価値を共有し、解決策を共に考え、提案と実行を繰り返す。「何をやっているか分からないけど“必要”」「外部の社長室」などと言っていただけるのは、そんな理由からです。世の中に既に存在する企業体や業種に当てはめることができないのです。

経営者様が目指す道や価値観を共有し、それを成し遂げたいという想いを共にし、実行することを、私たちは『本質的な価値提供』だと考えます。何をやっているかが明確に「分かる」会社であればあるほど、このような本質的支援は難しくなります。なぜなら、「何屋」という枠組みにはめられた瞬間、お客様の課題にかかわらず、それを提供しなくてはならなくなってしまうからです。“私たち”が望むソリューションを提供することはエゴであり、企業様に寄り添うことが何より大切になります。本質的な課題解決に至ること、それこそが私たちの掲げるソリューションカンパニーの意味なのです。

プロジェクト事例紹介:年商100億円規模のアパレル企業様

【当時の状況】 外資系アパレル企業の参入や国内人口減における消費量低下など、業界全体で複合的課題を抱える中、直近数年で同社は増収増益を達成、順調に拡大していました。好調な業績を維持し、独自の世界観創造、他社にはない日本発ブランドとしての海外展開、そして売上の倍増を目標とするも、いくつもの組織的課題が存在していました。

【具体的課題】 ① 〈組織人事:マネジメント層〉 新卒採用が中心であったため、成長戦略を描けるマネジメント層が不足 ② 〈組織人事:店舗〉 店舗の統制が取れていない、人事評価制度や人事配置などが不明確 ③ 〈経営インフラ〉 社内システム・インフラが未整備 ④ 〈商品力〉 アパレル商品の質向上、チャネルの拡張性

【解決へのアプローチ】 まず、目下の重要課題となるのは「②〈組織人事:店舗〉」です。

アパレル企業の売上の大部分を占めるのは店舗であり、同社の販売員数は正社員だけでも100名以上に上ります。アパレルのような店舗ビジネスを展開する企業様にとって、店舗数の拡大を志す場合、避けられない課題は、店舗の適切なマネジメントです。

小さな組織内でも、日々「経営活動」がなされ、「ヒト・モノ・カネ・情報・顧客」が動き続けます。企業全体が小さな組織であった頃は、経営者が全体を把握することは容易です。しかし、適切なマネジメントがなされていた組織も、拡大につれ、末端の状況が把握しきれなくなるタイミングが訪れます。結果として、あらゆる人材情報はブラックボックス化され、適切な組織運営が難しくなるのです。

例えば・・・ ●店長やスタッフの人間関係・相性 ●各人の販売能力・商品知識 ●どのような人が働いているか ●販売・マネジメント・本社勤務等の適正の人員配置が出来ているか など

同社においても、同様の状況が訪れていました。そこで解決策として、提案させていただいたのは、人材リソースの可視化を行う『タレントマネジメントシステム』の導入でした。上記に挙げられた具体的課題全てに対して、第一歩として必要であったことはリソースの可視化でした。そのため、人材リソースの可視化を実現するステップを提案させていただくに至りました。

これにより、下記の効果がありました。(上記①~④の課題と呼応させております。) ①どのようなマネジメント層の獲得をするべきかが明確になる。 ②店舗の成果とその因果が明確になる。 ③インフラ整備のための土台としてのリソース整理ができる。 ④商品力向上にむけた店舗現場からの情報取得の土台ができる。

さらに上記システムの導入後、現在までにご提案させていただいたプロジェクトは、幹部層の獲得支援、インフラ構築IT化支援、WEB・デジタル領域でのアライアンス支援など、多岐に渡ります。このように、弊社では一歩一歩企業様とともに歩を進めながら、経営を前進させていくことへお手伝いさせていただいております。

おわりに

企業様の抱える課題に合わせ、本質的な解決策をご提案するのがイードアです。意志決定の支援を通じ社会の進歩発展に寄与するため、日々クライアントと併走するこの環境へご興味おもちいただける方、また会社を創り上げる想いへご共感いただける方は、是非一度お話しさせていただけますと嬉しい限りです。

【自己紹介】 建築設計事務所を営んでいた父の影響で、一度は建築士になることも志しましたが挫折。代わりに「衣食住」のうち「食」に携わろうと、大学卒業後は大手食品メーカーへ就職しました。その後、想いを捨てきれず不動産業界へ転職しましたが、次第に業界に根付く過酷な労働環境を、根本的な部分から改善したいと考えるようになりました。そんな中、弊社代表の中村と出会い、創業期のイードアへ参画。現在は、不動産業界を中心にアパレル・飲食業界などのクライアント企業様への包括的なソリューション提供、同時にマネージャーとしてチームビルディングに携わっています。

株式会社イードア's job postings
Anonymous
68802b09 159a 41c4 91bc e1e6153a6875
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
10710852 730108017065132 3049436289522137624 n
Picture?1523032679
4 Likes
Anonymous
68802b09 159a 41c4 91bc e1e6153a6875
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
10710852 730108017065132 3049436289522137624 n
Picture?1523032679
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon