1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

【事業者向けウォレット「EWM」】 フレセッツ株式会社は、最高水準のセキュリティ技術による事業者向け暗号資産ウォレットを開発・提供しています。 近年、多くの暗号資産(仮想通貨)取引所がサイバー攻撃を受け、資産の盗難などの被害を受けています。 これらの少なからぬケースでウォレットの管理・運用における脆弱性が攻撃の対象となっています。 フレセッツは、利便性の高いホットウォレットとセキュアなコールドウォレットをマルチシグで複合利用でき、大規模事業者によるスケールとセキュリティ要件の両方を満たすソリューションを開発し、EWM(※)の業界標準として確立しています。 ※Fressets EWMシステム®️とは 主に暗号資産取引所を始めとする大規模な事業者が、セキュリティを犠牲にすることなく数十万もの暗号資産ウォレットを生成し管理することを可能とするエンタープライズ・ウォレット・マネジメント(Enterprise Wallet Management )システムです。 ■完全オフラインでのマルチシグ対応 特にコールドウォレットでの完全オフラインでのマルチシグ対応、さらに金融機関でも使われるHSMをいち早く導入するなど、国内最先端のソリューションを提供しています。 【教育・研究開発事業】 暗号資産取引所、マイニングプール、ウォレット、その他Webサービスなどの豊富な開発運営経験を生かし、専門家を養成する教育プログラムを確立し、プログラム修了者を認定する教育事業を展開しています。 さらに、暗号資産、ブロックチェーンの最先端技術の研究開発を行い、暗号資産の枠組みを超えた新たな応用分野におけるコンサルティング・システム開発も行っています。

なぜやるのか

「Frectionless Assets」=「摩擦のない資産」 を社名の由来とするフレセッツ(Fressets)では、あらゆるアセットがデジタル化され、暗号鍵に結びつくようになる時代を見据え、デジタル資産を瞬時に摩擦なく移動できるインフラを構築することを使命としています。 暗号資産・ブロックチェーンに関する最先端技術の研究開発を行い、金融をはじめとする世界の新しい社会インフラを牽引する世界のリーディングエンジニアリング企業を目指しています。

どうやっているのか

弊社CEOの日向はビットコイン黎明期のころから暗号資産テクノロジーの研究や開発に積極的に取り組んできた先駆者のひとりです。 彼を中心とした少数精鋭の開発チームで暗号通貨テクノロジーの発展をリードします。 【ビットコインに関する活動実績】 ・CoinTipの開発 ・ソビット(Sobit)の開発 ・初心者向けビットコイン勉強会 ・技術者向けビットコイン勉強会 ・株式会社オウケイウェイヴ様に対し技術教育プログラム「ブロックチェーン大学校」 のカリキュラムを実施 ・情報処理2016年12月号 (情報処理学会の学会誌)に技術解説記事「ビットコイン改善提案  最前線/マークル化抽象構文木」