スーツケースと10万円を手に上京。東京で何かを掴みたかった。答えのない提案だからこそ、もっと顧客のことを、マーケティングのことを知ろうと思う。

ギャプライズの中で働く人を紹介するインタビュー企画です!


こんにちは。広報担当のソンです。

今回紹介するのはデジタルエージェンシー事業部セールスチームの神谷直輝さんです。大手企業内定を辞退し、大学卒業後、スーツケースと10万円を手に上京。鋭い人間観察力と高い対人スキルでお客様とギャプライズメンバーを魅了している神谷さんをご紹介します。

神谷直輝さん
2015年、人材系のベンチャーに新卒入社、長期インターンシップの採用支援と新卒採用ツールの営業を経て2018年6月、ギャプライズに中途入社。入社後はデジタルエージェンシー事業部にて、Web広告を中心としたプランニングとセールスの両方を担当している。今では事業部のトップセールス。

ギャプライズに入社される前は何をされていましたか?これまでのキャリアを教えてください。

何かを探したかった。何かを掴みたかった。地元を出て、東京で挑戦しよう。

大学時代の就職活動では、大手の人材会社に絞って数社選考を受けました。とある大手人材会社に内定が決まっていましたが、求人媒体で人は変えられないと感じて内定式後に辞退という決断をしました。

人材会社を選択した理由として、働く人たちが、自分の仕事にもっとやりがいを感じられるための支援が出来たらいいなと思ったからです。でも仕事選びってその人の人生観や思考が大きく関わっていて、求人媒体でそれを丸ごと変えることは難しいなと思って辞めました。

就職先を失って、これからどうしようかと考えてとった行動がスーツケースと10万円片手に握りしめて東京へ出てくることでした。

何かを掴みたかったんだと思います。地元に居ては小さな世界にいるだけで新しいものを掴める確信は得られませんでした。今思うと、何か自分自身の武器になるものを得たかったんでしょうね。

そんな僕が東京で行く当てもなくきっかけを探している時に出会ったのが人材系のベンチャーを経営する社長でした。ここでは長期インターンの求人広告営業を担当しました。

学生が会社選びをする上で、長期インターンとして企業で働く経験を積むことは重要な軸になると考えたからです。

入社後は、ひたすらテレアポと商談を繰り返す日々を過ごしていました。しんどい時もありましたが、そこで営業の基礎になる部分を学ばせて頂きました。

ただ驚いた事に、新卒入社してたったの2ヶ月でとある大手人材企業のグループ会社として買収されます。正直すごく驚きました。これから一緒に歩んでいこうと思った企業がたった2ケ月で買収されて、新卒の年齢だった僕には衝撃的でした。

最初は疑問もありましたが、ベンチャー時代の属人的な営業スタイルと、大手企業の仕組み化・一般化された営業の両方を学べたことは、非常に大きな糧になりました。

なるほど、では、どのような経緯でギャプライズに入社されたんですか?

営業とマーケティング、似て非なる両方のスキルを深めていきたい。甲斐との出会いがもう一度会社を信じるきっかけとなった。

前職に入社してから3年が経ち、そろそろ別の業界で新しいチャレンジをしてみたいと思ったタイミングで代表の甲斐と出会いました。

初めて東京に来た時にお世話になった人からたまたま代表の甲斐を紹介してもらいました。その後は今所属しているデジタルエージェンシー事業部の方たちと飲んで、とんとん拍子に入社が決まりました。

その時感じたのは、みんなが仕事を楽しんでいること、クライアントに価値を提供したいという意識、希望をもって働いていることを、言葉では表せないですが、感じ取りました。フィーリングも大切ですよね。笑

ギャプライズは、成長フェーズにありつつも、ただの営業会社ではなくクライアントの成果に向き合う姿勢を強く感じました。広告代理店はどこもハードな営業会社ばかりだと思っていた自分の勝手なイメージを大きく覆されましたし、ここでならただの営業担当としてだけではなく、マーケターとして成長出来ると思い入社を決めました。

また、元々マーケティングには興味があり、営業の現場でもそれを強く感じていました。
世の中に色々な商品はあるけれど、合理的な判断だけで購買を決定する人って少ないと思います。たとえ非合理的な理由でも、どこに価値を感じるか次第で購買行動に移る人も多いと考えていて。
人が購買の意思決定をする理由って、その場の勢いもあれば、営業担当となんとなく馬が合ったから、みたいなものもありますよね。
そこに面白さを感じます。

デジタルエージェンシー事業部での業務内容を教えてください。

正解がないからこそ、費やした時間が、そのまま成果に繋がるとは限らない。

デジタルエージェンシー事業部は、クライアントのWeb集客に関する課題抽出から戦略立案・実施・改善を一気通貫し、主にWeb広告やSNS運用を中心に支援しています。現在、セールス・広告運用・クリエイティブの3つのチームが存在します。

自分はセールスチームでアカウントマネージャーという職種に就いています。
アカウントマネージャーは、企業のサービスや集客課題のヒアリングから始まり、Web広告だけに留まらないプロモーションサイトの制作やSNS運用など、幅広い企画・提案力が求められます。

売っているものがパッケージ製品ではないからこそ、単なる物売りとは違って正解がないところが難しくもあり面白いところです。考えた時間がそのまま成果に繋がるわけでもない。どれだけクライアントのことを考え抜き、期待以上の提案ができるかが大切だとつくづく感じています。

ギャプライズのデジタルエージェンシー事業部は、社員の業務レベルは高いものの、今後さらに飛躍していく上での仕組み化、一般化や環境整備にはまだまだ課題を抱えています。自分自身のマーケティングスキルを高めていきたいだけではなく、一緒に組織を作っていきたい、そんな欲張りな方を募集しています!

<最後に広報より>
ゆるふわキャラの神谷さんですが、今日はいつもは見れない真剣な表情でお話ししてくれました。なぜ彼が、アカウントマネージャーとして全力でお客様に向き合っているのか理解する機会になりました。独特の空気感づくりでいつも社内を盛り上げてくれている神谷さんは頼もしい存在ですね!事業部の未来もとても楽しみです。

クライアントの業界を研究して課題解決策を導き出す。簡単な仕事ではないと思います。だからこそ提案が当たった時の喜びは半端ないのでしょうね!

株式会社ギャプライズ's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
5ceec369 1a7d 4feb a084 4306ddcc32db?1548924838
C257e243 bd56 461c 92da 919a3661c24e?1531612303
3 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
5ceec369 1a7d 4feb a084 4306ddcc32db?1548924838
C257e243 bd56 461c 92da 919a3661c24e?1531612303
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon