This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「誰かに言われてやりたくない!」自走式なエンジニアが考える、自立した働き方とは

多くの人に使われるWebサービスを作り、育てるためにフィードフォースにjoin

経歴

木村 大智 フロントエンドエンジニア 2014年中途入社

以前はシステムエンジニアとして、銀行系のシステムや自治体のシステムなどを作っていましたが、「もっと多くの人の目に留まるものを作りたい」という思いがあったので、Web業界に転職しました。

しかし、転職した先は制作会社だったため、一旦納品した制作物の運用に関わることは難しく、「関わったサービスを自分の手で育てたい!」と考えて自社サービスを開発しているフィードフォースにたどり着きました。

今の仕事内容/利用技術

フィードフォースではプロダクトごとにインフラ、サーバーサイド、フロントエンド・・・とチームを組んで開発しています。 そこで私はフロントエンドエンジニア、正しくはJavaScriptエンジニアとして、SPA(シングルページアプリケーション)の開発を行っています。

開発で使っているフレームワークは、React / Reduxです。 ビルドツールは、Webpackを使っています。

リアルなコミュニケーションを大切に、業務を加速させる

大切にしていること

「ユーザーを待たせない、リッチなUI体験を提供する」という目的をフロントエンドエンジニアとして達成するために、リアルなコミュニケーションの場を意識的に作るようにしています。 もちろんSlackやQiita:Teamなどのオンラインのコミュニケーションツールも使用していますが、それだけでは足りないと感じて最近フロントエンドミーティングを始めました。

フロントエンドミーティングとは、社内のフロントエンドエンジニアが集まって、最近の悩みや技術の話題を好き勝手に喋るミーティングです。 当番制にしていて、担当者が最近気になっているテーマを持ち込んでくるというルールにしています。このようにしてリアルのコミュニケーションの時間をとって、それぞれがキャッチアップした情報や悩みを同じレイヤーで働くメンバーに共有する機会を作ることで、業務がスムーズに進みます。 その場で見つかった課題に対して、「誰か一緒にこれやろうぜ」と言うと、興味を持った人が一緒に課題解決に取り組んでくれるので心強いですね。 フロントエンドミーティングで得た知見を社内にいち早く導入して効率化 / 品質向上できれば、たとえ人数が少なくても優れたプロダクトを生み出すことができるはずです。 社内では「労働集約型の働き方を脱却する」というのがキーワードになりつつありますが、まさしくその考え方と一緒だと思います。

そういったフィードフォースの方向性は、僕の根底にある、「すばやく、ユーザーのためになるものを形にしたい」という目的と合っているんですよ。

でもそれは、フロントエンドエンジニアが自分しかいなかったらできなかったと思うんです。情報感度が高くて勉強熱心なフロントエンドチームがいたからこそ、取り組むことができています。

チームだからこそ、できること

チームを重要視する理由

もちろん、チームでの連携の前に一人のエンジニアとして自立していることが前提です。 もともと誰かに言われてその通りやるのは嫌なタイプなので、自分としても自立して働きたいです。 ただ、一人で全てをやるには限界があります。

フロントエンドの技術は目まぐるしく変化しています。私が入社した時期(2014年)に社内で使ってたフレームワークやツールも目的に応じて随分と変えてきました。

それらの技術について、私一人ではとても追いきれなかったと思います。 チームで働いているからこそ、新しい技術をキャッチアップすることができ、結果として優れたプロダクトを生み出せるのだと感じています。

※フィードフォースの使用技術はこちら

幸いにも社内は「業務効率化のために新しい技術を取り入れる」という姿勢が根付いています。自走式の自分にとっては、この文化はありがたいですね。 だから、好きなだけ自走してどんどん新しいものを取り入れようと思っています。

フロントエンドの新しい仲間を募集しています!

フィードフォースでは新しいプロダクトが次々と生まれています。 プロダクト / チームを更に成長させたいので、フロントエンドエンジニアを募集しています!

こんな僕とプロダクトを一緒に作ってくれる方、新しい技術をどんどこ取り入れて業務を加速させたい方、ぜひお話ししましょう!

進化するフロントエンド技術を追い求めたいフロントエンドエンジニア大募集!

株式会社フィードフォースでは一緒に働く仲間を募集しています

技術勉強会

Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
05580a8c 43f1 4d56 8701 bb8ec5274e8e
B7668b0a 57bb 4d4b 8d0b ac8b2e7ac621
Picture?height=20&width=20
13 いいね!
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
05580a8c 43f1 4d56 8701 bb8ec5274e8e
B7668b0a 57bb 4d4b 8d0b ac8b2e7ac621
Picture?height=20&width=20
13 いいね!

ワークスタイル

これで生産性も2倍? 今すぐ取り入れたい新しい働き方

今日のランキング

ランキングをみる

Page top icon