1
/
5

3月よりプロダクトマネージャーとしてエウレカにジョインした松永です!

こんにちは!今月、エウレカのプロダクトマネージャーとして入社しました、松永です。入社して、あっという間に2週間が経過しましたが、これまでのことやこれからやっていきたいことなどを、ここでご紹介しようと思います。

これまでのバックグラウンド

エウレカに入る前は5年間起業しており、海外のアドテク事業やモバイルアプリ事業を行っていました。その前は新卒で入社した大手証券会社に勤めていました。

エウレカにPMとして入社を決めた理由

これまでオンラインで人をつなげるコミュニティ事業やSNSアプリをつくっていましたが、特にデーティングサービスは社会に必要不可欠なインフラになると感じていました。Pairsのようにグローバルでもトップレベルにありながら、ここまで成長を続けるプロダクトは多くありません。世界中でオンラインデーティングが必要とされるなか、Pairsを通じて社会貢献できるのはとても魅力的でした。

PdMを選んだ理由は起業でプロダクトマネジメントについて多くのことを学んだので、それをエウレカでも生かしたいと思ったからです。アイデアをどう生み出し、どう磨いていくか。具体化するためのチームコミュニケーションや、次々に起こる障害を突破して質の高いプロダクトを早くユーザーに届けるのは、簡単ではありません。イノベーションを続けるためには、優れたビジョンも必要になってきます。このスキルは今後も磨きたいと考えています。

働きがいのある環境

とても働きやすいです。仕事に集中できるインフラやシステムが整っており、少数精鋭なので自分次第でプロダクトを大きく変えることができると感じています。人柄が良い社員が多いのもエウレカの特徴です。

PdMとして仕事をする上で必要なツールやユーザー目線の文化など、とても良い環境が揃っています。一方でプロダクトの進化のために模索していることはたくさんあり、そのためなら大胆な変化を受け入れるスタートアップらしさもあります。周囲を巻き込んで次の次元にチャレンジしたい人にとっては、非常に働きがいがあると思います!

やっていきたいことがたくさんあるので仲間求む!

最後に、今後自分がエウレカで実現していきたいことについて触れておくと。Pairsは世界トップレベルのプロダクトですが、ユーザーのため改善できることを考えるとまだまだ先は長いです。まだ自分自身も入社したばかりではありますが、組織をリードする存在になり、仲間を増やして大きなことに挑戦していきたいと思っています。エウレカは、起業した人、事業をやり切った人、新しいやりがいを探している人などに、強くおすすめできる会社です。ぜひ一緒に働きましょう!


===
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

エウレカでは、新たなメンバーを募集しています!私たちと一緒に『Pairs』を、アジアを代表する国内最大級のオンラインデーティングサービスに成長させたいという方は、ぜひエントリーください。

たくさんのご応募、お待ちしております!

プロダクトマネージャー
ユーザーに最高のUXを提供するPairsのプロダクトマネージャーを募集
株式会社エウレカは、2012年10月にローンチしたオンラインデーティングサービス「Pairs」と2019年7月にローンチした「Pairsエンゲージ」を展開しています。 私たちのコアサービスである「Pairs」は、日本でも急成長中のオンラインデーティングサービス市場において国内最大級を誇り、現在、日本と台湾・韓国を合わせて累計会員数1,000万人を突破しています。 また、2015年5月にはオンラインデーティングサービス領域における世界的リーディングカンパニー「Match Group」に、M&Aにより参画。Match Group(NASDAQコード: MTCH)は、「Tinder」「Match」「Plenty Of Fish」「OkCupid」「OurTime」「Meetic」といった、恋活・婚活マッチングサービスを世界190カ国以上・42言語で展開しています。私たちは、このグローバルカンパニーのノウハウとアセットを生かし、まずはアジア全域でのサービス展開を推し進めています。 その第1フェーズとして2013年10月にリリースした台湾版「Pairs」は、すでに台湾最大級のオンラインデーティングサービスに成長。第2フェーズとして、2017年に韓国版をリリース。“アジア全域”における、オンラインデーティングサービスのリーディングブランドになることを目指しています。
株式会社エウレカ


Instagramはじめました*

株式会社エウレカ's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more