Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

会計業界からの予想もしない転職

株式会社ギャプライズに入る前

会計事務所に3年ほど勤務して、その間に税理士試験も3科目合格した頃でした。当時勤務していた事務所での成長性に大きな疑問と将来の不安を感じ、新しい会計事務所での職を探しているタイミングで、「知り合いの税理士を紹介してもらう」という名目で、学生時代からの友人であったギャプライズの前代表の佐藤と一緒に飲みに行くことになりました。

飲みの席で佐藤やその税理士さんといろいろな話をしたのですが、ふと佐藤が「うちで働かないか?」と言ったことがきっかけとなり、ギャプライズがどういう会社か、どういう理念で仕事をしているか、という話になりました。

その時はお互いに酔っ払っていたこともあり、その場はそれでお開きとなりましたが、翌日、佐藤から電話がかかってきて、ギャプライズの詳しい話を聞くことに。

実はその時、他の会計事務所からも内定をもらっていましたので、非常に悩んだのですが、私自身が「会計事務所」という狭い世界で、かつ、顧客に「アドバイス」しかできないという立場にジレンマも感じていたこともあり、会計の知識を活かしながら企業を内部から成長させていく、という方向にキャリアチェンジすることに決めて、ギャプライズに入社しました。

現在

コーポレート部門(人事・総務・経理・法務など)のマネージャーをやっています。ギャプライズはまだそれほど大きな所帯ではありませんが、この1・2年でスタッフが倍以上に増えていることもあり、色んな制度やシステムや未整備な部分も多くあります。そんな中で、制度や仕組みを整え、会社・組織として機能するためのあらゆることに対応しています。

もちろん、マニュアルやルールもすべて自分たちで考え、整理し、作り、運用していくという状態です。大変ではありますが「未完成だからこそ面白い」という観点でとらえると、こんなに面白い仕事はありません。

また、ベンチャーとしてのスピード感を損なわずに、かつ、会社として機能するためにはどうすればいいか、という命題はどの企業も大きくなる仮定で経験することだとは思いますが、コーポレート部門が組織全体のブースターとして、企業の成長に貢献することができるように意識をしながら、新しいやり方をどんどん試しながらトライ&エラーで進んでいます。

株式会社ギャプライズについて

「いつも心にエンタテインメント」という理念や「アスリートスマイル」というスローガン、「何をやるかよりも、誰とやるか」に代表される13のポリシーなど、お題目ではなくて企業理念や文化というものが会社の軸としてきちんと機能している希有な会社だと思います。

企業としてまだまだ未熟な部分はたくさんありますが、人と人とのつながりを重視し、かつ、仕事も遊び(イベント)も本気で取り組むことができる環境です。

私がこれまで勤めてきた会社における理念は「壁にかかっている偉そうな言葉」に過ぎなかったので、ここまで会社の中で理念が浸透させていることがギャプライズの特徴であり、一番の強みであると感じています。

今後どういうことをしていきたいか

規模が大きくなっていくにつれて、コーポレート部門(含む経営層)と現場の間ではいろいろなコンフリクトが置きがちです。それは成長痛のようなモノかもしれませんが、そのまま放置すれば組織としてのブレーキになりかねません。

コーポレート部門としてどうすればコンフリクトを解消しつつ、会社としてのルールや制度を機能させつつ、会社を成長させるための促進剤になることができるか、という難題に調整していきたいと思っています。

株式会社ギャプライズでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 いいね!
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon