This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

家出をしてまで入りたかった会社~戦略コンサルやMBA進学をやめてスタートアップを選んだワケ~

大学時代、就職活動を経て、データ×テクノロジーのスタートアップ企業・フロムスクラッチに入社した井上さん。外資系戦略コンサルティングファームから内定が出ていたものの、彼はそれを辞退し、データ・テクノロジーに強みを持つスタートアップ企業を選びました。さらに話を聞いていくと、彼には海外のMBA進学や外資・国内金融機関への進路選択の可能性もあったそうですが、そのような道を選ばずスタートアップの環境に飛び込みました。コンサルやMBAなど、多様な選択がある中で、なぜ彼はフロムスクラッチを選んだのか、本人にお話を伺いました。


【目次】

・紆余曲折の就職活動。彼が下した最後の結論とは

・「データ×テクノロジー」で世界の人智を超えていく

・いきいきとした人であふれる日本の未来へ

紆余曲折の就職活動。彼が下した最後の結論とは

ー井上さんは、ファーストキャリアとしてフロムスクラッチに入社されたそうですね。ただ、井上さんがフロムスクラッチに入社されるまでの経緯には、思わず人が驚くエピソードがあると伺ったのですが・・・

そうですね。結論から言うと、実は外資系戦略コンサルティングファームの内定や、MBA進学の道を捨て、そのうえ家出までしてフロムスクラッチに入社しています。


ー外資系戦略コンサルティングファームの内定辞退、MBA進学の取りやめ、そして家出。1つ1つのエピソードが重いですね。もう少し、お伺いしてもよろしいでしょうか。

実際、そのような状況に至ったのは、僕自身が将来進みたかった進路と、父親が僕に望んでいた進路とが相入れなかったのが原因でした。父は外資系証券会社に勤める、いわゆる”エリート”で「将来は理系なら医者、文系なら弁護士。起業するならMBA取得。ビジネスの世界で活躍するなら、人脈の活かせる大手企業やグローバル企業への就職」という具合に、小さいころからずっと将来進むべきキャリアについていろいろ言われてきました。

そんな父の影響もあり、大学時代の就職活動は、日系大手企業やグローバル企業を中心に見て回りました。その中でも、最も力がつきそうな外資系戦略コンサルティングファームを志望し、無事に内定をいただけたので、そこで就職活動を終えました。しかし、まだ興味ある会社を納得いくまで見ることができていたわけではないので、一度は終えた就職活動を再開させ、いろいろな会社を改めて見るようになりました。そこで出会ったのがフロムスクラッチでした。


ー外資系戦略コンサルティングファームから内定が出て、一度は就職活動を終えたものの再開し、そこからフロムスクラッチに出会われたのですね。

フロムスクラッチに出会ったことで、これまで自分が全く見えていなかったデータやテクノロジーの世界を知ることができました。言葉にすると安っぽくなってしまうのですが、これからの未来をつくっていくテクノロジーの可能性に衝撃を受けました。世界規模でデジタルトランスフォーメーションが加速し、あらゆるものがますますテクノロジーとつながってデータ化される時代に、新しいサービスやプロダクトを創り続けることができる企業は、きっとデータやテクノロジーの可能性を信じ、そして実行した企業なんだろう、と納得したことを今でも覚えています。テクノロジーの可能性に魅了された僕は、そのままフロムスクラッチの選考に進み、何とか内定をいただくことができました。

しかし、そこからが問題でした。フロムスクラッチから内定をもらい、そこに就職する意思があることを父に伝えると、「駆け出しのベンチャーなんて今後どうなるかわからない。経験も得られなければ人脈もあてにならない。ベンチャー企業への就職は認めない」と一蹴されてしまいました。その後も話し合いは平行線を辿りました。あるときには「ベンチャー企業に行ったらお前は裏切り者だ。教育にスポーツに、これまでお前に投資してきたものが意味をなさなくなる」とまで言われました(笑)。いろいろな文脈や背景があったうえでの発言なので、これをそのまま文章に起こしてしまうと印象がとても悪いと思いますが、思い出したのであえて話させていただきました(笑)。

結局、父からの説得もあってフロムスクラッチの内定を辞退することになりました。既に就職活動も後半に差し掛かっており、かつコンサルティングファームの内定も辞退していた身だったので、家族の勧めもあり、元々志望していたMBA進学に舵を切り直し、進学に向けた準備をしていました。


ーまさしく、紆余曲折ですね。その後は、どういった経緯があったのでしょうか。

納得して決めたMBA進学のはずでしたが、やっぱり僕の中で“煮え切らない何か”がずっと残ったままでした。ビッグデータや人工知能といったテクノロジーの可能性に魅了されて、そちらの道を志望したわけですから、当然簡単に気持ちを捨て切ることはできませんでした。極めつけはSNSです。日々、社員の方や同期がフロムスクラッチの資金調達や提携等のニュースリリースを発信していたので、自然と目に入ってきます。それによって僕の気持ちは、知らず知らずのうちに再燃してしまいました。コンサルやMBA取得も魅力的だったのは確かです。しかし、これからの世界を創っていくテクノロジーの可能性に一度魅了されてしまうと、もうそこに抗えなくなっていました。

とは言っても、一度は内定を辞退した会社です。再び「入りたいです」と言っても快諾してくれるとは思いませんでした。もちろん、父親も了解してくれるはずもありません。フロムスクラッチや父親に自分の決意を示すためには、言葉による説得だけでは足りないと思った僕は、これだ!とひらめき、後先のことを考えずに家出をしました。勝手に新居の契約をして、家族にばれないように毎日少しずつ荷物を運び、そして最後は置き手紙をして出ていきました。ドラマの観すぎだったのかもしれません(笑)。自分でも驚くくらい幼稚な行動ですが、それだけの決意を示す必要があったと考えたうえでの決断でした。今思えば、自分でもアホなんじゃないかって思います。実際、フロムスクラッチの人事の方にもアホか!と言われ、驚かれました。


「データ×テクノロジー」で世界の人智を超えていく

ーなるほど、それは確かに驚きですね。そのようにいろいろな過程を経てフロムスクラッチに入社されたとのことですが、井上さんにとって、いったい何が決め手だったのでしょうか。

やはりフロムスクラッチの事業の先進性ですね。フロムスクラッチは、将来世界がテクノロジーで覆われていくということを見据え、自社の強みであるビッグデータや人工知能技術などのテクノロジーによって、世界を本気で変えようとしています。現在の主力プロダクトであるマーケティングプラットフォーム「b→dash」は、マーケティングのビッグデータを一元的に取得・管理して、世界中のビジネスのインフラになる可能性を秘めています。そのような最先端の領域で事業を展開することは、必然的に新しい挑戦を続けることにもつながります。未来を見据えた大きなスケールで勝負している企業の話を聞いてワクワクしないわけがありませんでした。

また、これは僕がコンサルティングファームに就職しなかった理由なのですが、現在、世の中の潮流としてテクノロジーが必須の時代になっていて、テクノロジーカンパニーの買収を進める戦略コンサルティングファームも増えています。そういう世の中の流れがある中で、将来自分のためになる業種ってどこだろうって考えたとき、僕の出した答えはコンサルティングファームではなく、テクノロジーを生み出す会社だと思ったんです。

例えば、もしかしたら近い将来、これまで一流のコンサルタントしかできなかったことを、世界中のあらゆるビジネスデータを機械学習したAIが解決することも考えられます。コンサルタントもテクノロジーに頼らざるを得ない必然性がますます高まってくることは間違いないと感じました。実際に、グローバルに展開しているコンサルティングファームは、ビッグデータの解析などを行うテクノロジーカンパニーを次々に買収しています。将来、いずれテクノロジーが社会で大きな役割を果たすのだとしたら、最初からテクノロジーを扱う事業会社に入社した方がいいのではないかと思ったのです。


いきいきとした人であふれる日本の未来へ

ーありがとうございます。最後に、井上さんの将来のキャリアについてお聞かせください。

将来これになる、という明確な目標はまだありません。ただ、「いきいきとした人でいっぱいの日本」を創り上げていきたいとは思っています。組織全体として熱狂的に世界のテクノロジーを変えていこうとしているフロムスクラッチでの現在の経験は、僕をものすごいスピードで成長させ、その目標へと着実に近づけてくれているように思います。今ならはっきりと、父親に自分のした決断は絶対に間違えではなかったと言い切れる自信があります。小さい頃から何をしても認めてくれなかった父親ですが、「世界のテクノロジーを変革する。その過程で、より良い日本の未来を創り上げる」という、日本全体にまで及ぶ規模のインパクトをもたらすことができたなら、その時は心から僕のことを認めてくれるはずです。ちなみに、今は父と仲良しですよ。

株式会社フロムスクラッチでは、世界最高峰のマーケティングテクノロジーで常識を覆す最後の創業メンバーを募集しています。ご興味のある方はぜひ求人ページをご覧ください!

マーケター・コンサルタント
世界最高峰のマーケティングテクノロジーで常識を覆す最後の創業メンバー募集!
フロムスクラッチは、ビッグデータ×人工知能を主軸に事業を展開するデータテクノロジーカンパニーです。現在は、マーケティングテクノロジー領域におけるソリューションである、マーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発・提供を中心に事業を展開しています。 2017年5月にはBtoB×Saas領域の業界最大規模の32億円の資金調達を実施しました。これまでにも約13億円の資金調達を実施しており、「b→dash」をリリースした2014年10月以降の累計調達総額は約45億円に到達しています。今後は、人工知能の研究開発、海外展開、「b→dash」の機能強化に加え、「ビッグデータの取得・統合」と「人工知能によるデータ活用」の技術を通じ、様々な領域での事業展開を予定しています。 「b→dash」は各種メディアを中心に「マーケティングテクノロジー領域の“破壊的イノベーション”」とも評して頂いています。世界的な経済紙であるForbes JAPANより、2年連続「国内スタートアップ有望株」に選出していただきました。 <参考URL> ❐ Forbes JAPAN 編集部 今後の飛躍に期待! 「スタートアップ有望株」7社 http://forbesjapan.com/articles/detail/14821 ❐ マーケティング基盤「b→dash」提供のフロムスクラッチが32億円の大型調達 http://jp.techcrunch.com/2017/05/16/fromscrach-series-c/
株式会社フロムスクラッチ
株式会社フロムスクラッチでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
41 いいね!
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
41 いいね!

私の就活

私がこれから就活する後輩にどうしても伝えたいこと

今日のランキング

ランキングをみる

Page top icon