失敗してもプラマイ0、全員がチャレンジしている組織を作りたい。

前職は何をしていて何を求めてFringe81に入社したか

出版社をクライアントとして主に新聞広告を売る営業をしていました。クライアントの多くが自社と古くから関係を持っていただいていた会社で、その歴史の中でいかに現場担当として着実に仕事ができるかが求められていたと思います。

ただ私としては、経営視点、事業視点で物事を考えられるビジネスマンになりたかった。なぜそういう視点を得たかったかというと、自分で何かを動かして社会に影響を与える主体になりたかったからだと思います。ベンチャーなら創業者とビジネスを育ててきた人たちと近くで働けて、そういう視点を自分に植え付けられると思いました。 特に真摯に市場と向き合うベンチャーであれば、既得権益とか関係なく、自分たちの力次第で良くも悪くもいかようにもなると思いました。そのようなニュートラルな環境で勝負したかったのです。

今の仕事と、自分自身キャリアでの一番のチャレンジは何か

クライアントと自社プロダクトの成長の両方を実現していく事業のマネジメントをしています。企業の成長をWebマーケティングという一面から促すために、運用型広告の領域を中心としたコンサルティングと運用の実行を行っております。 運用型広告の中には自社プロダクトも含まれますが、業務の中で蓄積した知見・クライアントからのフィードバックをWebマーケティング全体の視点から自社のプロダクトサイドに伝えてよりよいプロダクトにしていくというサイクルを、担当している事業が担っております。外部・内部の環境を踏まえて、どの業種のどういうクライアントに何をどう売っていくかという戦略を考えつつ、それらがワークするように組織の課題を抽出して改善策を実行することをやっております。 また、チームや事業のリーダーとなれる人材を創るべく、それぞれにチャレンジをさせサポートするということも今重視しています。 キャリアでの一番のチャレンジ、まさに今です! 権限も大きくなってきたことで、自分の意思をより事業・組織に反映しやすくなって、自分のつくりたい組織を作れる状態になってきています。したがって、組織が成長できているか、人材が育っているか、みんなが良い環境で働けているか、など全て自分の責任でもあるので必然的にチャレンジの度合いも大きくなっていると感じています。 最近、自分がみているチームのビジョンを作りました。 毎日目の前の仕事をしていると、自分たちがどこに向かっているのか分からなくなったり、少なくともその共通認識が持てていない状態で不安に駆られるということが出てくると思います。 Fringe81は会社のビジョンを大切にしている会社ですが、さらにそれをチームのビジョンに落とすことでより自分の仕事と結びつけやすくするという狙いがあります。 チームメンバーで鎌倉オフィスに行き、みんなでどういう組織にしたいか意見を出し合い、社外に対して、社内に対してどういう組織を目指すか、そしてどのような働き方をするか、ということを決めてきました。 このように、一緒に働いているメンバーが同じ思いを持って高みを目指せるようにするためのチャレンジもしています。その他にも新たな武器を作るための投資や、全社体制にも関わる組織をどう作っていくかなど、具体的には言えない部分もありますが、中長期的な視点でどういう事業どういう組織にしていくかを考えて意思決定し続けるというチャレンジをしています。

プレイヤーとマネージャーの違い

管理職だからといってみんながマネジメントができているわけではないし、プレーヤーだからといってマネジメントや組織に関わる仕事ができないわけではないと思います。 なので違いを敢えて言うと、与えられた役割の差でしょうか。会社によるとは思いますが、Fringe81は与えられた役割を超えた行動をいつでもだれでもできるので、 プレーヤーでもマネージャーでもできることはあまり変わらないと思っています。 つまりチャンスはいくらでも転がっている。リーダーシップを発揮してプレーヤーでも全社の課題を見つけて改善策を打っている人もたくさんいる。結局その人がどれだけ視点を上げて行動できるかでその人のやれることの範囲が決まってくると思っています。そして、常に視点をあげることを求められ、視点の高い行動が賞賛される環境こそが、事業を作れる人材を多く生み出せると思っています。

Fringeという組織でのグロースコンサルティングという役割をどの様に考えているか

自分たちの組織をグロースさせることについては、ビジョンの部分で話しましたが、このグロースコンサルティングはクライアント企業の成長を第一に考えるという意味を主に持っています。会社として利益を得るためには、取引先からその利益分以上の価値提供をしていると認識されていなければなりません。その意味で、まずクライアントの事業成長を牽引するためのWebマーケ上でのプロフェッショナルでなくてはなりません。間違った戦略や適切ではないKPIを設定しているクライアントがあれば、責任を持って改善提案を行い その上でとるべき施策を提案していっております。 自社プロダクトはその提案の中に入ってくるレベルのものでないといけないクライアントの事業成長を実現するために自社プロダクトを活用し、その結果や課題をプロダクトにフィードバックしブラッシュアップすることで、よりクライアントの事業成長の機会を生み出すプロダクトにするというサイクルを作ろうとしております。 そしてシステム的な部分のみならず、それをどう活かすかという「人」が担う部分も非常に重要でその品質を高めるために部署を横断した取組みをおこない、結果的にクライアントの事業成長とプロダクトの成長を同時に追求するのがグロースコンサルティングの役割だと考えております。

どの様な組織を創っていきたいか/どの様な人物になりたいと考えているか

全員がチャレンジしている組織を作りたいし、自分もそうありたい。チャレンジと聞くと大変だ、辛いものと思うかもしれませんが、私はそんなにネガティブなものだとは思っていません。失敗してもプラマイ0、成功したら確実にプラスになる。うまくいったら丸儲け。つまりチャレンジしているというのは今よりプラスになるかなどうかなという状態なので、 とても前向きだし、未来志向だし、ワクワクしている状態だと思います。仕事の中でチャレンジしているというのは、ワクワクしながら仕事ができるということなので、一緒に働くメンバーはそうであって欲しい。そして、当然成功した方がよいので、成功してもらうために自分が今まで考えてきたこと経験してきたことを活かして サポートをしていく。時にはサポートをしないというサポートもしつつ、その人とその状況にあったサポートができる人間になりたいと思います。

Fringe81では、クライアントと自社プロダクトの両方を”グロース”したい方を募集しています。

Fringe81株式会社's job postings
Anonymous
9b231bfe 02ee 4a9b b2a7 35f3d2adfec7?1526300243
18765748 10212421373311513 6849945327715713322 n
12347781 1090236931015913 8899309950918957368 n
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
22366443 1522935167791896 4716476176176139475 n
15 Likes
Anonymous
9b231bfe 02ee 4a9b b2a7 35f3d2adfec7?1526300243
18765748 10212421373311513 6849945327715713322 n
12347781 1090236931015913 8899309950918957368 n
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
22366443 1522935167791896 4716476176176139475 n
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon