10月に新卒内定者が、「就活を再スタート」させる理由と採用担当からのアドバイス

10月1日に、内定式がありました。

そこから2週間が経っていますね。

最近の新卒内定者は、この10月に「就活をもう一度はじめる」傾向にある、という事実を知っていますか?

その理由は大きく3つ。

1,就活期間が長すぎて(早く就活を始めた&早くに内定をもらった)、「ほんとうにこの企業でいいのか?」と不安になる

2,内定式に参加して同期と会い、「この同期は嫌だ」と感じる

3,大企業の秋採用がスタートして、「もっと興味のあるところ」「もっと大きい企業」に行けるかもと可能性を感じる

私が内定者だったときの心境も思い出しながら、かつ現在採用担当として学生を見ている立場であること、そもそも社会人として5年以上経ったという立場から、内定者の皆さんにお伝えできるアドバイスをまとめてみます。


企業名が気になる、ネームブランドへのこだわりがある、のは「内定者」のうちだけ

せっかく入れるなら、やはり名のしれた大企業に入りたいと思う人も多い。「〇〇に内定をもらった」「◎◎に入社する」とビッグネームの会社を言えるのは、気持ちが良いですよね。

でも、それは会社に入るまでの数ヶ月だけです。

実際に入ってしまえば&働き始めれば、ネームバリューはそれほど大したことはないんですよ。

むしろ、その会社でどんなことができているのか、どんなことを任されるようになったのかという「仕事の中身」に視線が移るからです。

大学の友人と同窓会的なことをしても、「会社名」より「どんなことをしているのか」が話題の中心。

・ネームブランドで入社を決めたけど、内定をもらっていたもう一方の企業に行っていれば、自分が希望していた海外勤務がもっと早くから実現できてた・・。

・名前のあまり知られていない企業に入った友人だけど、自分が理想としていたキャリアを自分より明確に進めていて、羨ましい・・。

実際に私のまわりで起こっている事実です。


大切なのは、ネームバリューよりも、「自分が何をしたくて、何を目標にして」入社するのかという部分。ネームバリューに惑わされないで!


あなたをブランディングするのは、所属している会社の名前がすべてではないですよ。もっと大切なのは「何をしているか(仕事の内容)」や「何を達成できるのか」、「やりがいがあるか」です。


もしも内定先に「不安」を感じたら、素直に内定先の人事やOBに相談しよう

企業側も、あなたに来てほしくてあなたに内定を出しました。(もっと別な言い方をすれば、かなりの採用コストをかけてあなたを採用しました。やっとの思いで。)

なので、あなたには入社して、活躍してほしいんです。決して他の企業に行ってほしいとは思っていません。

だから、「実は、◎◎が不安になっているんです」と伝えれば、きちんとコミットしてくれるでしょう。内定を出してから入社までの期間が長ければ長いほど、目移りする時期が長いので、不安になるのは仕方がないことです。

入社までに、自分はなにをすべきなのかをしっかり計画を立てて学生生活を過ごして、自分の決意がブレないようにするのも一つの手ですね。(私が最近いいな~と思うのは、内定先の業界と同じ企業のインターンをして入社前に基礎知識をつけること。はたまた、全然ちがう業界の企業でインターンをして、自分の人生経験を積むこと、です。今しかできないこと、ですよね!)

一方で私は、不安になった末に、「ほかの会社を見ていること(選考を進めてみること)」も、全然悪いことだとは思いません。

「より自分の人生の目的に合うことができそうな企業」があるならば、その企業の選考に臨むことも良いと思います。


ひとつ、間違えないでほしいのは先述したように「ネームブランド」だけで選ぶことだけはしないほうがよいです。


同期の存在は、今後思っている以上に大きくなるということ

企業で務めるにあたり、同期の大切さはほんとうに大きいです。

若手の頃は、やはり不安も多いし、わからないことも多いし、落ち込むことや悩むことも多いです。それを同じレベルで共有できるというのは、本当に心強いのです。入社十何年経っても、同期のつながりは大きいと聞きます。仕事も頼みやすいですし、他部署のリアルな情報がつかめるのも大切です。

だから、内定先の同期と会ったときにあまりにも自分と合わない人が多かったら、内定先を再検討するのもアリだと思いますよ!

実際に私も、内定をいただいたうちの一つの企業は、内定者懇親会に参加して、「この同期たちは自分には合わないぞ!」と直感を得て、内定を辞退したことがありました。実際に入社した企業の同期は、第一印象で「この同期、好き!これなら私も一緒にがんばっていける!」と思いました。

入社して3年後、私が転職して違う企業に行っても、同期とはかわらず連絡がとりあえる、人生において大切な存在になっています。


採用担当者としてのアドバイス

最近は、秋冬のインターンシップも多く開催されています。
もし今の内定先に入社することに不安を感じたら、

1,何に対して不安があるのか、を明確にしてから

2,それが、他の企業に入社することで改善される可能性が見えたならば、インターンや説明会などに参加をして確かめてみる(自分の生涯の目標を達成するための、企業としてより適しているのか)
→決して、ネット上の情報だけで判断しないで。いくら先輩社員の経験談が書いてあっても、人生100人いれば100通り。自分の目と直感で確かめてくださいね。

3,人事に相談して、人事面談してもらったりOB社員や若手社員を紹介してもらい、話をしてみる


内定先以外の会社を見てみて、「やっぱり内定先の企業が自分にあっているんだ!」と再確認できる可能性もあるので、入社ギリギリの最後まで動き(就活を)続けて良いと思います!人生一番後悔するのは、「あのとき行動すればできたのに、しなかった」という事実ではないでしょうか。


人生、おそすぎることはありません。


まだ学生なんですから!まだ入社前なんですから!

自分の気持ちに正直に向き合って、とことん納得できるまで動いてみることを私は応援します!


※最後に

内定先に入社した、それで終わりではありません。その後も社内での部署異動もありますし、転職という選択もあります。人生、先のことは誰にもわからないですよね、だから悩むんですよね。

だからこそ!今、新卒の今だから出来ることに精一杯チャレンジしてほしいです!

株式会社FREE WEB HOPE's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings