WEBデザイナーの道を歩み始めた大学4年生。彼女を変えたのは・・?

FREE WEB HOPEでは、定期的にWEBデザイン未経験者も大歓迎の、インターンシップ(以下、インターン)を開催しています!3ヶ月の長いインターンを卒業して、他のデザイン会社に就職が決まる方もいれば、FREE WEB HOPEでWEBデザイナーとして活躍する方もいます!

6月から第5期のWEBデザインインターンを開講いたします!それに先立ちまして、これまでのインターン卒業生にインタビューをして、よりリアルなインターンの様子をお伝えしようと思います!

今回は、インターン卒業後弊社で働き始めた榊(さかき)さんです^^

【インターン卒業生の紹介】

榊 はるかさん(22歳)
第4期インターン参加後、FREE WEB HOPEのデザインアシスタントとしてアルバイト中(週2ほど)。出勤日や時間は、大学の授業などを優先させて、まとまった時間の取れるときにしています。
※榊さん、写真左下。
写真:デザインチームでクライアント案件のミーティングを行う様子(真剣!)


【インタビュー内容】

◆デザインインターンに参加するきっかけは?

デザインと関係ない一般の4年制大学(社会学科)に通っているのですが、もともと写真を撮ったり絵を描いたりするのが好きだったので、「デザインの道に進んでみたいな」と思い始めていました。

大学3年生5月に、独学でHTMLなどを学び、国家資格のウェブデザイン技能検定を取得しました。それをきっかけに、本格的にデザイナーになる道に進みたいという気持ちが強くなりました。でも、何から手を着けてよいのかわからなかったです。

【未経験で、デザイン学校にも通っていない人向けのインターン】がないかなとWantedlyを使って探しているところに、このFREE WEB HOPEのデザインインターンを見つけて応募しました!

◆FREE WEB HOPEのインターンに参加しようと決めた決め手は?

正直、未経験者向けのインターンはこれしかありませんでした笑

実際にインターンの説明会のときに、「商品を売るためのデザイン、ユーザーが買いたいと思うようなデザインをする」という「マーケティングの視点を持ってデザインしている」ことを聞き、今まで【なんのためにデザインするのか漠然としていた】けれども、はっきりと目的を見つけることができて(楽しそう!やってみたい!)という気持ちになり、参加への気持ちが高まりました。

◆FREE WEB HOPEやデザインチームの印象

新しいことを常にやっていこう!という姿勢がとても強いな~と感じました。

堅苦しい感じはなく、自由だなと思います!

◆実際のインターンの内容

私のときは、インターン生6人でスタートしました。私のようにデザインとは関係ない学校に通う人もいれば、ECサイト制作のアルバイトをしている人、デザイナーへ転職活動している人などもいて、多種多様な仲間でした!

インターン内容は、週に1つ課題が出て、各自で取り組むかんじでした。

週に2回(火金)でオンライン(Zoomを使用してのやりとり)の添削があり、フィードバックをもらって更に制作物をブラッシュアップさせることを繰り返しました。

はじめは、フィードバックの量も多くて1時間くらいかかりました(結構たくさんもらうので、くじけることもありました笑)が、ブラッシュアップすればするほど上達していることが実感できたので、やりがいはありました!フィードバックの時間も30分くらいになっていきました。

最初はLPのトレースから始まって、バナー作成・キービジュアルの作成・最後はLP1本を仕上げるというようにだんだんレベルアップしていく課題内容でした。

オンライン添削は、インターン生の都合の合う候補日を基準に設定してもらえました。オンラインだけでなく、ミートアップといって月に1度くらいみんなで集まる機会があり、一緒にインターンをしている同期やFREE WEB HOPEのデザイナーとも話をしたり質問をしたりする機会もありました!

【実際の制作課題】








◆インターンに参加してよかったこと

「WEBデザイナーを目指せる道に乗れたこと」

参加する前は、どうやってWEBデザイナーになっていけばいいのかわからなかったけれど、基礎から教えてもらい、「単にデザインする」だけでなく「マーケティングの視点を持ってデザインする」ことができるようになりました。

インターン後、こうしてFREE WEB HOPEでアシスタントとして働けるようにもなり、「デザイナーとして生きていける道」を実際に歩めていてうれしいです!

「デザイナーの仲間や知り合いができた」

インターンで出会った仲間や、FREE WEB HOPEのデザインチームなど、デザイナーとしての仲間ができたことがとてもうれしいです。一般の大学に通っているので、インターンに参加していなかったら、なかなかデザインの世界の人たちと出会うことは難しかったと思います。

◆インターンを終えてみて、インターンの改善点はありますか?

課題に取り組む時間にもっと余裕がほしかったなと思います。

私は自分の大学の勉強もあったので、週2回の添削までに「課題の制作」と「フィードバックを踏まえての修正」を行うのは結構大変でした。でも、やればやっただけ上達していくのが実感できたのでがんばれました!笑

◆今、仕事をしていてインターンの内容が生きているな~と思うこと

基本的なことですが、「整列」「文字幅」などはインターン中に注意されたので、今でも意識しています!

色の使い分けも結構詳しくアドバイスをもらい、色がユーザーに与えるイメージも意識すると良いと教わったので、今でもその考え方を大切にして制作に取り組んでいます。

◆第5期、こんな人にインターンに来てほしい!

デザインの専門学校に行っていなくても、「デザイナーになるのを、あきらめたくない!!」っていう人に来てほしいです^^

◆インターン生へのアドバイス

課題は、やればやるだけ上達するので、たくさん添削されて落ち込むときもあるけど、めげずに取り組んでほしいです!わからないことは、常にチャットで聞ける環境なので、たくさん活用してブラッシュアップしていってください!

◆FREE WEB HOPE デザインチームから見た、インターン生の印象

榊さんが参加した第4期のメンバーは、とても意識の高い人たちが多くて、インターン生同士が自ら企画をして「インターン生同士でデザインについてやりとりする場」を設けていたようでした。ああやって自主的に進めていけると、成長率も高いのでとてもよいメンバーだったと思います。

ランディングページをマーケティング目線でつくる、という経験をできる機会はなかなかないと思うので、いい経験なんじゃないかと思います。実際に、榊さんはインターン後にアシスタントとして働いてくれていますが、そういった「マーケティング視点」についてもスムーズに理解できていると思います!!


写真:月1のミートアップミーティングの様子。スクリーンに何も映ってなくても(おそらくハプニングw)、楽しく乗り切ろうと必死なデザイナー2人と、インターン生たち。FREE WEB HOPEは、明るいメンバーばかりなので、気軽に遊びにに来てくださいね♪

株式会社FREE WEB HOPE's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more