Explores ✈ Once in a Lifetime 🌴       2017 Sep15th to 23rd. 「旅。疾走。地平線2500km。圧巻のロッキーの峰々。前兆を見てココロオドル」

早秋のカナダ。五感を刺激する冷たい風が4000メートル級のカナディアンロッキーの山々から吹き付け、いつになく研ぎ澄まされた旅の感覚。ここはカナダのバンクーバー。SUVの車を借りると、いざ、Explores ✈ Once in a Lifetimeのメンバーを乗せ、2500Kmの旅路へ!

なーんてかっこいいスタートを切った私たち(*^^)v わーお、流石だ!と嘆いてしまうようなこの面子。19歳から40か国以上のバックパッカーを経験したToshiさんはじめ、カナダで幼少期を過ごした同僚のTakashiさんだったり、みんな、ツワモノすぎるよッ・・・カナダにきて、普通に大学でセミナー開いたり、普通に英語でサラッとプレゼンしたり、スタートアップと商談を済ませて、さっさと出張の目的を達成。そして、仕事が終わった休日の旅路へ。この、スピード感ハンパない(;・∀・)

いま、私が感じているこれは何だろう...自然と涙が流れてくるようなこの感覚。これまでの私たちは何をやってきたんだろうか。一緒に居るだけなのに、数年分の経験値を積んだ気分。本当に、かっこいいし、すごいわこのメンバー(´;ω;`)ウッ…

間近でそういった場面を目視する機会はそうそう得られるものではありませんよね。私たちのリーダーは常に自分の海外出張に社員を5名でも10名も連れて行きます。その旅先でビジネスが動いているその瞬間を私たちに見せてくれます。旅も同じです。ついでだから、ということで普通では考えられない奥地まで連れて行ってくれるんです。今回はカナディアンロッキー。幻想的で信じられない旅でした。

本当に素晴らしい活動をしていると私自身が思えること。なんて幸せだろうと改めて感じています。そんな私の経験を少しでも皆さんにお伝えできればと思います。

Explorers✈ Once in a Lifetimeでは、プライベートの旅行では絶対に体験できないような、その土地の歴史や神髄に触れる旅を繰り広げます。現地に溶ける。その地の伝統に従い、文化と自然を同時に学び、簡単にはたどり着くことができない、全身にカミナリが落ちるほどの感動の体験がテーマ。その経験の中で感性を豊かに、広い世界を感じて”人”として成長してほしいというToshiさんの願いが込められていて、当然、その中身の濃さは尋常じゃありません!!

一生に一度は見てほしい✈ Once in a Lifetime 「世界のその場にある実際の光景」を、全神経を通じて感じる。そんなふうに思える絶景を前に、声を失う場面に本当にたくさん出会いました。

ロッキーの峰々のその勇ましき神々しさに圧倒されつつ、往復2,500km。・・・行動力が常識の範疇外でしょこの距離って 笑 普通に、「さ、出発!」って距離じゃないよー💧 コーヒー、ガム、お菓子に合唱! 必死に瞼を閉じまいと奮闘して運転してくださったToshiさん、Takashiさん、本当にありがとうございました( ;∀;)

レイクルイーズ、ペイトー湖、ボウ湖、エメラルド湖、アサバスカ湖。数々の湖を訪れました。湖の色、周りの山の形、纏う空気。世界に唯一の光景であり、信じられないほどの絶景がそこにはありました。

9月の大雪



【アサバスカ湖】山と湖の色の調和に...

【モレイン湖】

ひときわ存在感を放っていたのがモレイン湖。雪がしとしと降る早朝の静けさの中、ロックガーデンを一歩ずつ登りたどり着いた頂上で待つのは。

まさに圧巻の風景。白い山々の統制を図るようなエメラルドグリーンの湖を見下ろした瞬間、居合わせた全員が言葉にできない感動を覚えました。吸い込まれそうな深みをもつモレイン湖に映し出される山の影は、自然の作り出した芸術。世界はなんて美しいのだろう...

野生のリスと戯れたり、凛とした一筋の滝を前に大人げなくもはしゃいだりしてしまいました。

滝を飲み込むとは、恐るべしw

滝を形成したのち、地面に落ちた穏やかな水の流れは日本の喧騒からはかけ離れた、ゆったりとした時間の流れを感じさせてくれます。青年に戻ったような楽しいひと時を過ごしました★

そして、大氷原を目の前に。一面、白く広がる氷原を見下ろすようにそびえる力強い山。そこに光を差す太陽のコラボレーションはまさにロッキーの雄大さそのもの。この世界では、小さな悩みや日々のしがらみから解放されるように生命の自由を感じることができます。自分の足で氷原に降り立った実感を、生涯忘れることはないでしょう。

思い出はまだまだたくさんありますが、どれも今回のこのメンバーだからできたこと。もしToshiさんに出会っていなかったら、もしこの一般常識からかけ離れた企業に入社していなかったら、もしこの旅の同行を決断していなかったら。人生の一瞬一瞬の選択について考えさせられる旅でもありました。夜な夜なみんなで囲んだおいしい食卓や初の試みとなった外国での大きなセミナーの開催、思う存分自然に触れたExplorersの経験は今後の業務に、人生に変化をもたらしてくれると思います。絆を大切に、出会いを大切に今を生きる。メンバーも、そして私も、成長できたかな・・・。いえ、きっとできたはず。人生の様々な局面で必ず必要となる、前進できる力がこうした経験を通じて養われていることを、私は信じたいと思います(^^♪



株式会社GDIコミュニケーションズ's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
B9f2dd04 6379 49c4 8c30 94eb0a768793?1527810115
3462df73 aa27 4f7f 9e41 c9ae05215881
7d72dc4c ad0e 4d65 b92a 44972f7755b8
28 Like
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
B9f2dd04 6379 49c4 8c30 94eb0a768793?1527810115
3462df73 aa27 4f7f 9e41 c9ae05215881
7d72dc4c ad0e 4d65 b92a 44972f7755b8
28 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon