1
/
5

RPO都市伝説:RPOコンサルタントは二流扱い?

1. 二流ではできないRPOコンサルタント

RPOは、単純な社内人事の業務サポートと勘違いされている方が多く、社内人事スタッフの下にいて、ただ指示を受けるだけだと誤解されています。

RPOは採用を支えるアドバイザーであり、豊富な採用知識とスキルで効率よく採用を実行していきます。実例でも、社内の人事チームが自社の採用活動を行うための知識やノウハウを持っていない場合、RPOコンサルタントが人材獲得を主導するケースは少なくありません。

実際には、RPOコンサルタントが社内のステークホルダーと同じレベルで直接パートナーになる、サイド・バイ・サイドの関係なのです。


2. RPOコンサルタントの本質

RPOコンサルタントは、様々な企業の社内人事に入り込み、一緒に採用を成功させていきます。採用についてアドバイスを行うだけではなく、実際に面接等も実行し、ターゲットとなる人材獲得を目指します。RPOコンサルタントになる為には、高い人材獲得スキルと幅広い採用知見が必要です。


3. 採用領域でのキャリアはRPOが面白い

人事の中でも、採用領域は手法の多様化により、専門的なスキルが必要になってきています。ですがしっかりとした採用スキルを持った人材は、まだまだ不足している状況です。

そのような中で、RPOコンサルタントは採用領域に特化した専門職であり、様々な企業採用の経験を積み、採用スキルをアップさせる事ができる為、人事キャリアの中でも今注目されています。

【Envision】RPOサービスを展開し、採用コンサルとしてサービスを提供。職場環境は多様性があり、英語や日本語が飛び交っています。#リモートワーク を実施しています。

※採用・キャリアについてカジュアルにお話ししましょう!ぜひお気軽に下記よりエントリーください!


Envision Co., Ltd.では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング