人生で一番うまかった酒の話をする

freee 株式会社に入る前

新卒は大手電機メーカーのIT子会社に就職。 親会社で使用する会計システム(SAP)の開発に携わり、バックオフィス業務×ITを知る。

その後データサイエンスの道へ進みたいと決め、DeNAに転職。 ソーシャルゲームの分析を通じて分析の面白さに目覚める。

ゲーム以外の分析をしたくなり、2014年3月にfreeeに転職。 分析チーム・グロースチームの立ち上げなどを経て、 現在はプロダクトマネージャーとして活躍。

現在

2015年の春に、「会社設立freee」というプロダクトをリリースしました。 会社設立freeeは、「知識がなくても質問に答えるだけで、会社設立に必要な書類が自動で作成される」というプロダクトです。 正直にいって、自分の人生で一番思い入れのあるプロダクトです。

そのプロジェクトは、「神ドキュメント」を書くことから始まりました。 神ドキュメントには、  ・なぜこのプロダクトを作るのか  ・このプロダクトのコンセプトは何か  ・作る機能は何か/削る機能は何か など、プロダクトの核となる考え方を明確に記載しました。 そのドキュメントを引っさげて、社内でトップクラスのエンジニア、ビジネス開発、デザイナーを口説きまわりました。

それからの3ヶ月、4人で毎日あーだーこーだいう日々でした。 全員で法律の読みあわせをしたり、望んだ会社と事業提携組めて喜んだり。 2週間のスプリントごとに感じる手応えがある一方、ユーザーテストでは酷評をもらい、葬式のようなミーティングをしたり。 今となってはいい思い出ですが、当時はすごく熱量のある日々を送っていました。

そしてリリース。 https://www.freee.co.jp/news/launch-4184.html その日のうちに、Twitterのトレンドに入るわ、はてなブックマーク1,000以上つくわ、爆発的にサインアップがあるわ。 自分たちが作ってきたものが、世の中に受け入れられた瞬間でした。 その頃のスクリーンショットは密かに宝物としています(笑)

その日は夕方からチームメンバーでなじみの寿司屋に行き、本当に旨い酒を飲みました。 喜び、達成感などの感情もありましたが、なにより「ユーザーに価値のあるものと信じて作ったプロダクトが、実際に価値があると受け入れられた」という感覚が爆発しました。 この日の酒の味は一生忘れることはない、いや、忘れたくない味です。

ありがとう。

freee 株式会社's job postings
Anonymous
Eb9ccdd5 ed71 4c5e 8ff4 f2b524d87011
B35d1dce a86f 405a a930 f504f7028b6d?1510021666
Bddcbeed 7981 4904 9ec4 d5c804bd1b5f?1539618736
01069e1f 188e 4860 aa31 1032540cde92?1522245190
02a00fa7 b141 4d4e 96bf bc9c36fc5a54?1505447790
10 Likes
Anonymous
Eb9ccdd5 ed71 4c5e 8ff4 f2b524d87011
B35d1dce a86f 405a a930 f504f7028b6d?1510021666
Bddcbeed 7981 4904 9ec4 d5c804bd1b5f?1539618736
01069e1f 188e 4860 aa31 1032540cde92?1522245190
02a00fa7 b141 4d4e 96bf bc9c36fc5a54?1505447790
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon