1
/
5

【社員インタビュー】1万人企業の営業マンが、たった20人のスタートアップに転職したワケとは。

初めまして!

株式会社FinTで採用・広報を担当している山口あさ美です。
会社ではあさみんと呼ばれています。現在早稲田の大学1年生です!

そんな私が、これから内に秘められた(?)FinTの魅力を発信できるように社内の人々にインタビューをして参ります。
今回はその記念すべき第1弾。取材したお相手は社員の深津弘至さん。10月に社員としてジョインして以降、「アカウントコンサルタント」という役職につき、新規案件営業と受注後のクライアントさんとの顧客窓口を担当しています。

さてさて、早速話を聞いてみるとしましょう。

みんなが「前向き」な組織が良かった。



ーーー深津さん、まずは前職についてお聞きします。仕事内容や当時考えていたことを教えてください!

私は大学を卒業後、新卒で小さな町工場に向けて工作機械を販売する企業に入社しました。勤務地は愛知県。会社単体で10000人の社員をもつ、いわゆる"大企業"でしたね。

その会社も結構自分がやりたいことを実現させてくれる企業だったと思います。最初は展示会のイベント企画をしていましたが、自分の意向で2年目から営業を担当させてもらえました。


しかし、働いているうちに「自分はこれで良いのか?」と疑問をもつようになりました。もっと、チーム全体が同じ方向を目指して進んでいく会社が良いと思っていたのです。
また自分は東京で働きたいという夢もありました。そこで東京で転職活動をしてみよう!と決意しました。


ーーーかなり大きな決断ですよね。不安などはなかったですか?

もちろん少しはありましたが、自分のキャリアを長期的視点で考えた時に、20代の今のうちに自分が主体となって死ぬほど働いて、自分の力で会社を大きくしていく経験ってのが重要だと思ったんです。前職の企業は福利厚生面など充実していましたが、スタートアップにそれを求めても仕方ありません。そういう条件面の短期的リスクよりも、長期的に考えたメリットを取りました。


ーーーなるほど!FinTを選んだ決め手は?

2つあります。
1つ目は業種です。高校生の時からSNSが好きだったので、自分の好きなことを仕事にできることの魅力を感じました。特にInstagramで業種を問わず色々な企業をサポートできることにワクワクしました。

2つ目はFinTの規模感です。スタートアップの中でも大規模な会社も視野に入れて面接を受けたりしました。しかし小規模な会社でごちゃごちゃしているものに、これから自分が礎を築いていける方がやりがいがありそうだなと考えました。


ーーーでは、FinTについて教えてください!お仕事や社内環境はいかがですか?

仕事は総じて「楽しい」です!!
アカウントコンサルタントとして、企業の問題発見を行い、Instagramを利用した打開策を提案して実際に実行までサポートします。今までよりもSNSを運用している人の気持ちを考えるようになりました。
また、インスタに関しても日々勉強中です。最初は全然詳しくなかったのですが、好きな気持ちがあればたくさん勉強できる機会がたくさんあります。

会社内の環境は若者がパワーを持って前に向かって頑張っている!というイメージ。
年下なのに起業を目指していたりといろんな目標をもって働いていて、自分も負けてられないとお尻を叩かれている毎日です!彼らから学ぶことも多いんです。

社内のみんなで日帰り箱根旅行に行ったり、楽しいイベントも豊富です。

箱根での写真


ーーーCEOの大槻祐依についての印象はどうですか?

ゆいさんは自分よりも年下で、入社前は正直おてんば娘っぽいなと思っていました。
ですが、入ってみたらイメージは一転。強い意志を持って自分の事業に向き合っている姿が印象的です。ゆいさんは社長として私たちを最大限に頼り、自由にやらせてくれます。その中で壁にぶつかったら助け舟を出してくれる。そんなゆいさんがいるからこそ、FinTが明るくいられるのだと思っています。


ーーー本当に同感です!次に、社会人経験者としてFinTに還元していることと、FinTで学んだことを教えてください。

まず、還元できていることは、社会人との人間関係の構築の仕方、人に尽くす態度だと思ってます。
逆に学んだことは、何事にも泥臭くやりきる根性ですね。そして「はみ出す力」も身につきました。分業体制が整っていないスタートアップだからこそ、養うことができています。とはいえまだまだ学び途中なのでこれから得られるものって何なんだろうと思うと楽しみです!


まずは自分の「市場価値」を考えて欲しい。


ーーーありがとうございます。では最後に、FinTでの今後の目標と転職を考えている人にメッセージをお願いします!

短期的な目標はまず単純に営業の新規案件を増やすこと。これはもちろんですが、組織が若いからこそ若者の教育にも力を入れたいですね。

また、将来のことは正直今に熱中しすぎていてあまり考えていないです(笑)
ですが、漠然と進行中の新規事業にも携わりながら、たくさんの企業様にInstagramの価値提供を行い、会社をもっともっと大きくしていきたいと思っています!!


転職を考えている皆さんには、まず自分の市場価値について意識して欲しいです。今の環境で、少しでも自分の成長角度などに問題意識を抱いたら前向きに検討した方が良いと思います。

そして、少しでもFinTの事業やInstagramに興味のある方はぜひお茶しましょう!


FinTでは下記ポジションを募集しております!

<アカウントコンサルタント>


<ディレクター>

成長志向のあなたへ
ターゲットはインスタ女子?!急成長中のスタートアップにてディレクター募集!
FinTは成長規模1兆円市場であるSNSマーケティング領域において 自社メディア、マーケティング事業ともに急成長を遂げているベンチャー企業です。 特にInstagramやTikTokなどのクリエイティブを活用したSNSマーケティングに於いて、国内トップレベルの評価を頂いており、自社メディアは現在フォロワー数80万人を突破、SNSマーケティングは累計100社以上の支援実績を持っており、急成長を遂げています。独自の運用メソッドから企業様からのご依頼も多数増え、市場の需要に適した事業を展開しております。昨年の10月には、ニューノーマル時代のSNSとの向き合い方- 「これからはじめるSNS運用の教科書」と題して、Meta社や大手企業の公式SNSを運用する有識者12名と共にSNSマーケティング業界を牽引する大型イベントも主催いたしました。(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000044523.html) 代表CEOの大槻はTBS系列「羽鳥慎一のモーニングショー」でのSNS専門家としてのコメンテーター出演や、日経ビジネスXでの「Zの肖像」の連載など、SNSマーケティング、Z世代マーケティングの専門家として国内トップの評価を受けています。また、早稲田大学起業家養成講座の登壇やNewaPicks内の番組「OFFRECO」や「THE UPADATE」への出演などで注目を集めており、20代女性起業家として更なる活躍を期待されています。 ■メディア掲載実績(一部抜粋) ・TBS系列「news23」 バズる動画の“コツ”伝授 Z世代を獲得せよ 企業の戦略とは? ・TBS系列「羽鳥慎一のモーニングショー」 ・テレビ朝日系列「Fresh faces」 Fresh Faces 〜アタラシイヒト〜 https://www.youtube.com/watch?v=E3jmzVvysAs ・Newspicks 「OFFRECO」 https://www.youtube.com/watch?v=aJnSLzBOR8s ・Newspicks 「THE UPDATE」 https://www.youtube.com/watch?v=-woLxOPMx_A&amp;amp;t=305s ・日経ビジネスX 連載 「Zの肖像」 https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00382/102700001/ ・日経クロストレンド 2021年度人気記事ランキングにて弊社寄稿記事が1位を獲得 https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00559/00005/ ■事業内容 ◆ ライフスタイルメディア「Sucle」 姉妹アカウント含めフォロワー数80万人を突破した女性向けメディア「Sucle」は、『今日のわたし、愛しいわたし』をコンセプトに、最新の「かわいい」を発信することで、自分に合ったものを見つけて一歩踏み出すきっかけを作り続けています。 Instagram : https://www.instagram.com/sucle_/ 媒体資料 :https://drive.google.com/file/d/1aVpwpik9mUilG6duZ2D8bOjN4kHJqWDu/view ◆ SNSマーケティング事業 累計取引150社を超えたSNSマーケティング事業は、メディア事業のSucleで培った知見をもとに、ToB向けにInstagramを中心としたマーケティングの課題解決を支援しています。 適切な戦略設計を元にしたSNSアカウントの運用はもちろん、それぞれに適したインフルエンサー施策やタイアップ広告のご提案など、パーチャスファネル上の認知から購買までそれぞれに対するプランを展開しております。 会社HP : https://fint.co.jp/ 会社紹介資料: https://www.slideshare.net/FinT1/fint-247469853
株式会社FinT



上記したポジション以外にも多数ポジションを準備しております。<オープンポジション>もございますので、お気軽に話を聞きに来てください!


社会人向け・オープンポジション
オープンポジション!市場規模1兆円のSNSマーケ事業を盛り上げたい人募集!
FinTは成長規模1兆円市場であるSNSマーケティング領域において 自社メディア、マーケティング事業ともに急成長を遂げているベンチャー企業です。 特にInstagramやTikTokなどのクリエイティブを活用したSNSマーケティングに於いて、国内トップレベルの評価を頂いており、自社メディアは現在フォロワー数80万人を突破、SNSマーケティングは累計100社以上の支援実績を持っており、急成長を遂げています。独自の運用メソッドから企業様からのご依頼も多数増え、市場の需要に適した事業を展開しております。昨年の10月には、ニューノーマル時代のSNSとの向き合い方- 「これからはじめるSNS運用の教科書」と題して、Meta社や大手企業の公式SNSを運用する有識者12名と共にSNSマーケティング業界を牽引する大型イベントも主催いたしました。(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000044523.html) 代表CEOの大槻はTBS系列「羽鳥慎一のモーニングショー」でのSNS専門家としてのコメンテーター出演や、日経ビジネスXでの「Zの肖像」の連載など、SNSマーケティング、Z世代マーケティングの専門家として国内トップの評価を受けています。また、早稲田大学起業家養成講座の登壇やNewaPicks内の番組「OFFRECO」や「THE UPADATE」への出演などで注目を集めており、20代女性起業家として更なる活躍を期待されています。 ■メディア掲載実績(一部抜粋) ・TBS系列「news23」 バズる動画の“コツ”伝授 Z世代を獲得せよ 企業の戦略とは? ・TBS系列「羽鳥慎一のモーニングショー」 ・テレビ朝日系列「Fresh faces」 Fresh Faces 〜アタラシイヒト〜 https://www.youtube.com/watch?v=E3jmzVvysAs ・Newspicks 「OFFRECO」 https://www.youtube.com/watch?v=aJnSLzBOR8s ・Newspicks 「THE UPDATE」 https://www.youtube.com/watch?v=-woLxOPMx_A&amp;amp;t=305s ・日経ビジネスX 連載 「Zの肖像」 https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00382/102700001/ ・日経クロストレンド 2021年度人気記事ランキングにて弊社寄稿記事が1位を獲得 https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00559/00005/ ■事業内容 ◆ ライフスタイルメディア「Sucle」 姉妹アカウント含めフォロワー数80万人を突破した女性向けメディア「Sucle」は、『今日のわたし、愛しいわたし』をコンセプトに、最新の「かわいい」を発信することで、自分に合ったものを見つけて一歩踏み出すきっかけを作り続けています。 Instagram : https://www.instagram.com/sucle_/ 媒体資料 :https://drive.google.com/file/d/1aVpwpik9mUilG6duZ2D8bOjN4kHJqWDu/view ◆ SNSマーケティング事業 累計取引150社を超えたSNSマーケティング事業は、メディア事業のSucleで培った知見をもとに、ToB向けにInstagramを中心としたマーケティングの課題解決を支援しています。 適切な戦略設計を元にしたSNSアカウントの運用はもちろん、それぞれに適したインフルエンサー施策やタイアップ広告のご提案など、パーチャスファネル上の認知から購買までそれぞれに対するプランを展開しております。 会社HP : https://fint.co.jp/ 会社紹介資料: https://www.slideshare.net/FinT1/fint-247469853
株式会社FinT
株式会社FinTでは一緒に働く仲間を募集しています
株式会社FinT からのお誘い
この話題について、
話しませんか?
気軽な情報交換や相互理解に活用できます
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社FinTからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?