1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

教育業界・士業・管理部門でのキャリアに関心のある方に支援を行っています。業界専門のキャリアアドバイザーとして、最新の情報や選考対策等を行っています。※現在はオンラインでの面談を行っています
求職者にとっての最適な機会と、求人企業の採用ニーズに応えられるよう、日々取り組んでいます
株式会社ファンオブライフは、教育業界専門の転職サイト「Education Career」、転職エージェント、士業・管理部門専門の転職サービス「アガルートキャリア」、教育✕テクノロジーをテーマにしたニュースメディア「EdTech Media」の運営を行っています。 ■教育業界専門の転職サイト「Education Career」 塾や予備校、通信教育、資格や語学、プログラミングスクールなど教育・人材育成分野に関わる求人を掲載している「Education Career」を運営しています。サイトを通じて、教育業界でのキャリアに関心のある個人と、採用に課題を持つ教育系事業者様の支援を行っています。 ■士業・管理部門専門の転職サイト「アガルートキャリア」 アガルートキャリアは、弁護士、会計士などの士業、法務、人事、経理などの管理部門に特化した転職エージェントです。オンライン資格スクール「アガルートアカデミー」で培った強固なネットワークや専門性を駆使し、転職・中途採用の支援を行っています。 ※弊社は、2020年2月にオンラインの資格スクール「アガルートアカデミー」を運営する株式会社アガルートにグループ化されました。アガルートアカデミーは、令和元年の司法試験合格者占有率34.8%と、多くの資格取得を支援しています。 ■教育✕テクノロジーのメディア「EdTech Media」 XTechといわれるうちのEducationとTechnologyを組み合わせた造語が、EdTechです。教育領域がTechnologyの進化によって起こる変化やトレンドを表現した言葉です。 ニッチな分野の情報のため、定期的に情報を得るのが困難です。そんな方に向けて、EdTech Mediaでは、最新のニュースやトレンド、サービスなどの発信を行っています。

なぜやるのか

本社は渋谷駅から徒歩約6分の明治通り沿い、宮下パーク向かい、渋谷キャストの近くです。
求職者にとって良い機会を追求しています。結果として、リクルートキャリアが主催するグッドエージェントランキングでも上位にランクインしています。
■教育✕テクノロジーのニュースメディア「EdTech Media」 「EdTech Media」は、もともと創業者の佐久間が前職に在籍中に始めたメディアでした。佐久間は、自分自身の英語学習が、オンライン英会話や、語学関連のアプリによって以前よりはるかに簡単になっていることに驚きを感じていました。 また、MOOCs(カーン・アカデミーなど)などテクノロジーを活用した新たな教育サービスによって、大きく教育の形が変わっていっていることを目の当たりにし、こうした新たな教育に関する情報を伝えるメディアを作ろうと思い、スタートしました。 教育関係者は意外と最新の情報を知る方法や機会がなかったりします、また教育系事業者は教育分野の関係者に自社のサービスや情報を発信する場がなかったりします。こうした双方の課題を解決するために、最新の教育に関するニュースやトレンドを伝えています。 ■教育業界専門の転職サイト「Education Career」 EdTech Mediaを運営する中で多くのスタートアップ・ベンチャー、教育関連企業にお話を伺いました。その中で、事業やサービスを加速させる、ひいては教育業界をより良くするには「人」の存在が不可欠であることを実感しました。 より良いWebサービスやアプリの開発には、いいエンジニアやデザイナーが必要ですし、学校現場に商品を提供していくには、文教市場に豊富なネットワークをお持ちの方や、学校へのマーケティング経験のある方が必要です。またテクノロジーを活用した教育サービスの商品企画にはネット系の事業会社で豊富な経験をお持ちの方などが望ましいでしょう。 一方で、学校現場にいらっしゃる先生方や、塾で講師などを務める方にも経験を活かして、より良い教育サービスや環境への貢献ができるとも感じていました。テクノロジーに強い企業(ベンチャーやスタートアップ)では学校現場に詳しくなかったり、文教市場・教育業界にネットワークを持っていないことが少なくありません。 教育系の事業者にビジネスやテクノロジーに強い人材を、ビジネスやテクノロジーに強い事業者に教育分野の知見が豊富な人材を掛け合わせることが出来ればより良い教育環境やサービスが出来て行くのではないかと考えました。 それを教育業界専門の転職サイト「Education Career」と業界専門の転職エージェントの力で実現したいと考えています。 ■士業・管理部門の転職支援サービス「アガルートキャリア」 アガルートグループとして、資格取得だけではなく、その後のキャリア支援にも事業を拡大する背景で、2020年8月に士業・管理部門に特化した転職エージェント「アガルートキャリア」を開始しています。アガルートの運営するアガルートアカデミーは、令和元年の司法試験合格者占有率34.8%と、多くの資格取得を支援しています。こうしたネットワークを活かして、士業・管理部門の方のキャリア支援を行っています。 事業のグローバル化、複雑化などによって事業会社においても法務部門の強化を行っている事業者が増えており、例えば、社内弁護士(インハウスローヤー)と呼ばれる事務所に在籍するのではなく、事業会社に雇用されて、仕事を行う弁護士も増えています。また、リモートワーク、副業解禁など、人事の労務領域や制度企画の出来る人材への採用ニーズも高まっており、企業の管理部門の採用ニーズは、年々高まっています。士業や管理部門の専門性の高い人材のよりよいキャリアの支援、中途採用の支援を行い、学びとキャリアを結び付けられるサービス提供を目指しています。

どうやっているのか

社員は20代中盤~30代前半が多く在籍しています。
コロナ拡大前のオフィス写真です。直近ではほぼ代表のみ出社しており、ガランとしています
株式会社ファンオブライフは現在、社員数11名(代表1、キャリアアドバイザー7名、マーケティング1名、事務アシスタント2名)です。 ■社員のバックグラウンド もともと教育分野や人材、人材育成の分野で働いていたものはもちろん、異業種(広告・コンサル・ウェディング・アパレル)から転職してきた社員など、出身業界は多岐に渡っています。社員の平均年齢は30歳前後で、代表の佐久間が35歳、20代中盤~30代前半のメンバーが中心です。 ■会社として大切にしていること 会社として、大事にしているのは、「成果にこだわる文化」「成果に基づく公平な評価」「柔軟なが働き方」です。 ・成果にこだわる文化 組織としても個人としても成果につながること、パフォーマンスを高めることを追求しています。必要のない会議、業務フローなどは出来るだけ行わないようにしています。 ・成果に基づく公平な評価 各種KPI、評価指標は事前にかつ常時オープンにし、成果を出せる人に報いれる制度を導入しています。「平等」ではなく、「公平」であることを大切にしています。 ・柔軟な働き方 家庭の事業による早出/遅出、平日の代休取得など柔軟な働き方が可能です。現在は原則リモートワークですので、出社の必要もありません。副業も競合ビジネス以外自由に行って頂いて構いません。