1
/
5

なにをやっているのか

ジョブマネジメントクラウド「Job-Us」を提供しています。
「ジョブディスクリプション」画面。ライブラリを参照しながらJDを作成することができます。
◾️ ジョブ型ってご存知ですか? 「ジョブ型」とは、最初にジョブ(=仕事)を定義して、そこに人材をアサインしていく組織人事の考え方のことです。採用や評価、報酬などの人事制度もすべてジョブを中心に設計されます。最近だと2020年から法制化された「同一労働同一賃金」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんね。この同一労働同一賃金も「報酬は仕事内容によって決まるべき」というジョブ型の考え方に基づくものなんです。 一方、人材に応じて仕事を割り当てていく組織人事の考え方を「メンバーシップ型」と呼びます。新卒一括採用、年功序列、終身雇用などはメンバーシップ型に特有の人事制度です。実は、日本以外の国にはメンバーシップ型という考え方は存在せず、海外ではジョブ型の人事制度の方が一般的なんです。 変化の激しい事業環境への適応、そしてグローバル化した現代において、今、企業はジョブ型への移行を求められています。実際、日本を代表する大企業もジョブ型への移行を始めていて、従業員1,000人以上の企業の70%以上がジョブ型の導入を具体的に検討している現状があります。(コーン・フェリー「ジョブ型人事制度の実態調査 2020年4-5月」より) 「ジョブ型」という言葉の通り、「ジョブ」が採用、評価、報酬など、組織の中心的な役割を担っています。しかし、これまでメンバーシップ型だった日本では「ジョブ」の情報が整理されておりませんでした。 よって、「ジョブ型」移行するためには、まずは社内のジョブの情報を整備する必要があります。 ◾️ ジョブマネジメントクラウド「Job-Us(ジョブアス)」 私たちは、このジョブの情報を整備するSaaS「Job-Us」を開発・提供しています。 現在は、数千名規模の企業をはじめとするユーザーにご利用いただいています。 今後は、日本中のジョブの情報を整備していき、日本の標準ジョブライブラリとなっていくことを目指しています。

なぜやるのか

CEOの馬渕です。一緒にJob-Usを作り上げていってくれる仲間の参加を心待ちにしています。
私たちのミッションは「日本の雇用をアップデートする」ことです。
◾️ 日本の雇用の課題 これまでの日本の「メンバーシップ型」では、個人はキャリアの主導権を会社に委ねることになります。すると、主体的にキャリアを築いていくことができなくなってしまいます。 「働かないおじさん」などはまさにその典型です。 そうなると、会社の競争力もどんどん低下していきます。デジタル化やグローバル化が進み、変化の激しい現代では、それが顕著になっています。 よって、人々が「ジョブ」を主体的に選択して、自らキャリアを形成していく仕組みを作っていく必要があります。 そのために、Job-Usは日本中の「ジョブ」の情報を整備していきます。 日本の雇用や働き方という大きな課題に対して、テクノロジーを活用して風穴を開けたい方は、ぜひお話をさせてください。

どうやっているのか

Ex-Workが入っているオフィスのラウンジです。
私たちのチームが大切にしている価値観(バリュー)です。
◾️ 大切にする価値観(バリュー) 1. Integrity 顧客・仲間・ステイクホルダー・そして自分に誠実に 2. Challenge 課題をチャレンジ、失敗を成功に至る道のりと捉え、大胆に挑戦する 3. All for One チームで目的・目標を共有し、互いを感謝・尊重しながら一丸となって進む ◾️ カルチャー バリューにもあるとおり、ChallengeとIntegrity(誠実さ)の両面を重視しています。全力でチャレンジをしながらも闇雲に突っ走ることはせず、Integrityを大切にするのが当社のカルチャーです。 もう一つのバリューのAll for Oneを体現し、業務委託・顧問の方々も含めて、大きなビジョン・夢の実現に向かって、チーム一丸となってモチベーション高く、明るく働いています! ◾️ 働く環境 ・リモートワークOK(必要に応じて出社もあり) ・オフィスは目黒アルコタワー内のエグゼクティブセンター(超キレイ^ ^) ・バリスタが淹れた美味しいコーヒーも飲めます☕️(無料!)