Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

フレセッツではビットコイン取引所等に提供するための安全なウォレットサービスを提供するべく開発を進めています。 ただし、ウォレットの開発は第一フェーズにすぎません。 将来的にはビットコインそのものの研究・開発、たとえば仮想通貨の送金をより早く便利にする「ライトニング・ネットワーク」のようなセカンドレイヤー技術を世界の技術者たちと協力しながら積極的に行うことで、革新的なアイデアを形にしていきます。

なぜやるのか

ビットコインのウォレット管理はビジネスにおいても個人の仮想通貨利用においても非常に重要な役割を担っています。 ビットコインの取引所がハッカーによって攻撃され、ビットコインが盗まれてしまった、というニュースを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 このハッキングから仮想通貨を守るためには「コールドウォレット」と呼ばれるインターネットから切り離す安全性の最も高い保管方法を使いながらも、ネットに接続した状態で 便利に使いたいユーザーにとっての利便性を犠牲にしないウォレットが理想的です。 技術的にこれを実現するには高い技術力と暗号通貨の知識が必要となる上、日本には技術者が非常に少ないのが現状ですが、少数精鋭のエキスパートたちが集まるチームを組み、このジレンマを解決する仕組みの開発に取り組んでいます。 仮想通貨のウォレットは今後社会でビットコインなどが広まっていく上で非常に重要なツールです。 暗号通貨の専門的な知識を持っていなくても、安心してビットコインの保管と利用ができる、そんな未来を一緒に作っていける仲間を募集しています。

どうやっているのか

弊社CEOの日向はビットコイン黎明期のころから暗号通貨テクノロジーの研究や開発に積極的に取り組んできた先駆者のひとりです。 彼を中心とした少数精鋭の開発チームで暗号通貨テクノロジーの発展をリードします。 【ビットコインに関する活動実績】 ・CoinTipの開発 ・ソビット(Sobit)の開発 ・初心者向けビットコイン勉強会 ・技術者向けビットコイン勉強会 ・株式会社オウケイウェイヴ様に対し技術教育プログラム「ブロックチェーン大学校」 のカリキュラムを実施 ・情報処理2016年12月号 (情報処理学会の学会誌)に技術解説記事「ビットコイン改善提案  最前線/マークル化抽象構文木」

Page top icon