1
/
5

地域の持続的発展のための"クリエイター×地域"の関係とは?ーKUROKAWA WONDERLANDの事例から

イグジットフィルムが2015年に熊本県阿蘇郡南小国町を舞台に実施した、地域共創プロジェクト「KUROKAWA WONDERLAND」の背景やプロセスを、改めてまとめたページが完成しました。

KUROKAWA WONDERLAND プロジェクト紹介ページ

「KUROKAWA WONDERLAND」は、イグジットフィルム が2015年に実施した、都内で活躍する多ジャンルのクリエイターと、熊本県阿蘇郡の南小国町/黒川温泉に住む方々による合同制作プロジェクトです。

海外をターゲットに、地域固有の資源や文化を外に開いていくことを目的に、映像・Web・音楽・写真の作品群を制作しました。このプロジェクトを皮切りに、黒川では受注発注の関係を超えた様々なコラボレーションが続いています。詳細はぜひ下記の紹介ページをご覧いただけると幸いです。

わたしたちが考える、持続的な発展のためのクリエイター × 地域の共創関係

私たちは、地域の持続的な発展のためには、短期的な地域プロモーションよりも、地域固有の文化や資源を、その地に暮らす方々が持続的な発展のために活用できるようになることが大切だと考えています。

私たちクリエイターの役割は、異なる視点から地域のリソースを掘り起こすこと、そしてそれらを題材に自らがかっこいいと思う表現、そして地域が誇れる表現で世に出すこと。

その際に、地域とクリエイターは制作・依頼の関係性ではなく、各々が個別の目的を持ちつつ共通のゴールに向かって歩むことで、地域の文化や伝統がより有機的で広がりのあるものになっていくということを、KUROKAWAを通して私たちは学びました。

「多様な立場の人が、自らの目指すことのために創造しつつ、それぞれが持つスキルやリソースを全体のために提供して共創する」。クリエイターと地域の共創による地域イノベーションの一つの手法として、ご覧いただけると幸いです。

上記の事例をはじめ、イグジットフィルムは、課題当事者とシナリオ・世界観を共創する、コ・クリエーション型の制作手法を得意としています。

クリエイティブを用いた共創型のプロジェクト、映像を起点とした社会課題の解決にご関心がある方は、ぜひお気軽にご連絡ください。お話しましょう!

株式会社イグジットフィルムでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう