1
/
5

私が他社の取締役CFOから、「フルカイテン」というまだ管理部門のない大阪のベンチャー企業に飛び込んだ理由。

1月よりフルカイテンのCFOとして入社しました、斉藤純一です。社内でのニックネームは「J」です!
45歳2児の父でアラフィフ突入しております。

フルカイテンとの出会い

フルカイテンを知った頃、転職は考えておりませんでした。
前職では取締役CFOを務めており、そこでとても大事な時期を迎えていたからです。自分の役目をしっかり果たしたいという思いがありました。

その後、たまたま前職の関わりを少し減らすタイミングで、これまでの経験を活かして副業先を検討したことがあり、WANTEDLYでベンチャー企業の求人を眺めていたところ、フルカイテンの「SaaS企業の管理部門立ち上げをお任せ!」という求人が目に止まりました。

私はこれまで管理部門をゼロから立ち上げたり、IPO準備から実現までをど真ん中で経験してきました。
ベンチャーのそれぞれのステージにおいて、どんな管理部門が必要とされるのかを熟知していると自負しておりますので、副業という形でも何か役に立てることがあるのではないか?とコンタクトさせていただきました。

カジュアル面談担当はVCだった!

そこからカジュアル面談となったのですが、なんと、面談担当は株主であるジャフコ グループの関西支社長、高原様でした。
なぜVCの方がカジュアル面談をするのかな?!と思いましたが、フルカイテンに関わっていく中で、高原様が面談をされる理由がわかりました。noteでも紹介されておりますが、当社の最強パートナーとして、日常的に深く業務に関わっている方だったからです。

圧倒的実績と規模を誇る「ジャフコ グループ」から5億円の資金調達を行いました!ジャフコ関西支社長に聞いた出資の条件、成功するベンチャーの共通点とは|SDGs×AI|大量廃棄を無くす「FULL KAITEN」|note
この度フルカイテン株式会社は、日本を代表するベンチャーキャピタルであるジャフコ グループ株式会社から第三者割当増資で5億円を調達しました! そこで、今回の出資を決めてくださったジャフコ関西支社長の高原さんに突撃インタビュー!これまで何万社と面談を重ねて来られたプロの投資家の目から見たフルカイテンについて語っていただきます! 事前の打ち合わせで・・ ...
https://note.com/fullkaiten_re/n/n1f7883826efd

これまでこんなVCは聞いたことがなかったので、驚きました。

高原様から事業のことや管理部門の募集の背景など詳細にお話いただく中で大変驚いたのは、これまで複数のVCから資金調達をして、直近でも5億円の調達をしているフルカイテンにまだ管理部門の専任者がいないということでした。

その後の代表瀬川とのカジュアル面談では、事業の話も聞いたのですが、当時の管理業務は幅広く細かい業務が多い中、採用広報と兼任で時短勤務の宮本が1人で担当していると聞きました。それだけでも大変で助けが必要だということが想像できました。

また、「近々ボードメンバーでキャンプに行く」と聞きました。「キャンプは楽しいのはもちろん、素晴らしいチームビルディングになるんや」ということでした。自然の中、焚火を囲んで話しているとリラックスして未来の話ができるとか、そこでみんなで作る料理は最高に美味しいとか。キャンプ好きの代表の瀬川の発案でしたが、すごく面白いなと興味を持ちました。

ぜひキャンプ後にどんなだったか話を聞いてみたいと伝え、次はボードメンバー全員と会うことになりました。

この時は、次回のボードメンバーキャンプに入社前の私が参加するなんて思ってもいませんでした(笑)。(後段での話)

長くなりましたが、このようにフルカイテンと出会うこととなったのですが、最初のカジュアル面談が2021年8月でしたので、入社まで半年弱かかっていることになります。


↑ 念願のボードメンバーキャンプに参加した時の写真


サッカーのポジションで例えるなら、私はCFOとしてリベロ的な存在

私はありがたいことにこれまでCFOという役職に就かせていただき、会社の屋台骨として財務面、ガバナンス面で会社を支える役目を担ってきました。CFOと聞くと投資銀行出身の攻めのCFOなどキラキラしたイメージをされるかと思いますが、私は全く違います。

ずっとサッカーをやっており、高校卒業するまでは柏レイソルのユースチームに所属しておりおりました。大学でも様々なスポーツに取り組み、大学卒業後はこれまでのスポーツの経験を活かし、スポーツ用品の小売店で販売員をしておりました。その後、将来のことを考えるきっかけがあり、キャリアチェンジで未経験でベンチャー企業の経理職に飛び込んだのが経理職のスタートです。

↑高校時代、全日本クラブユースサッカー選手権大会にて撮影

それから「経理以外のこともなんでもやるぞ!!」というスタンスでゼロから管理部門を立ち上げたり、常勤監査役としてIPOを経験し、上場企業のCFOを務めてきました。これまでのバックグラウンドから「守りのCFO」と言われることがあります。攻め守りのような区別をされるのはあまり好きではないですが、サッカーに例えると守りがあるから攻めることができると思っているので、会社にとって「守りのCFO」はかなり重要だと思っております。

ガバナンス体制を整え運営していかなければIPOも実現させることができず、事業成長に必要な資金を調達できません。ここぞというときに攻めに転じて、攻めのきっかけを作ることができる、サッカーのポジションで言うリベロ的な存在でいたいと思っております。

これまで管理部門の立ち上げや、IPO準備からIPO達成と経験し、上場企業のCFOも経験することができました。

そんな私が、なぜ再び管理部門のないベンチャーに飛び込んだかというと、当時の会社では「常勤監査役」であったため、いつかは「管理部門の責任者」として再びIPOを成し遂げたいという心残りがあったからです。

フルカイテンならこれまで成し遂げれなかったことができる

ですが、IPOを目指している会社はたくさんありますし、どこの会社でも良いということではありません。
私は社会的意義のある事業を行っているという点も重要視しております。

フルイカイテンは「世界の大量廃棄問題を解決する」とういうミッションを掲げ、大きな社会的課題を解決するために全社員が日々邁進しております。

壮大なミッションではありますが、フルカイテンは在庫効率向上につながるSaaSプロダクト『FULL KAITEN』を提供しており、導入する企業が増えることで世の中から無駄な在庫が減っていくという素晴らしいプロダクトです。

企業は『FULL KAITEN』を使うことで在庫問題が少しずつ解決し在庫効率が向上しますが、それだけではなく、業務改善がそのまま大量生産・廃棄という社会問題への解決に直結するのです。

そしてお客様からも、粗利が増えた・客単価が上がったと、実際にたくさんの感謝のお言葉をもらっている会社なんです。

現在は国内のお客様だけになりますが、将来的には世界中で『FULL KAITEN』が使われれば、世界中のお客様と一緒に当社のミッションを達成することができます。

フルカイテンでは、このように「どんな目的で働いているのか」「自分のがんばりがどこに繋がっているのか」ということが明確に分かるということが大変魅力的でした。

このように、FULL KAITENは自分の仕事の成果がお客様の価値向上に繋がり、事業成長していくことが社会問題の解決に繋がるという素晴らしい連鎖が生まれる事業です。

「自分はなぜ、何のために、どうして仕事をしているのか?」ということが明確にイメージできました。

さらに管理部門がないという状況でしたので、ゼロから管理部門を作り上げていく楽しみもありますし、管理部門の責任者としてIPOを達成できるということがイメージできました。
そしてIPOをきっかけに、会社の成長を牽引していける存在になりたいと思いました。

フルカイテンへの入社の決め手

前職は大事な時期を迎えておりましたが、大きな役目も果たすことができましたので、取締役を任期満了の2022年1月に退任することが決まり、フルカイテン以外の企業からもお話をいただいておりましたが、フルカイテンに入社したい思いを伝えさせていただきました。

入社の決め手は事業やポジション、IPOを目指しているということがありますが、フルカイテンのボードメンバーの一員として会社の成長の役に立ちたいという思いが強かったです。

代表瀬川との面談では、まだ転職を考えていない状況はお伝えしているにも関わらず、その場で「フルカイテンに来てほしい」と言っていただき、面談後にもすぐに「ジョイン頂いた後のご活躍イメージがすごく湧きました。そして何より一緒に働きたいと思いました!」とアツいメールを頂けたことがすごく嬉しかったです。

瀬川に対してはHPのプロフィールや様々なインタビュー記事などから偽りなく真っ直ぐなイメージを持っていたのですが、実際に接することでイメージが確信に変わりました。

ボードメンバーのCPO加藤COO宇津木CTO柳本ともコロナが少し落ち着き始めた頃でしたので、オフラインで会うことができました。

あまり仕事の話などはなかったのを記憶しているのですが、お話することができ、素の部分も見ることができた会でした。キャラは様々ですが、瀬川のことを信頼しており、瀬川もボードメンバーを信頼しており、各々が支え合い会社を引っ張っているという印象でした。

そんなボードメンバーに自分も加わることができるのか不安な部分もありましたが、一緒にフルカイテンを引っ張っていくことができる存在になれれば、今の自分より確実に成長できると思い入社を決めました。

入社を決めてからはAll Handsミーティングにも参加しました。入社前までに業務をある程度キャッチアップしたいとお願いし、入社前からフルカイテンの一員として携わらせていただきました。業務についても、事前に宮本から引継ぎを完了することができました。

※私が参加した、前回のALLHandsはこちら


さらに、第2回ボードメンバーキャンプを開催するということでしたので、入社前ではありましたが私も参加させていただきました。12月初旬ということもあり、冬キャンとなりましたが、言われるままに寝袋とテントと椅子を揃え、食事などは瀬川が全て用意してくれて、焚き火を囲って宇宙の話をしたり、フルカイテンの未来の話をしたり、大変有意義な時間を過ごすことができました。

ボードメンバーキャンプは3ヶ月に1回開催されるとのことですので、1年後はキャンプマスターになれそうです。


フルカイテンで実現したいこと

管理部門はこれからスタートします。まずは少ない人数でカバーし合いながら、会社の屋台骨として安心して事業を推進できる体制を作っていき、まだまだ投資フェーズでもありますので、会社を成長させる財務戦略を実行していきたいと思っております。

また、現在、各ポジションで積極採用中で、1年で3倍くらいの人数になる予定です!!
良い方にジョインしてもらえるよう、従業員の皆さんが働きやすい環境、制度を整備していきたいと思っております。

そして2025年には目標のひとつであるIPOを実現します。

実現するまでには様々な困難もあるかと思いますが、ひとつずつ乗り越えて達成していきたいと思います!!

現在労務・総務職を募集中です!興味のある方はカジュアルにお話しましょう!


労務・総務
仕組みづくりのプロ大歓迎!一人目労務・総務募集!@大阪
228億点。 何の数字か分かりますか? 世界中で1年間に廃棄される衣料品の数を指します。中には一度も袖を通されずに捨てられる商品もあります。 日本国内に目を向けても、年間に販売される新品35億点のうち、およそ半数の17億点は売れ残ります。 余剰在庫の一部は翌年に持ち越されますが、大半は発展途上国をはじめとする海外へ二束三文で輸出されます。そして、現地の繊維産業の育成を阻害するだけでなく、焼却処分によりCO2の排出につながっているのです。 この背景には、業界の構造的な問題があります。大量生産によって日本のアパレル製品の価格は過去30年で半値になり、私たちはメリットを享受しています。アパレル企業も多くの在庫を抱えて販売数量を稼ぎ、多くの商品が売れ残っても利益が出る経営モデルに安住してきました。 しかし、こんなビジネスは持続可能ではありません。 フルカイテン株式会社は、「世界の大量廃棄問題を解決する」ために、アパレルなど小売業界の在庫問題をAIで解決するためのSaaS「FULL KAITEN」を開発・運営を行っています。 アパレル企業が大量生産をせず余分な在庫を持たなくても売上と利益を増やすことができるシステムです。 アパレル企業だけでなく、他業種の小売企業でも導入が進んでいます。 そして、FULL KAITENが在庫問題を解決するフィールドは小売業にとどまりません。卸売業や原材料メーカーまで、サプライチェーンを網羅するべく、事業基盤を強化中です。 社員は20名とまだまだ新しく、まさに創業期の会社ですが、メンバーには元マスコミ・転職エージェント・アパレルなど多様な業界出身者がおります。 2021年7月にジャフコグループより5億円の資金を調達したことを発表し、これまでの調達は累計約8億円になりました! 「在庫分析クラウドシステムのフルカイテン、ジャフコから第三者割当増資で5億円を調達」 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000025713.html?fbclid=IwAR3ylLFisqUc2eiMZ-OFCgqHvit3-VR06TG1gdo_ntVjkaTyn-BWDdqW9_0 世界の大量廃棄問題を解決するため、小売業界を一から変える仲間を募集しています! ◆自社プロダクト『FULL KAITEN』 在庫問題は”小売企業の生命線”。経営に直結する問題とされています。 かつて代表瀬川が子供服のEC事業を運営しており、在庫が原因で直面した3度の倒産危機をデータ分析で乗り越えたという実体験から生まれました。 多くの小売業では膨大な売れ残り在庫が離れた倉庫にあり、従業員は普段目にする機会がありません。しかも、その何千万件という在庫データはエクセルで集計されていることが多く、管理と分析に大変な労力と時間をかけているのが現実です。 FULL KAITENはその時間と手段を提供し、本質的な在庫問題の解決をサポートしています。例えば ・離れた倉庫にある在庫のリスクを毎日可視化 ・需要予測により、各商品を仕入れるべき数が分かる ・手動で時間がかかっていたセール商品の選定も自動化 こうして得られた時間を新たな販売戦略に使うことで、 ・客単価8%UP、在庫半減 ・売上高25%増加、預金残高2.1倍 という嬉しい事例が報告されています。 ◆導入実績 リリースから3年、エンタープライズ企業を中心に導入が進んでいます。 ドーム(UNDER ARMOUR)様・ナノ・ユニバース様・オンワード樫山様 3coinsのパルグループホールディングス様・haco!様 コロナ禍でも直近1年で問い合わせが10倍、売上高(ARRベース)も50倍に成長しています! ▼参考情報 ・サービスページ https://full-kaiten.com/ ・FULL KAITEN開発秘話「倒産危機を救う逆境のSaaS」 https://note.com/_funeo/n/n401f66d032ac ・1年でARR(年間経常収益)が50倍!フルカイテンの急成長を数字で追う https://www.wantedly.com/companies/full-kaiten/post_articles/324835
フルカイテン株式会社


CHRO
急成長中のBtoB SaaSでカルチャー作りをお任せします!東京/CHRO
228億点。 何の数字か分かりますか? 世界中で1年間に廃棄される衣料品の数を指します。中には一度も袖を通されずに捨てられる商品もあります。 日本国内に目を向けても、年間に販売される新品35億点のうち、およそ半数の17億点は売れ残ります。 余剰在庫の一部は翌年に持ち越されますが、大半は発展途上国をはじめとする海外へ二束三文で輸出されます。そして、現地の繊維産業の育成を阻害するだけでなく、焼却処分によりCO2の排出につながっているのです。 この背景には、業界の構造的な問題があります。大量生産によって日本のアパレル製品の価格は過去30年で半値になり、私たちはメリットを享受しています。アパレル企業も多くの在庫を抱えて販売数量を稼ぎ、多くの商品が売れ残っても利益が出る経営モデルに安住してきました。 しかし、こんなビジネスは持続可能ではありません。 フルカイテン株式会社は、「世界の大量廃棄問題を解決する」ために、アパレルなど小売業界の在庫問題をAIで解決するためのSaaS「FULL KAITEN」を開発・運営を行っています。 アパレル企業が大量生産をせず余分な在庫を持たなくても売上と利益を増やすことができるシステムです。 アパレル企業だけでなく、他業種の小売企業でも導入が進んでいます。 そして、FULL KAITENが在庫問題を解決するフィールドは小売業にとどまりません。卸売業や原材料メーカーまで、サプライチェーンを網羅するべく、事業基盤を強化中です。 社員は20名とまだまだ新しく、まさに創業期の会社ですが、メンバーには元マスコミ・転職エージェント・アパレルなど多様な業界出身者がおります。 2021年7月にジャフコグループより5億円の資金を調達したことを発表し、これまでの調達は累計約8億円になりました! 「在庫分析クラウドシステムのフルカイテン、ジャフコから第三者割当増資で5億円を調達」 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000025713.html?fbclid=IwAR3ylLFisqUc2eiMZ-OFCgqHvit3-VR06TG1gdo_ntVjkaTyn-BWDdqW9_0 世界の大量廃棄問題を解決するため、小売業界を一から変える仲間を募集しています! ◆自社プロダクト『FULL KAITEN』 在庫問題は”小売企業の生命線”。経営に直結する問題とされています。 かつて代表瀬川が子供服のEC事業を運営しており、在庫が原因で直面した3度の倒産危機をデータ分析で乗り越えたという実体験から生まれました。 多くの小売業では膨大な売れ残り在庫が離れた倉庫にあり、従業員は普段目にする機会がありません。しかも、その何千万件という在庫データはエクセルで集計されていることが多く、管理と分析に大変な労力と時間をかけているのが現実です。 FULL KAITENはその時間と手段を提供し、本質的な在庫問題の解決をサポートしています。例えば ・離れた倉庫にある在庫のリスクを毎日可視化 ・需要予測により、各商品を仕入れるべき数が分かる ・手動で時間がかかっていたセール商品の選定も自動化 こうして得られた時間を新たな販売戦略に使うことで、 ・客単価8%UP、在庫半減 ・売上高25%増加、預金残高2.1倍 という嬉しい事例が報告されています。 ◆導入実績 リリースから3年、エンタープライズ企業を中心に導入が進んでいます。 ドーム(UNDER ARMOUR)様・ナノ・ユニバース様・オンワード樫山様 3coinsのパルグループホールディングス様・haco!様 コロナ禍でも直近1年で問い合わせが10倍、売上高(ARRベース)も50倍に成長しています! ▼参考情報 ・サービスページ https://full-kaiten.com/ ・FULL KAITEN開発秘話「倒産危機を救う逆境のSaaS」 https://note.com/_funeo/n/n401f66d032ac ・1年でARR(年間経常収益)が50倍!フルカイテンの急成長を数字で追う https://www.wantedly.com/companies/full-kaiten/post_articles/324835
フルカイテン株式会社
フルカイテン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
53 いいね!
53 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング