売上高営業利益率が高い企業7位にランクイン!安定した財務基盤を築いています

日本経済新聞社が、売上高100億円以下の上場企業約1000社「NEXT(ネクスト)1000」を対象に、直近決算まで5年間の売上高営業利益率の平均を算出したランキングを発表。エニグモの営業利益率平均は38.2%、7位にランクインしました


7位のエニグモは海外ブランド品の販売サイトを運営する。海外の出品者と国内の買い手の売買をサイトで仲介し、国内で入手しにくい品をそろえて業績を伸ばす。営業利益率は38.2%と楽天の14.2%より高い。(2017.12.5 日本経済新聞より引用)


エニグモは強固な財務基盤をもって、中核事業であるBUYMAをグローバルなサービスブランドに育て上げ、“BUYMA経済圏”をワールドワイドに拡大することを中長期の戦略として掲げています。

その戦略をさらに加速させるためには、エニグモの企業価値やBUYMAの事業価値をさらに高め続けていく必要があり、M&Aや資本提携等もその有効な手段の一つとして、今後積極的に検討していく方針です。

M&A・経営企画担当
CEO直下M&A・経営企画担当/BUYMAをグローバルなサービスブランドへ
エニグモは、世界152ヶ国に約640万人の会員を擁するソーシャルショッピングサイト「BUYMA(バイマ)」を運営しています。 BUYMAは、世界中に在住する約12.9万人のパーソナルショッパー(出品者)から、世界中のあらゆるアイテムを購入できる、今までにない新しいソーシャルショッピングサイトです。 変化の激しいネット業界ですが、ECは順調に規模を拡大しており、その中でもファッションECは特に成長を期待されている分野です。 BUYMAはCtoCという独自のビジネスモデルを差別化要因として成長を続けており、取扱いベースではファッションECサイトとして日本2位の規模にまで成長しました。 今後の中期戦略としては、ファッションアイテムと出会い、購入し、 そして、使わなくなったアイテムをリセールできる 出会いから処分までを一気通貫で提供する BUYMA経済圏の確立を目指しています。また、 BUYMA経済圏からさらなる関連事業を生み出し 市場規模を拡大してきます。国内BUYMAで継続的に高い利益を上げ、GLOBAL BUYMAに投資をし、BUYMAを世界的なブランドに育成しながら、市場の大きい北米、高成長のアジア・中東など 大規模・高成長の海外市場でホームランを狙っていきます。
株式会社エニグモ


また、事業急成長による組織拡大のため、今後管理部門の中核人材として携わって頂ける方も募集しています。ご縁あってお迎えできた際には、財務経理のリーダーとしてご活躍頂きたいと考えております。

財務経理リーダー候補
急成長を続ける会社で管理のゼネラリストとして成長したい方!経理リーダー募集
エニグモは、世界152ヶ国に約640万人の会員を擁するソーシャルショッピングサイト「BUYMA(バイマ)」を運営しています。 BUYMAは、世界中に在住する約12.9万人のパーソナルショッパー(出品者)から、世界中のあらゆるアイテムを購入できる、今までにない新しいソーシャルショッピングサイトです。 変化の激しいネット業界ですが、ECは順調に規模を拡大しており、その中でもファッションECは特に成長を期待されている分野です。 BUYMAはCtoCという独自のビジネスモデルを差別化要因として成長を続けており、取扱いベースではファッションECサイトとして日本2位の規模にまで成長しました。 今後の中期戦略としては、ファッションアイテムと出会い、購入し、 そして、使わなくなったアイテムをリセールできる 出会いから処分までを一気通貫で提供する BUYMA経済圏の確立を目指しています。また、 BUYMA経済圏からさらなる関連事業を生み出し 市場規模を拡大してきます。国内BUYMAで継続的に高い利益を上げ、GLOBAL BUYMAに投資をし、BUYMAを世界的なブランドに育成しながら、市場の大きい北米、高成長のアジア・中東など 大規模・高成長の海外市場でホームランを狙っていきます。
株式会社エニグモ


少しでもご興味をお持ちいただけましたら、お気軽に「話を聞きに行きたい」ボタンからコンタクトしてください。お待ちしています!

株式会社エニグモ's job postings
24 Likes
24 Likes

Weekly ranking

Show other rankings