現地活動で、カンボジアの人たちが教えてくれたこと

カンボジアの教育を支える会に入る前

僕は、大学に入ってからみんなと同じようにサークルに入って、適当に単位をとって、適当に就職していくのかな、とそんな何も考えていない大学生でした。今でもある意味考えていないというのは変わらないんですが笑

なんだかしっくりくる団体がないなと悩んでいた、1年生の秋も深まってきていたころ、高校のころの友人の誘いがきっかけで入ることになったのがこのPACEでした。

国際協力に関して、多少なりとも興味は持っていましたが、そこまで熱いものを持っていなかった僕がこの団体ええぞ!と思えたのは、とある先輩と同年代の女の子が繰り広げる熱い討論でした。この団体に入ってよかったなと思えるポイントの一つはこれで、つまり 「熱く本気になってものを言うのが当たり前の文化である団体に出会えたこと」 です。いつもはクールに見えるメンバーのみんなも議論になれば、適当な考えは一切もたず熱く活動について議論します。

もう1つこの団体に入ってよかったと思うのは、これは僕が今持っている実現したいことの1つの基になっているのですが、 「人々が違う価値観、文化的背景を持って、それぞれの人生を生きている」 ということを肌感覚を持って実感できたことです。

それを感じることができたのは初めての現地活動の時でした。 僕たちの団体は現在おおがかりなハード支援は行っておらず、主に聞き取り調査であったり教育そのものにかかわっていく支援であったりとソフト面を重視しているのですが、その初めての現地活動の際に、あまりに日本とはかけ離れた生活水準ながらものびのびと暮らしている人々をピス村(現支援値)にて調査の際ふれあい、 「あ、別に現代の生活水準に合わせなくてもハッピーな生活は送れるんだ」と気付いたことがきっかけでした。

現在

そういった現地の方たちとの触れ合いだったり、支援活動の内容の議論で、これは必要、これは実はいらない?といった議論を遠慮ナシで行うことによって、

・一つのことを掘り下げて考え抜く思考力 ・他人の立場に立って考えようとする癖 ・話し合いで決まった方向性にそって事業を0から立てていく構想力と実行力

の3点を、僕個人は身につけられたのではないかと考えます。

今考えてもしょうがないことなのですが、仮にぼくがこの団体に出会っていなかったら、ひとまず今よりも自己中心的な考え方をしていて、なおかつ日本の外に目を向けられない人間になっていたんじゃないかなと思います。

これはあくまで私見ですが、 マクロの視点では、これからいろいろな仕事が自動化され人間と仕事の関係が再定義されていく中で、 ミクロの視点では、日本の現行の経済ニーズに合わせて、労働力が外国人によって代替されていく中で、 このPACE-カンボジアの教育を支える会-での活動に参加することは、将来を生き抜く力に多少なりとも良い影響を与えてくれるのではないか、少なくとも僕は大事なものを学ぶことができた、と考えます。

カンボジアの教育を支える会について

この団体はもともと青山学院大学の学生サークルとして始まりましたが、幾年かを経て、より活動が潤滑に回るようにと法人格を取得しています。

通常の活動は週1回の定例会と、年2会のFW(現地活動)からなります。主な活動内容はカンボジアのより多くの子供たちが、滞りなく一定以上の水準の教育を受けられるようにと、教育そのものと子供たちを囲む環境に対してアプローチする支援活動を行っています。基本的に少人数の団体であるため、一人ひとりが大きな裁量権を持って、自分のアイディアをすぐ実行に移せるというのが利点です。

そして団体として割合長い経歴を持つため、

・OBOG会の層が厚い ・社会人団体(JVC、カンボジア市民フォーラム)とのつながりが強く、セミナーやインターンへの招待として、毎年お声がけをいただける ・団体の構造として、学生メンバーと理事会の2つでなりたっており、活動内容に関して、上層部の方たちから適切なアドバイスを受け取れる

などの特徴を持っています。

今後どういうことをしていきたいか

今現在、僕たちの活動は佳境に立っています。具体的には、現在の支援地での活動を続けるのか、それとも他の支援地をさがしていくのか、といった感じです。日本国内にて普及啓発に尽力してもよいのではないか、といった助言も理事会の方からいただいたりしています。

そして、メンバー補充をするべきだ、というのが今年の大きなテーマとなっており、1,2年生を積極的に募集しています。求める人物像としては、

・国際協力に関わってみたい ・自分のアイディアで何か事業を立ち上げ、実行して人々を喜ばせてみたい

など、上記どちらかでも全くかまいません。興味があって、実際に行動につなげてみたい、と少しでも感じていることが最も重要であると思います。

一緒に、カンボジアの人々と触れ合い自分たちも学びつつ、彼らのためになにかやらかしてみませんか??

カンボジアの教育を支える会's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
B5cd1f8e b5d5 4eba b950 53ecdf122064
2 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
B5cd1f8e b5d5 4eba b950 53ecdf122064
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon