Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

なにをやっているのか

【ケップルとは?】
ケップルはスタートアップを支援するグループです。

ケップルでは、スタートアップ特化の会計事務所と、スタートアップと投資家向けプラットフォーム「FUND BOARD」の運営をしています。

ケップルは、スタートアップと投資家への支援を通じて、世界に新たな産業を生み出すことをミッションとしています。

なのでケップルには、スタートアップが大好きな人が集まり、日々スタートアップのことを想い、スタートアップのために、みんなで毎日働いています。

【FUND BOARDとは?】
ケップルがより一層スタートアップを支援するためにリリースした、スタートアップと投資家の双方に提供する、資本政策、株主管理、投資先管理を効率化できるSaaSです。

https://fund-board.com/

スタートアップと投資家の双方に提供し、FUND BOARDを通じて両者のファイナンス実務を効率化します。

今後、FUND BOARDはスタートアップと投資家にとって必須のツールとなり、世界中のスタートアップと投資家のインフラとなることを目指していきます。

*2017年7月末にベータ版をリリースし、リリース直後すぐに100社以上のスタートアップ、投資家様からご登録いただきました!

【プレスリリース】
*Tech Crunch
ケップルが7月24日にスタートアップと投資家のコミュニケーションの「ムダ」をなくすためのサービスである、「FUND BOARD」のベータ版を公開。
http://jp.techcrunch.com/2017/07/24/fund-board/

*CNET
スタートアップと投資家のファイナンス全般を一元管理できる「FUND BOARD」
https://japan.cnet.com/article/35104583/

なぜやるのか

FUND BOARDのサービスは、Kepple会計事務所の代表である神先のアイデアから生まれました。

「スタートアップと投資家はより本質的なことに時間を割くべきだ。そうすればお互いにもっとパフォーマンスが上がるはず。」

スタートアップ支援をする中で、多くのスタートアップや投資家が、資本政策や株主管理、投資先管理に困っていることに、ずっと課題感を持っていました。

「スタートアップ向けのサービスは市場規模が小さいと見られがちで、スタートアップはきっとどこもやろうとはしないだろう」

「投資家もわざわざ自分たちでサービスを作ることはしないだろう」

資本政策や株主管理、投資先管理のサービスを展開するには専門的な現場の課題を理解出来なくてはならず、実務に携わっているケップルにしかこのサービスは出来ないことだと思い、自分を信じて開発をスタートさせました。

そう思い開発をスタートしたものの、代表の神先は会計事務所の立ち上げ経験はあるがインターネットサービスの立ち上げは未経験。これまでそう簡単ではありませんでした。

ただこの想いに共感してくれたメンバーが少しづつジョインし、今では徐々に形作られてきました。

ファイナンスがもっとスムーズになれば、スタートアップと投資家はきっともっと大きな未来を創れるはず。

そう信じて今も突き進んでいます。

「FUND BOARDがなければここまで来れなかった。」

スタートアップと投資家にずっと愛されるサービスを僕らは創っていきます。

どうやっているのか

Keppleでは、会計事務所とFUND BOARD、みんな同じ空間で働いています。

そのため、普段知り合うことのないメンバーと、同じ想いをもって仕事することが出来ます。

<メンバー体制>
ケップル代表の神先
エンジニア1名
運営担当1名
インターン1名
の体制で運営しています。
様々なバックグラウンドがあるメンバーで構成されています!

<オフィス>
オフィスは、スタートアップの聖地である渋谷。
Kepple会計事務所と同じオフィスですが、
スタートアップの雰囲気の明るく和やかなオフィスです。

Page top icon