1
/
5

編集者だった僕が、エンジニアになるべく一念発起してエアケントに入社した話。

こんにちは!エアケント採用担当です。

今日はエアケントで働くメンバーってどんな人かを知ってもらえればと思い

アプリ開発に携わっている宮崎さんにお話をお伺いいたしました!

▼まずは自己紹介からお願いいたします!

2018年7月にジョインしました。宮崎です。

前職はITではなく、編集のお仕事をやっておりました。

編集の仕事の関係で情報収集はよくするのですが、その際に「エンジニア」という仕事を知り、

市場的にもこれからどんどん伸びていく仕事であることから、 一念発起して、前職を退職しました。

とはいえエンジニアについては全くの素人。まずは勉強からと思い2018年の3月から、

プログラミングスクールで3ヶ月間学んだ後、ご縁あって7月にエアケントに入社しました。


▼現在のお仕事は何を担当されていますか?


某大手音楽系企業に常駐して、Androidアプリの開発を行っています。


▼エアケントを知ったきっかけはなんでしたか?

就職に向けて動き始めた時、当時通っていたプログラミングスクールの紹介いただき知りました。


▼エアケントに入社を決めた理由は?

まず、エアケントは面接を受けたときに、「居心地が良いな」と感じました。

同世代と比べ割と職歴が多い方なので、面接でだいたいの会社の雰囲気はつかめるんですが、

良い意味で、ゆるい感じの居心地の良さが純粋に良いなあと思いましたね。

技術者になるうえで、自分の中での会社選びの基準が 『エンジニアとして成長できるか』という成長面と

『働く職場の雰囲気』を重視していたので、 エアケントは自分にピッタリだと感じたのが決め手ですね。


▼実際に入社してからのイメージはどうでしたか?


カチッとしたお堅い会社ではなく、社員同士の関係性がすごくフラットなので、

上司や先輩、同僚とも気軽に話せます。

私自身、エンジニアとして働くのは初めてということもあり最初は分からないことだらけでした。

そんな時に上司や先輩に気軽に質問できるのは、安心できましたし、心強かったですね。


▼今後のキャリアビジョンを教えてください!

現在は、Androidのアプリ開発が中心なので、ゆくゆくはAndroidだけでなく、

iOSやWebの開発もできるようになりたいので自分で勉強もしています。

自社でアプリ開発も企画があるので開発が始まったら、ぜひ、挑戦したいなと思ってます!


▼エアケントではどういう人と働きたいですか?

主体的に行動できる人ですね。

エンジニアという職業の性質上、技術の進歩も早いですし日々勉強が大切だと思いますので。

逆に自分でどんどん勉強できるという方は、 やりがいもあるし、楽しいと思います!

そういう方と一緒に働けたら刺激もあって自分の意識もより高まりそうです!



株式会社エアケントでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング