第2創業期。会社を強くするために採用したい

2019年4月20日、wantedlyに採用情報を公開した。
父の70歳の誕生日前日だったw。

そして約2週間経過。
令和初日。
決意を新たに。



平成最後・令和元年の2019年は、
我々FUELにとって、サービスローンチをする第2創業期。
昨年末から創業メンバーと多くの話し合いを重ね、
「よしっ、採用しよう」って決めた。

なぜか???
一言で言うと、「会社を強くしたい」から。

改めて、会社を眺めると、色んなところがもう少し。
こんな人がいてくれたらいいな、ばかり。
採用って、そんな風に自分達を改めて客観的に見る機会なんだろう。

2019年~2020年にかけて採用したいポジションは、
・ビジネスサイドと繋ぎ、会社の"やりたい"をカタチにするWebエンジニア
・fintechサービスにふさわしい土台を築くインフラエンジニア
・分かりやすいや使いやすいを届けるUI/UXデザイナー
・カタチにしたものを効果的に拡めるマーケ
・お客様に誠実に応対してくれるカスタマーサクセス
・会社を下支えしてくれるバックオフィス

どんな順番で採用すべきか、は会社経営上もちろんある。
けど、それより、
FUELを好きになってくれて、熱意をもってFUELを拡めてくれる方がいれば、
むしろ順番よりも大切だとも思っている。

ただ、我々FUELはベンチャー企業。
福利厚生、教育カリキュラム、社内インフラ、等・・・、
全て、みんなで、これから創っていく。
与えれた環境でしか成果や満足を得られない方には合わない。
自分達で環境を創る側を楽しめる方にしか合わない。


改めて・・・・・、

FUEL(フエル)は「燃料」という英語。
企業にとって「燃料」とも言える資金が活用されることで事業が創られ、
投資家はそれに投資することで資産が増える(フエル)。
FUELは、その架け橋となるクラウドファンディングのプラットフォーム。

企業には、FUELのシステムを提供し、Webサイトの運営を任せてもらう。
投資家には、FUELのWebサイトで投資資金を使ってもらう。
どちらにとっても、FUELが必要だと感じてもらうサービスにする。
そのために、もっともっと多くのメンバーに集まってもらいたい。


FUELのサービスを知りたいと思ってくれて、
FUELのサービスに可能性を感じてくれて、
FUELのメンバーに興味を持ってくれたら、
会社に遊びに来てください。
ランチでも行きましょう。

FUEL株式会社(旧クラウド・インベストメント株式会社)'s job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more