東大から東京海上日動、名もなきベンチャーへ ~世間から優秀と言われることへの違和感と等身大の私~

イードアの採用担当でございます。
ご入社から丁度1ヶ月経った中途入社社員の方へインタビューいたしましたのでご紹介させていただきます。

東京大学工学部を卒業後、東京海上日動社に務められていた26歳の男性です。(音楽が趣味で、今はサックスを習っているそうです!)
大学時代は材料力学を専攻し、炭素繊維強化プラスチックの研究を行っていらっしゃいました。
航空会社様へ損害保険の営業業務に従事されていました。

彼がどのような経緯でイードアへ入社することを決意をしたのか、また1ヶ月経った現在どのように感じているのかを赤裸々にお話いただきました。

◆なぜ転職を決意されたのですか?
幼少期、ボーイスカウトに入団し学校では学べないようなアウトドア活動を経験しました。そこで出会ったリーダーは若手を育てる事を大切にするとても情熱的な方で、その恩師が昨年他界され、ふと、「自分の人生はこのままで良いのだろうか」と考えるようになりました。悶々と自分の人生について考える中、自分を育ててくれた人々へ恩返しをしたいという気持ちを持つようになりました。

しかし、それを実現するためのプロセスは思い浮かんでいませんでした。悶々としていた時、同年代でベンチャー企業のCOOを勤める友人に話しを聞きにいきました。彼の活躍振りを聞き奮起しました。今の仕事はとても面白いが社会を変えるような変化は起こせるのか?と考えるようになり、転職活動を決意しました。

◆イードアへ何故入社しましたか?
イードアの面接では、人生観を聞かれる質問が多く価値観を考えさせられました。面接で会う同年代の方を見て、そのような人間的考え方・社会的考え方を追求することによって人間的成長は遂げられるのだと考え、イードアへ入社することを決意しました。

◆入社して1か月どうですか?
入社して1ヶ月経ちました。今まで人生観や価値観について腰を据えて考えたことが無かったため、日々これまで考えたことのなかった脳を使っていることに不慣れさを感じます。。イードアに入社し仕事をする中で、人生や社会に向けた目的志向で物事を考え・行動することが如何に大切なのかを知りました。これまではそれが出来ていなかったからこそ目先の出来不出来に囚われ行動が制限されているのだと実感しています。

◆イードアに入社してギャップはありますか?
正直にいうと、、、これまで目的志向で物事を考える習慣がなかったため苦労の連続です。

今は、物事に取り組む姿勢を根本から改善するよう努めています。今もゴールがあるというわけではありません。ゴールを見つけるためには、価値観を磨くことが大切だと思います。そうして価値観を高めていった先に目的に焦点が当てられ、成し遂げたい未来のプロセスが見えてくるのだと思います。

◆ぶっちゃけ楽しいですか?
大変であることに間違いはないけれど、これまで味わっていない「楽しい」という感覚をもってます。これまではある程度お客様が安定的にありましたが、今は名刺の力がない状態でゼロから経営者様とのお付き合いを始めます。これは正直大変です。只、「なんとなく」では仕事が成立しないことはある意味自分に楽しさをもたらしてくれています。例えば、これまでは「人工知能が発達するから仕事を考えないといけない」となんとなく考えていたことも、人工知能がなんなのか、どういう実態をもっているのか、それが社会にどう存在しているのか、未来にどう影響を与えるのか、などをしっかり捉えないといけません。これは私にとっては一つの楽しさでもあります。仕事をする過程で社会の実態を捉えにいくことができる。イードアの醍醐味じゃないでしょうか。

弊社にご関心をお持ちの方は、下記採用窓口にお問い合わせください。
◆採用窓口:recruit@edoa.co.jp

まずはフランクな情報交換をさせていただくご面談も承っております。
お気軽にご相談ください。

株式会社イードア's job postings
Anonymous
22489969 377161202706200 1819850631460503578 n
Picture?1523032679
Picture?1523025157
3 Likes
Anonymous
22489969 377161202706200 1819850631460503578 n
Picture?1523032679
Picture?1523025157
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon