1
/
5

What is RPO?:RPOをいつ取り入れればよいか?

1. RPOを利用した方が良い企業の特徴 

下記のような採用課題を持っている企業には、RPOの活用が有効的です。

ターゲットになる候補者がうまく採用できていない企業

RPO導入:採用力を強化できる

RPOの採用コンサルタントは採用のスペシャリストであり、各社の採用・求人ニーズに合わせて最適な採用手法を選択し、実施することができます。

人事・採用担当者の手が回っていない企業

RPO導入:人事担当者の業務量の改善と採用の質の向上

人事担当者の負担を削減やコア業務や採用以外の業務に集中することができ、業務の質的向上に繋がります。

採用コストが大幅にかかっている企業

RPO導入:人件費や採用コストを削減できる

人事部門の社員を増やす方法もありますが、RPOを導入することでコスト的に割安となるケースが多くあり、採用コンサルタントに任せることによって採用活動全体が効率化されるため、結果として採用コストの削減も期待できます。


2. RPOサービスを選ぶポイント

企業側がRPOを検討する場合は、多数存在するRPOサービスに対し、品質を見極め、自社の採用にどう組み込んでいくか考えることが重要です。例えば、説明会・面接調整や進捗管理、合否連絡など採用業務のコーディネート。一方、イチから採用体制を構築する場合もあります。採用戦略や施策立案、人材要件設定や動向調査、採用チャネル検討、効果振り返りなどもあります。

採用における業務範囲は広く、エンビジョンでは高品質なサービスを必要とする企業のニーズによって、採用のスペシャリストであるコンサルタントが対応しています。


3. RPOはいつから開始するべき?

1でご記述した採用課題を持っている企業は、RPOの活用をおすすめいたします。また、RPOは大手企業が活用するサービスだと思われている方も多いですが、スタートアップやベンチャー企業も採用課題に合わせてRPOを活用することが可能です。特に人事部門の立ち上げや、採用経験が未熟なメンバーで構成されている場合は、RPOが入ることで採用スキルを学ぶこともできます。

【Envision】RPOサービスを展開し、採用コンサルとしてサービスを提供。職場環境は多様性があり、英語や日本語が飛び交っています。#リモートワーク を実施しています。

※採用・キャリアについてカジュアルにお話ししましょう!ぜひお気軽に下記よりエントリーください。


Envision Co., Ltd.では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング