1
/
5

最強の組織で最強のプロダクトを作りたい。私がフルカイテンでPOとしてフル回転することを選んだ、ただ1つのシンプルな理由

はじめまして。2022 年 1 月にプロダクトオーナーとして入社した藤田です。

さっそくですが、みなさんは、優れた SaaS プロダクトを生み出すために重要な要素は何だと思いますか?

卓越したアイデア?
奇抜なコンセプト?
豊富な資金?
優秀なメンバー?

もちろんどれも重要だと思います。

ただ「最も重要」な要素は何かと問われれば、私は「組織」と答えます。

なぜなら、SaaS 事業は、開発、マーケティング、セールス、カスタマーサクセスなど、社内にあるさまざまな要素を総動員しなければならない「総合格闘技」だと考えるからです。

そして、私が新たな活躍の場をフルカイテンに求めたのは、この総合格闘技を戦い抜くために、会社全体で「理想的な組織のあり方」を真剣に模索していると感じたからでした。

これからチャレンジに踏み出します

これまで、たくさんの環境でいろいろなことに携わってきました。データサイエンティストとしてデータ分析をしていたこともありますし、研究開発部門のマネージャーとしてピープルマネジメントを担っていたこともあります。

多くのことに手を出してきましたが、ソフトウェア技術に関する専門知識を使って「エンジニア・研究者をサポートしたい」という思いは一貫しており、主に技術のマネジメントサイドを歩んできました。

とはいえ、プロダクト自体をマネジメントする機会にそれほど恵まれていたわけではありません。そのため、フルカイテンで「プロダクトオーナー」としてガッツリそれに携わることは、1つのチャレンジになると期待しています。

入社してまだ1週間ですが(執筆時点)、カスタマーサクセスのメンバーと連携しながら、機能改善・新機能追加の検討などの取り組みを、プロダクトオーナーとして少しずつ進めているところです。

吹奏楽も SaaS 事業も「1+1を 100」にすることが重要

私がフルカイテンに入社した理由を詳しく説明するために、私自身の趣味について少しだけ語らせてください。

私の趣味は吹奏楽です。あまりに好きすぎて、自分で楽団を作ってしまったほどです。楽団では自分で楽器を吹くことはなく、指揮・演奏指導・作編曲を担当しています。

楽器を演奏する醍醐味は「合奏」です。たくさんの楽器の得意を持ち寄って、1+1を 100 にする。だからこそ楽器の総和を超えたすばらしい演奏ができあがります。

一方で、合奏と同じことが SaaS 事業にも言えると思います。それぞれのメンバーの得意を持ち寄って、1+1を 100 にする。だからこそ、SaaS が単なる「クラウド上のソフトウェア」を超えて「優れたプロダクト」になります。

そして、それを可能にするのが「組織」であり、社内のリソースを総動員して総合格闘技を戦い抜く総合力だと思います。だから、組織を作ることに意識的でなければ、SaaS 事業はうまくいかないと私は考えています。

決め手は「組織」を重視する姿勢とワクワク感

ところで、私が初めてフルカイテンの会社案内を見た時の印象は、正直「なんだかよくわからない会社」でした。でも、同時に「楽しそうだ」と、なんとなくワクワクしました。

例えば、採用情報のページを開いたら、ふざけたポーズの写真ばかりが並んでいます(ぜひ実際に見てみてください。「シュッとした写真は撮らない」がポリシーらしいです笑)

また、「世界の大量廃棄問題を解決する」というミッションに対して、ビジョンとバリューを明確に言語化しています(ぜひ会社案内をご覧ください!)

さらに、「遊びゴコロのある組織運営」を前面に打ち出して、ニックネーム制度(社員全員にニックネームが与えられる)があったり、3ヶ月に1度「All Hands」と呼ばれる全社イベントを開いたり、CHRO を採用しようとしたりしています(まだ 25 人ほどの会社なのに!)

前回のALL Handsの記事はこちらです。

ほんの瑣末なことかもしれませんが、そこから組織設計の重要性を認識し、会社全体で「理想的な組織のあり方」を真剣に模索していると感じました。

すばらしい。

これなら最強のプロダクトを作れるじゃないか。

シンプルに、そう思いました。

最強の組織なら最強のプロダクトを作れる

もちろん、「小売の商流全体を DX する」という強い事業コンセプトと、それに対する当社代表の熱い想いを感じたことも1つの入社動機です。

ただ、決め手になったのは、やはり組織を重視する姿勢に感心し、「最強の組織なら最強のプロダクトを作れる」と考えたからでした。

……さて、長々と私自身のことを書いてしまいましたが……フルカイテンでは、最強の組織と最強のプロダクトをいっしょに作り上げてくれる仲間を募集中です!

特に、現場でものづくりに携わってくれるエンジニアやデータサイエンティストを大募集しています。風通しのよい明るい職場で、あなたもいっしょに働きませんか。


データエンジニア
AI×SaaS企業で設計から実装までお任せ!データエンジニア@東京/大阪
228億点。 何の数字か分かりますか? 世界中で1年間に廃棄される衣料品の数を指します。中には一度も袖を通されずに捨てられる商品もあります。 日本国内に目を向けても、年間に販売される新品35億点のうち、およそ半数の17億点は売れ残ります。 余剰在庫の一部は翌年に持ち越されますが、大半は発展途上国をはじめとする海外へ二束三文で輸出されます。そして、現地の繊維産業の育成を阻害するだけでなく、焼却処分によりCO2の排出につながっているのです。 この背景には、業界の構造的な問題があります。大量生産によって日本のアパレル製品の価格は過去30年で半値になり、私たちはメリットを享受しています。アパレル企業も多くの在庫を抱えて販売数量を稼ぎ、多くの商品が売れ残っても利益が出る経営モデルに安住してきました。 しかし、こんなビジネスは持続可能ではありません。 フルカイテン株式会社は、「世界の大量廃棄問題を解決する」ために、アパレルなど小売業界の在庫問題をAIで解決するためのSaaS「FULL KAITEN」を開発・運営を行っています。 アパレル企業が大量生産をせず余分な在庫を持たなくても売上と利益を増やすことができるシステムです。 アパレル企業だけでなく、他業種の小売企業でも導入が進んでいます。 そして、FULL KAITENが在庫問題を解決するフィールドは小売業にとどまりません。卸売業や原材料メーカーまで、サプライチェーンを網羅するべく、事業基盤を強化中です。 社員は20名とまだまだ新しく、まさに創業期の会社ですが、メンバーには元マスコミ・転職エージェント・アパレルなど多様な業界出身者がおります。 2021年7月にジャフコグループより5億円の資金を調達したことを発表し、これまでの調達は累計約8億円になりました! 「在庫分析クラウドシステムのフルカイテン、ジャフコから第三者割当増資で5億円を調達」 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000025713.html?fbclid=IwAR3ylLFisqUc2eiMZ-OFCgqHvit3-VR06TG1gdo_ntVjkaTyn-BWDdqW9_0 世界の大量廃棄問題を解決するため、小売業界を一から変える仲間を募集しています! ◆自社プロダクト『FULL KAITEN』 在庫問題は”小売企業の生命線”。経営に直結する問題とされています。 かつて代表瀬川が子供服のEC事業を運営しており、在庫が原因で直面した3度の倒産危機をデータ分析で乗り越えたという実体験から生まれました。 多くの小売業では膨大な売れ残り在庫が離れた倉庫にあり、従業員は普段目にする機会がありません。しかも、その何千万件という在庫データはエクセルで集計されていることが多く、管理と分析に大変な労力と時間をかけているのが現実です。 FULL KAITENはその時間と手段を提供し、本質的な在庫問題の解決をサポートしています。例えば ・離れた倉庫にある在庫のリスクを毎日可視化 ・需要予測により、各商品を仕入れるべき数が分かる ・手動で時間がかかっていたセール商品の選定も自動化 こうして得られた時間を新たな販売戦略に使うことで、 ・客単価8%UP、在庫半減 ・売上高25%増加、預金残高2.1倍 という嬉しい事例が報告されています。 ◆導入実績 リリースから3年、エンタープライズ企業を中心に導入が進んでいます。 ドーム(UNDER ARMOUR)様・ナノ・ユニバース様・オンワード樫山様 3coinsのパルグループホールディングス様・haco!様 コロナ禍でも直近1年で問い合わせが10倍、売上高(ARRベース)も50倍に成長しています! ▼参考情報 ・サービスページ https://full-kaiten.com/ ・FULL KAITEN開発秘話「倒産危機を救う逆境のSaaS」 https://note.com/_funeo/n/n401f66d032ac ・1年でARR(年間経常収益)が50倍!フルカイテンの急成長を数字で追う https://www.wantedly.com/companies/full-kaiten/post_articles/324835
フルカイテン株式会社


フルカイテン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
48 いいね!
48 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング