1
/
5

オンラインセミナー始めました!弊社への転職に興味がある方にもぜひ見て欲しい

先日、弊社への転職に興味があるという採用候補者の方がご参加くださいました。セミナーに参加したことで、弊社開発のSaaS「FULL KAITEN」という製品について良く知ることができたという感想を頂きました!

確かに転職希望者の方が、弊社が発信するお客様向けの情報を生で見られる機会ってそうそうないですよね。
オンラインセミナーでは、採用サイトや面接とは違った目線で弊社を感じて頂けるのかなと思いました。
カジュアル面談や会社説明時では見られない代表瀬川の製品デモや、FULL KAITENは在庫問題にどのように立ち向かうのか?FULL KAITENの効果はいかほどなのか?など、リアルに感じてもらえる機会になると思います!

弊社が開発しているSaaSは『FULL KAITEN』。製品名は「在庫を回転させる」という意味が込められています。世界の在庫問題を解決し、社会問題となっている大量廃棄を減らすためのSaaSです。

コロナ禍で小売業は苦戦を強いられています。誰にも予測不可能だった緊急事態宣言。コロナショックが産んだ不況は、リーマンショック以上とも言われています。
在庫問題に取り組んでいる弊社にこそ、今できることがある!と、無料オンラインセミナーを始めました。
第1回・第2回と大変好評を頂き、どちらも100人以上の方に視聴頂きました!さらに最初から最後まで視聴された方が80%もおられました。

直近のオンラインセミナー情報をこちらでご紹介しますので、お時間ある方はぜひご視聴ください!
※本セミナーは、瀬川も自宅やオフィスから出演する形式です。もちろん皆さまもご自宅などからご視聴いただけます。

【在庫50%削減の事例も】売上増加と在庫削減を両立する具体的手法
7月2日(木) 16:00〜16:45

◆講演概要◆

小売業にとってのコロナショックは、需要が消失して在庫がお金に変わらなくなったということです。
アフターコロナは2030年問題という人口激減時代が待っており、同じく需要が消失して在庫がお金に換わらなくなる時代です。
需要が戻りきらず、商品が不足している中で迎える2020秋冬商戦は、まさに2030年問題の前哨戦です。

本ウェビナーでは、2030年問題を見据えながら2020秋冬商戦をどう戦えば良いのか、具体的手法をFULL KAITENのデモと導入効果を交えて説明します。


フルカイテン株式会社主催:

LIVE発表!アパレル業界のビジネスモデル変革の提言!

『2030年アパレルの未来』著者 福田稔氏 × フルカイテン代表 瀬川 特別対談

ローランドベルガーのパートナーであり、小売、ファッション、などのライフスタイル領域を中心に、成長戦略、デジタル戦略、グローバル戦略、ビジョン策定など様々なコンサルティングを手掛ける福田稔氏。
EC経営者として在庫問題による3度の倒産危機を乗り越え、その過程で売上増加と在庫削減の両立を可能にしたツール『FULL KAITEN』を開発、今大手アパレル企業からも注目を浴びているフルカイテン株式会社・代表の瀬川。

コロナショックを受けて、日本のアパレル業界は何を変革してくべきなのか。
どのような経営戦略を立てていけばよいのか?
ライブで繰り広げられる提言発表を、ぜひご体感ください!!

今後のオンラインセミナーの情報はこちらで随時更新されていきます!よろしければチェックしてくださいね。

以上、社長室宮本がお送りしました!



フロントエンドエンジニア
世界の大量廃棄問題を解決するフロントエンドエンジニア@東京/大阪
228億点。 何の数字か分かりますか? 世界中で1年間に廃棄される衣料品の数を指します。中には一度も袖を通されずに捨てられる商品もあります。 日本国内に目を向けても、年間に販売される新品35億点のうち、およそ半数の17億点は売れ残ります。 余剰在庫の一部は翌年に持ち越されますが、大半は発展途上国をはじめとする海外へ二束三文で輸出されます。そして、現地の繊維産業の育成を阻害するだけでなく、焼却処分によりCO2の排出につながっているのです。 この背景には、業界の構造的な問題があります。大量生産によって日本のアパレル製品の価格は過去30年で半値になり、私たちはメリットを享受しています。アパレル企業も多くの在庫を抱えて販売数量を稼ぎ、多くの商品が売れ残っても利益が出る経営モデルに安住してきました。 しかし、こんなビジネスは持続可能ではありません。 フルカイテン株式会社は、「世界の大量廃棄問題を解決する」ために、アパレルなど小売業界の在庫問題をAIで解決するためのSaaS「FULL KAITEN」を開発・運営を行っています。 アパレル企業が大量生産をせず余分な在庫を持たなくても売上と利益を増やすことができるシステムです。 アパレル企業だけでなく、他業種の小売企業でも導入が進んでいます。 そして、FULL KAITENが在庫問題を解決するフィールドは小売業にとどまりません。卸売業や原材料メーカーまで、サプライチェーンを網羅するべく、事業基盤を強化中です。 社員は20名とまだまだ新しく、まさに創業期の会社ですが、メンバーには元マスコミ・転職エージェント・アパレルなど多様な業界出身者がおります。 2021年7月にジャフコグループより5億円の資金を調達したことを発表し、これまでの調達は累計約8億円になりました! 「在庫分析クラウドシステムのフルカイテン、ジャフコから第三者割当増資で5億円を調達」 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000025713.html?fbclid=IwAR3ylLFisqUc2eiMZ-OFCgqHvit3-VR06TG1gdo_ntVjkaTyn-BWDdqW9_0 世界の大量廃棄問題を解決するため、小売業界を一から変える仲間を募集しています! ◆自社プロダクト『FULL KAITEN』 在庫問題は”小売企業の生命線”。経営に直結する問題とされています。 かつて代表瀬川が子供服のEC事業を運営しており、在庫が原因で直面した3度の倒産危機をデータ分析で乗り越えたという実体験から生まれました。 多くの小売業では膨大な売れ残り在庫が離れた倉庫にあり、従業員は普段目にする機会がありません。しかも、その何千万件という在庫データはエクセルで集計されていることが多く、管理と分析に大変な労力と時間をかけているのが現実です。 FULL KAITENはその時間と手段を提供し、本質的な在庫問題の解決をサポートしています。例えば ・離れた倉庫にある在庫のリスクを毎日可視化 ・需要予測により、各商品を仕入れるべき数が分かる ・手動で時間がかかっていたセール商品の選定も自動化 こうして得られた時間を新たな販売戦略に使うことで、 ・客単価8%UP、在庫半減 ・売上高25%増加、預金残高2.1倍 という嬉しい事例が報告されています。 ◆導入実績 リリースから3年、エンタープライズ企業を中心に導入が進んでいます。 ドーム(UNDER ARMOUR)様・ナノ・ユニバース様・オンワード樫山様 3coinsのパルグループホールディングス様・haco!様 コロナ禍でも直近1年で問い合わせが10倍、売上高(ARRベース)も50倍に成長しています! ▼参考情報 ・サービスページ https://full-kaiten.com/ ・FULL KAITEN開発秘話「倒産危機を救う逆境のSaaS」 https://note.com/_funeo/n/n401f66d032ac ・1年でARR(年間経常収益)が50倍!フルカイテンの急成長を数字で追う https://www.wantedly.com/companies/full-kaiten/post_articles/324835
フルカイテン株式会社


フルカイテン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
フルカイテン株式会社 からのお誘い
この話題について、
話しませんか?
気軽な情報交換や相互理解に活用できます
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
フルカイテン株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?