1
/
5

楽天⇒ミスミ経営企画⇒GameWith社長室これからのGameWithを担う幹部社員へインタビュー!

今回は新規事業や特命プロジェクトを担う代表直下部隊である社長室に2月から入社した黒太さんへインタビューしました!今回は新規事業や特命プロジェクトを担う代表直下部隊である社長室に2月から入社した黒太さんへインタビューしました!


簡単な自己紹介を含めて教えてください。またスカウトメールが来た際はGameWithについてどう思っていましたか?

楽天→ミスミで経営企画に従事しておりました。主に、中長期戦略の立案や事業計画の推進、組織運営・組織の改革を進めてきており成長や変化の激しい世界で、経営トップに近いところでの意思決定に関わってきました。

GameWithは知らなかったです。すみません(笑)

友人にGameWithのことを聞いたら「有名だしすごい会社だよ」と聞き、

期待値の高い状態で面談に伺いました。



今泉さんの第一印象はどうでしたか?

当初お会いするまでは寡黙な方だと思っていたのですが、話してくださるときの熱量がとても高かったことが印象的でした。

お話のなかでに実現したいビジョンが明確だと感じました。また決して一方的、高圧的ではなくゲーム業界未経験の私の話にもきちんと耳を傾けてくれたため、今までご一緒した経営者とはまた違うタイプの経営者だとも思いました。

今回転職しようと思った理由の1つに自分でビジネスを作っていく環境で仕事をしてみたいという想いがあったのですが、今泉さんとは一緒に新たな世界を作ることができると感じました。

また、野心家であるとも感じました。これから新たなテクノロジーで業界は一変します。これまでGameWithはゲーム攻略が中心でしたが、これからはゲームを探す・紹介するマーケットをとる。まだまだ伸びしろがあり、グローバルのトップカンパニーとも伍していけるような存在を目指す。こういった今泉さんのお考えは非常に興味深いですし、私も一緒に頑張っていきたいなと思いました。



GameWithへの最終的な入社の決め手は何ですか?

なによりゲーム業界が成長している業界であり、ゲームが一部のマニアのものではなくなっていること。変化が激しく打席に立つチャンスが多いこと。あと両親が「GameWith面白そう」と言ってくれたことです。両親ともに70近いのですが、実際にゲーム実況・攻略動画を見ながらプレイして喜びを感じ、夫婦間のコミュニケーションが生まれるというゲームがもたらす可能性みたいなところに面白さを感じました。また生活の一部として特定の世代のものではなくなりつつあり、将来的にゲームはなくてはならないインフラになり得るのではないかと思ったこともGameWithに入社する決めてになりました。



GameWithに入ってみて現場の雰囲気はどんな感じでしたか?

まず最初に感じたのはチーム一丸で作り上げていく風土は非常に力強いと感じました。常にサービスの改善に取り組み、より良いものを作り上げていく意欲はさすがだなと思います。

また今のGameWithは伸びしろがある分、チャレンジしなければならないことも多く、いわば成長痛をどう克服するかのタイミングだと思っています。管理部門がとてもしっかりとしており、事業の成長の基盤となる機能がきちんと備わっているので成長に向けての様々なチャレンジを繰り返せています。今後一緒に働いていくのが楽しみです。



GameWithがまだまだ強くしていけるなと思った点はありますか?

ユーザーとのつながりはもっと強くできるだろうと思いました。今のGameWithユーザーというよりGameWithユーザーになり得る層との関係値をどう作っていけるかは今後ののビジネスモデルの強化には不可欠だなと思いました。



黒太さんが思う日本・世界のゲーム・エンタメ業界について今後どのように変わっていくと思いますか?

これまでは、一部の人の「娯楽」でしかなかったと思っています。今後は、高齢化・核家族化する社会において人と人をつなぐ重要な産業の一つとなると思っています。Society5.0※を迎え、知識社会は高度化します。その中でゲームというコンテンツは娯楽を超えて生活の一つに組み込まれるものと捉えています。極論をいえば、ゲームの世界の中で人間は新たな価値を発見し、新たな感動を体験し、行動する。今までとは違う「何か」を提供できる価値を創造できる。かつ生活に根付いたものになれるポテンシャルを持っていると思いますし、GameWithがそのプラットホームになれればいいなと思っています。

※Society5.0=サイバー空間とフィジカル(現実)空間を高度に融合させたシステムにより、 経済発展と社会的課題の解決を両立する、 人間中心の社会(Society)



GameWithができること。もしくは黒太さんがGameWithを通してチャレンジしてみたいことはありますか?

第一に代表である今泉さんの目指す世界を形にしていくこと。また新たな時代の価値創造を具現化していくこと、最終的にはGlobal No.1のプラットフォームを構築できるように自身の出来ることで最大限貢献していきたいと思っています。



最後にこれからGameWithに興味を持ってくださる方、特に新規事業開発や未知へのチャレンジに興味ある方に一言お願いします!

変化の多い市場であり、既存の仕事の仕方だけでは通用しないと感じています。だからこそ自身で探していき、自ら道を切り開かなければならないやりがいのある市場だとも思っています。

私もまだ1ヶ月ほどですが自ら望めば、新たなことにチャレンジする機会が巡ってくる会社だとも感じています。

より変化が激しい環境で成長したいという方にはうってつけだと思いますので、興味がある方はぜひ一度遊びにきてほしいと思います。



本日はありがとうございました!

株式会社GameWith's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more