私が船を選んだ時。。


私が転職を決意した時、眼の前にはただただ、大きな海が広がっている様にすら感じました。

大海を臨む私には何故でしょう。

新しい、未だ見ぬ世界で大きな嵐と立ち向かい、仲間と難所を乗り越え、生死を掛けた戦いに生きがいを感じている姿がアリアリと思い浮かべられるのでした。

可能性を感じ続けられる環境を求めていたのです。


これから航海に出るために、乗り込む船を選び始めました。

船にはまず、人生を共にする仲間がいます。どれだけの結束や戦闘力を備えているのか。

この仲間と出る海で味わう潮風は、きっと格別うまいんだろうなぁ。


私の場合には次に船のスペックが、どうしても気になりました。

どんなバックグラウンドから、生まれた船なのか。

誰が作り上げたのか。どんな大砲を装備しているのか。

私が仲間になったら、どんなふうにチームは変わっていくだろうか。

寝床はどれだけ温かいだろうか。。


そんなことを考えながら、私は株式会社ジオロジックという船に乗り込む事に決めました。

そしてジオロジックのメンバーもそれを受け入れてくれました。


位置情報広告という市場は自分が思っていたよりも多くの成長と変貌を遂げる段階にありました。

船の進むスピードと言いますか、組織のスピード感と同時に世界の進むスピードも早いんだなと、肌でビリビリと感じます。

お互いに弱音を吐いたり、厳しく激励し合ったり、素直にプロに学んだり。

そんな環境が整った刺激的な職場です。


取り留めのない事を書いてしまいましたが、自立性とプロ意識を最速最短で習得できる弊社の環境に、ぜひ混ざってみてください。

お待ちしておりまぁーーーっすぅ!!


株式会社ジオロジック's job postings
Anonymous
51867a57 d94c 4695 a50c c28d809d2aca?1531367694
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
4 Likes
Anonymous
51867a57 d94c 4695 a50c c28d809d2aca?1531367694
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon