1
/
5

バックエンドエンジニア横田の転職ストーリー ホリゾンタル→バーティカルSaaS開発へ

10月からバックエンドエンジニアとしてフルカイテンに入社した横田です。FULL KAITEN V2の改良や新システムV3の設計に携わっています。

フルカイテンを知ったきっかけ

そもそも私がフルカイテンを知ったきっかけは、「バーティカルSaaS」というキーワードでフルカイテンを見つけたことでした。

フルカイテンのプロダクトは、お客様の在庫問題の解決に特化したプロダクトで、IEMという独自の理論を提唱し、他社に真似のできないアプローチで、在庫の大量廃棄という社会問題に取り組んでおり、ビックデータや機械学習を活用している点が魅力的だと感じました。

スタートアップにも関わらず、大手の導入実績も数多くあり、非常に将来性があるサービスなのではないかと考えました。

前職では、フロントエンドからバックエンド、モバイル開発まで様々なことを行っていましたが、今後エンジニアとして、バックエンドやデータ分析基盤の技術を磨いていきたいと思っていたときでした。

フルカイテンが新バージョンの開発を控えて、システムを再構築していくフェーズにあると知り、勇気を出して転職にチャレンジすることにしました。

面接

面接は、カジュアル面接→一次面接→最終面接と進み、すべてオンラインで行われました。

対面の方が伝わりやすいのでないかと不安でしたが、移動の必要がなく、面接時間の選択肢が多かったので、助かりました。

カジュアル面接は、荻原さん(オギー)に担当していただきました。

フルカイテンで使っているAWSサービスは、私にとって未経験のものだったのと、新システムの構築で言語をRustにする予定と聞き、とても興味を持ちました。

次の高橋さん(パンサー師匠)との面接では、チームメンバーがのびのびと開発ができる環境づくりを意識されている印象を持ちました。

ディスカッションが盛り上がり、面接の予定時間をオーバーしました。

最終面接の瀬川さんは、質問に応えられたかどうか不安だった部分もあり、正直手応えはあまり感じられませんでしたが、内定の連絡と熱いメッセージをいただいて、ものすごく嬉しかったですし、早く成果を出せるように、頑張ろうと思いました。


入社までの準備

内定後すぐに、エンジニアチームのオンライン飲み会に誘っていただき、エンジニアチームと初顔合わせとなりました。

リモート勤務なので、不定期でオンライン飲み会を開催しているそうです。

チームメンバーとのコミュニケーションが取りやすく、お話していて勉強になることが多く、これから一緒に働けるのが楽しみになりました。

また、研修プログラムが細やかに設定されていて、事前にフルカイテンの会社概要やカルチャー、デモ、新システムの構想について学ぶことができました。

会社が成長していくための基盤として、カルチャーやチームビルディングをとても大切にしているのだなと思いました。

入社後に感じたこと

フルカイテンのカルチャーはオンラインでも機能していて、Slack上やビデオチャットで社員同士で頻繁にやり取りし、多様な意見を尊重しあっています。

特に「Zeroプライド ⇔ Be フラット」というバリュー(行動基準)があって、疑問点があれば、チームを超えて物怖じすることなく質問し、積極的なコミュニケーションが取られています。

また、経営に関わることにも非常にオープンで、全社員で一丸となって、それぞれが役割をもって動いているところが凄いと思いました。

私は現在、入社直後のV2の改良を経て、新システムの設計に参加しています。

適材適所で技術選定させてもらえるので、バックエンドはRust、フロントエンドはNode.jsなど各チームで何を使うか決められるところが良いところだと思います。

新システムの設計は、前職でレコメンドシステムやAWSのインフラ基盤を構築したこともあり、足りない部分は日々勉強しながら楽しく取り組んでいます。


最後に

FULL KAITENは在庫問題を解決するSaaSですが、無駄な値引きを無くしたり、利益を出すためにはどの商品を販促すべきかを教えてくれる機能を持っています。入社後は、お店の商品を見ると「この商品はどのような経緯でセール対象になったのか」、「このディスプレイはどのような意図を持って考えられたのか」など、色々な販売方法が気になって、世の中の見え方が変わってきたように思います。

姫路からの週一回の出社ではありますが、昔から縁のある大阪市福島区での勤務も楽しむことができています。

フルカイテンには、「世界の在庫プラットフォームになる」という大きなビジョンがあります。
V3ではより多くのお客様の在庫問題の解決ができるよう、私も大きなやりがいを感じながら取り組んでいきたいと思います!

4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more