1
/
5

なにをやっているのか

経営の意思決定をサポートするプラットフォーム|KUROTEN.
エキサイトホールディングスは、「デジタルネイティブ発想で心躍る未来を創る」というミッションを掲げ、様々なドメインでサービスを展開しています。 ▶︎▶︎▶︎SaaS・DX事業 既存事業の領域にとらわれず、新しい軸となるBtoB領域の新規事業立ち上げに取り組んでいます。SaaS事業においては、経営の意思決定をサポートする「クラウド経営管理ソフト KUROTEN.」やクレディセゾン様と共同で「後払い決済・請求代行SaaS セゾンインボイス」をローンチ。今後はさらに、営業やマーケティング課題のあるクライアント様に対するソリューションも展開予定です。 KUROTEN.:https://lp.kuroten.jp/ セゾンインボイス:https://saison-invoice.saisoncard.co.jp/ グループ会社のiXIT株式会社では、様々な業界へのプロダクト開発・事業支援を行ってきました。今後はそのノウハウを活かし、DX領域における新規事業立ち上げにも取り組みます。 iXIT:https://www.ixit.co.jp/service ▶︎プラットフォーム事業 月間2000万人以上がアクセスする「エキサイトニュース」、ママ向けメディア「ウーマンエキサイト」、20代女性向けメディア「ローリエプレス」、「エキサイトブログ」など、幅広いターゲット層に向け、コンテンツを提供しています。また、業界最大級の占いサービス「エキサイト電話占い」、「エキサイトお悩み相談室」などを展開しています。ヘルスケア領域で人々をエンパワーメントするサービスを展開しています。 ▶︎ブロードバンド事業 「エキサイト光」を中心としたブロードバンド事業や、格安SIM・格安スマホの「エキサイトモバイル」を提供しています。 主要サービス一覧:https://info.excite.co.jp/

なぜやるのか

エキサイトは、2018年9月のTOB後、新経営陣の下で改革を進めた結果、過去最高益を達成。 今後は、既存事業のブラッシュアップと新規事業の開発を進め、更なる企業価値の向上を目指します。 赤字体質を脱却し、成長軌道に乗った現在、新たな軸となる事業を生み出すための新規事業開発に注力し、そこを担う人材への投資を行いたいと考えています。 ■企業再生のカギは「両利きの経営」だ──TOB・M&Aした2社を3ヶ月で黒字化と再成長に導いたエキサイトに学ぶ、コストカットで終わらない企業再生ノウハウ https://www.fastgrow.jp/articles/saijo-ishii-miyazaki ■エキサイト、XTechによるTOB成立から1年で4期連続赤字から脱却——半期過去最高益を達成、既存事業成長と新規事業創出を加速へ https://thebridge.jp/2019/10/excite-japan-exec-reshuffle-contributes-to-2019h1-positive-turnaround

どうやっているのか

エキサイトホールディングスは、新たにMission / Valueを定めました。 これらの指針をもって、約250名のメンバーで心躍る未来を創造していきます。 【Mission】 デジタルネイティブ発想で 心躍る未来を創る。 【Value】 1. 好奇心を起点にする。  好奇心の芽を大切に探究し続けることで、今を、そして、未来を変えていこう。 2. 当事者意識でやりぬく。  大きな視野で自分ごと化してやり抜くことで、生まれる機会を成果と成長につなげよう。 3. 世の中に寄り添う。  世の中で、そして、自分や身の回りで、何が起こり、どのような流れがあるのか。  世の中に寄り添うことで、小さな変化も大きな流れも感じとろう。 4. 素直さとリスペクトで学ぶ。  物事をありのままに見て感じる心を大切に、身近なこと、遠くのこと、歴史から学ぶ。  身近な人、遠くの人をリスペクトし、そして、巨人の肩に乗ろう。 5. 得意なことで繋がり合うチームワークで。  肩書き、部門、社内外。あらゆるボーダーを超えて、一人ひとりが得意なことでつながり  合うチームワークで大きな仕事を形にしていこう。