This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

早稲田大学を1年休学しFEZへ 「雑務でも何でもいいから会社立ち上げのプレーヤーになりたかった」(インタビュー)

************************************

2016年8月に入社し、翌月には早稲田大学商学部を1年間休学することを決めた。

「オフィスに行けば必ず田畑がいる」、社員より出勤日数が多い大学2年生(休学時点)田畑颯に、インターン生の山本がインタビューしました!

************************************

雑務でも良い!企業立ち上げに関わりたい!

(山本)フェズに入社した理由を一言でお願いします。

(田畑)なんか…固いね(笑)? くだけた感じでいこうよ。

ひとことか、そうだね ひとことで言うと、企業の立ち上げに、雑務でも何でもいいからプレーヤーとして携わりたかったっていうのが理由かな。

当時、皆で足並み揃えて就活して大手に入るってのが、意地でもやりたくなくて。 同じリクルートスーツ着て、会場に椅子が並んでて、そこで説明聞いて、っていうのが軍隊みたいで気持ち悪いなって思ってた。

だから当時は会計士になろうと思っていたけど、会計士みたいに細かい作業をするのはあまり好きじゃないし、その時点でIT系の企業で働きたいって意志も形成されつつあったかな。

フェズには紹介で入ったんだけど、 当時この会社に入ったときは「ところでこの会社はなにやるんだ?」って全く知らなかった。 それでもひとつの会社の立ち上げに関わるってことは、何をするにしても財産となる経験ができるだろうなって思ったんだよね。

(山本)なるほど。結構具体的に考えてるんだね。

(田畑)そう、考えすぎて、迷走していた時期もあったよ。

(山本)どの時期からそういうことを考え始めたの?

(田畑)大学に入学したときから「リクルートスーツいやだ」って明確に思ってしまって笑、皆と違うことをやりたいなってその時思ったんだよね。

自分の人生を変えた転機とは?

(山本)自分の転換期とか、印象深い出来事は?

(田畑)一番クリティカルだったのが、大学入る前。もともといろいろなベンチャーに入って仕事をしていたはいいものの、(無給だったし)バイトもしていなかったから生活的に大変だった。 単純にお金の面で苦しくて、「大学辞めないといけないかも」と精神的に追いつめられてもいた。 そんなとき、矢田(元フェズインターン生)がフェズを紹介してくれて。

その時だね、転換期は。 当時の自分の状態から脱却するためだったらどんなことでもやる!って意気込んで、フェズに入った。 だから伊丹さん(社長)に「休学します。仕事手伝わせてください。」って伝えたんだよね。

(山本)そういう苦しい状況がもともとあって、声をかけられたことがきっかけで「変わろう」ってなったんだね。

(田畑)そう。フェズにジョインしたときは今と全然仕事内容も違って、何も知らない状態で入ったわけだけど、それでも「あ、おもしろそうだな」って強く思ったのを今でも覚えてる。 俺の最初の業務は「(当時新しく契約したオフィスに)水道とガスを引く」だったけどね(笑)

広告アカウント作成から開発業務まで多彩なスキル

(山本)学生インターンとは違うレベルの高い仕事をしているわけだけど、具体的にはどういった仕事内容?

(田畑)ウェブ広告のアカウントを作るところからお客さんの要求に合わせて広告を運用するのが基本的な仕事。 それに付随して、フィードを作る開発業務もやる。 効果計測という面であれば、タグマネージャーの設置とか。

作業ベースではあるけど、広告運用だけじゃなくて技術寄りの仕事が多いかな。

あとはパフォーマンスの分析と改善策の提案。 そこが今俺が一番できるようにならなきゃいけない壁だなって思う。

自分のクリエイティビティがハマる瞬間

(山本)できること、できないこと、やらなきゃいけないことが混在している状況だと思うけど、そのなかでやりがいを感じるところは?

(田畑) あ〜。あのね、メディアと開発と、2種類あって。 まずメディアでいくと広告のパフォーマンスを改善するうえで分析をして、効果を伸ばせる要因を特定して、状況を改善できたときが一番楽しい。

例えば、広告の単価を下げたい且つコンバージョンを上げたいって要求を受けたとき、クリック率を上げるのが一番良い策なわけだけど、それに不可欠な広告文を考えるのって 問題原因解決っていう当たり前のプロセスだけじゃなく「ユーザーは何を欲しているの」っていう、ちょっと踏み入ったクリエイティブな仕事になるじゃない。それがハマったときがすごく楽しい。

一方で開発は、全部楽しい(笑) 自分がやらせてもらっている開発の仕事は、システムに対してクリティカルな作業ではないし雑務寄りのものが多いのは理解しているけど、それでも勉強になるからね。 勉強になることが凄く多い。全部楽しいよ(笑)

コミュニケーションのテンポ早すぎ!?

(山本)会社の雰囲気に対してどういった魅力を感じる?

(田畑)いっぱいあるな〜。 そうだな、一番のポイントとしては、コミュニケーションの量に無駄がないところ。そこが凄く好き。 何か報告を上げるときにきちんとした型に則って伝えたりだとか、日々の雑談にも無駄がないなって思う。 いままで色々な職場で働いたけど、こんなに無駄がなく、且つスムーズなコミュニケーションができる環境は今までなかったから。 フェズに入った当初はコミュニケーションがテンポ良く進みすぎて、「え、どういうこと?」ってなっていたけれど(笑)、おかげさまで今ではついていけるようになった。

休学しなければ得られなかった視点

(山本)フェズに入って「水道とガスを引く」最初の仕事から(笑)、この1年間を通して自分のどこが成長したと感じる?

(田畑)一番大きいのは、社会人一年目を経験できたこと。 社会人になってから「学生時代もっとこんなことしたかったな」とか思うことってあるじゃない。 まあこれから大学に戻るわけだけど、学生に戻って勉強しますってなった時、どういった視点で物事を見たら良いのか、どういったスキームがあるのか意識するようになったのが特に大きい。

あとは、色々なことを考えるようになったかな。 大学戻ったらこんな勉強してみたい、っていう分野が増えた。統計学やってみたいな。

(山本)大学生の身分で、社会人を経験できるって凄く良い経験だっただろうね。

(田畑)そうだね。 学生インターンっていう枠組みで大学生と仕事を両立する方法もあるだろうけど、でも俺が休学してやってきたことは「インターン」としてじゃ絶対に経験できないことだなって確信してる。

20代でオンライン市場の開発までできるプレーヤーに。30代では…

(山本)復学したら仕事に対するスタンスとかは変わるだろうけど、それでも今、自分がやっていきたいことや夢ってある?

(田畑)最近よくそういうことを考えるんだけど、「サービスを設計からローンチまで一貫してディレクションできる」ようなプレーヤーに20代のうちからなりたい。

サービスを作るとなると、マーケティングと開発の2軸になると俺は思っているんだけど、この会社ではマーケティングを色々な大人から学んだ。青野さん、伊丹さん、南さんとか。マーケティングをこの会社でもっと学びたいなって思う。 ただ開発のほうも自分でできるようになりたい。昔からモノ作りが好きでロボットとか作っていたから、やっぱりその分野が好きなんだよね。

将来はオンラインの市場で、サービスの設計から開発までディレクションできる「マネージャーに近いプレーヤー」に20代でなりたい。30代ではマネージャーとしてそこで意思決定を下せる人間になりたいな。

(山本)人生設計がすごくしっかりしてるんだね。

(田畑)うん、ふわっとしてはいるけれど、なりたい像としてはそれかな。

(山本)同い年なのに考えてることのレベルが違う…。 見習わなきゃって思うな。

(田畑)でも考えすぎると迷走するよ(笑) 考えすぎて、泥沼にはまりそうになるけど、そういうときは「よし、考えるのやめよう!」って。 でもやっぱり”本当にやりたいこと”っていうのはどんな状況でも変わらないんだよね。

(山本)たばちゃん、ありがとう!

*******インタビュー後記*********

たばちゃんがフェズに入った理由を聞いたとき「まさかそんな理由で!」というのが率直な感想でした(いつもフェズにいてバリバリ働いているイメージだったので)

また、こんなに具体的な夢や目標を持っている同世代はいるのか!?!?というくらい具体的な夢を持っていたたばちゃん、本当に尊敬です。 自分自身、漠然とした目標しか持っていないため、これから具体的に考えていかなければと少し焦りが出てきました…笑

焦りすぎもよくないので、自分のペースに合わせながら 早い段階で明確な目標を私も持てたらな、と思います! (山本美穂)

【山本自己紹介】 インターン生の山本美穂です! 中央大学杉並高校を卒業し、現在は中央大学商学部で経営学や経営戦略を学んでいます

中学ではバスケ、高校では陸上(400m)をしていたためスポーツが好きです 基本的に見るより動く方が多いですが、野球観戦とかも好きなのでたまに見に行きます

株式会社フェズでは、2017年5月からインターンをしています。 なので入って1ヶ月くらい経ったということですね(笑) 毎日頭フル回転になっていますが、すごく楽しい会社なのでこれからも頑張ります!

【田畑自己紹介】 田畑 颯 早稲田大学商学部 2年(現在休学中)

2016年6月より株式会社フェズにインターンとして参画。

主に検索広告の運用と社内業務システム開発を担当している。

好きなものはプログラミングの勉強・漫画・Youtube視聴。

※記事作成者コメント※ 自己紹介文って性格出て面白いですね。 最後までお読み頂きありがとうございました! (梅村)

株式会社フェズでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
9 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
9 いいね!

社会人一年目

圧倒的に成長したい若手の人へ

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon