freeeなチビっこたちが会社に大集結!freeeファミリーデー!!

こんにちは、カルチャー推進チームのローラです!
今回紹介するのは、ファミリーデーです\(^▽^)/

ファミリーデーってなんですか?

freeeメンバーの平均年齢は31歳。育児世代に入ってきています。freeeは設立当初から育児支援の職場理解・雰囲気づくりの両輪で取り組み、その取り組み全体を「つばめっ子クラブ」と呼んでいます。

ファミリーデーは「つばめっ子クラブ」の目玉企画の1つです。

freeeメンバーが溢れる平日とは異なり、当日はfreeeメンバーの家族が「asobiba(アソビバ)」という社内のオープンスペースに集まって楽しく過ごす会です!文字通り子供たちの『遊び場』となります。もちろん雇用形態関係なく、誰でも参加できます。


なんでファミリーデーを行うようになったの?

一緒に育児を頑張ってくれているパートナーに、子育てから離れてリラックスしてもらえる時間をプレゼントするためにfreeeメンバー発案で生まれました。現在では、家族揃ってみんなで楽しく過ごすメンバーも多いです!また、freeeメンバーの家族が職場の様子を見る機会にもなります。実際に見てもらうことで安心感が生まれたり、メンバーの家族にもfreeeという職場を知ってもらうことができます。

ファミリーデーって、どんな感じ?

毎回、様々なアクティビティを用意しています。

▼前回は、ボールプールを用意したり、キャンディネックレスの作成コーナーを設けたりしました!


▼こちらは、たこ焼き器にホットケーキミックスを入れてベビーカステラを作っている様子です


また、キッズサイズのfreeeロゴのTシャツも用意しました。
freeeではメンバーにfreeeTシャツを無料提供していますが、ファミリーデーに参加すると親子でお揃いのTシャツをGETできます!


生後半年くらいから身長140センチくらいまでのTシャツとロンパース!
カラーバリエーションも豊富です。

また、前回のファミリーデーは12月でしたので、クリスマス企画も用意!!!

クリスマスといえば……


サンタさん!🎅


目の前でサンタさんを見て、子供たちは大興奮!!もちろんプレゼントもたくさん配りました!

最後に、クリスマスケーキの飾りつけをしました🍰✨

freeeの価値基準の一つに「理想ドリブン」があります。


「これを企画したサンタ・・・ではなく、ICX(社内コミュニケーション開発)関口も、ケーキのデコレーションなどはやったことがなかったのですが、「子どもたちの発想に任せたら素晴らしいものが出来上がるのではないか」と考えました。

子供たちにとってケーキを作ることは難しく感じるかもしれません。

しかし、そういった場をつくることが子供たちにとって特別な体験(子供たちにとって理想ドリブンとなる場づくり)になるのでは?と関口は語ります。


実際にやってみることで、試行錯誤してやり抜き、「自分で作れた!」という達成感を味わえる場をつくることができたように思います。


ファミリーデーは過去2年で、4回行いました。
毎回参加するメンバーの子供たちの成長が見ることができます。また家族同士の交流も増え、仕事とは違う面での大人同士のコミュニケーションも取れます。ファミリーデーの終わりにみんな笑顔で帰っていく姿を見ると、やはりこの企画をやってよかったと思いました。


つばめっこクラブでは、これからも色んな楽しいイベントを企画しています!

進化をお楽しみに!

freee 株式会社's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more