人が集う事で想像できる無限の可能性を信じている

株式会社GFDに入る前

私がGFDという会社を創業する前は、主にネットワークやサーバ周りを設計/構築する俗に言うインフラエンジニアでした。 というのが大凡、私が自分を説明する時の自己紹介プロフィールですが、、

もう少し深く私のキャリアを説明すると、まず専門学校卒業後、某国産PCメーカーに新卒で入社した所から私のビジネスマンとしてのキャリアがスタートします。 ビジネスマンとしてのキャリアというと、かなり高名なイメージが先行しますが正直な所、当時は仕事に対するモチベーションは低く、専門学校を卒業しエスカレーター式に社会に出てしまったそんな出来損ないの社会人1年目でした。

当時は仕事は「やるもの」ではなく、「やらされている」もの。 何のためにやるのか?給料をもらって生活するためと考えていました。

そのようなマインドで仕事に取り組む日々が1年くらい続いていたのですが、漠然と与えられた仕事をこなしながらも一方では、同期や先輩/後輩達と一緒に仕事をやり遂げた時に得られる達成感や多幸感の存在に気づき始めたのも、丁度この時期でした。

ここでの気づきが僕のビジネスの本質、僕は良くこう言う表現をしますが、「何をやるか?」では無く「誰と何をやるか?」という考えに至り、自分でそのチームを作ってみたいという気持ちが強くなり、GFDという会社を創業しました。

現在

2008年にGFDを創業して以来、代表取締役としてこの会社の全ての取り組みに従事してきましたが、9期目に突入した現在は主に新規ビジネスの創造と開拓、新しい「仲間」を募るための採用活動の取り決め、企業ブランディングとチームビルディングを主に担当しています。 私は、この会社の代表であり全ての決定権があるポジションではありますが、ビジネスの根底は現場にあり、その現場を作り、その現場で闘っているのはGFDという会社で働いている一人一人である事を知っています。 ですから、社長というのは何でもできるスーパーマンでもなければ、独裁者でもない。 単なるポジションの一つであるという事を常に心掛けています。 企業は人であり、その企業のサービスや商品を購入されるお客様も人である以上、人が一人で出来る事の限界を知り、社員がチームとして、チームが組織として活躍できる会社作りに情熱を注いでいます。

株式会社GFDについて

GFDというか会社はまだまだ荒削りで若い会社です。

完璧で完成してないが故に大変な事も多いですが、その反面やり遂げた時の達成感や多幸感は他の会社のソレとは比べものにならない自信はあります。

会社の特徴としては他のスタッフも挙げていますが、とにかく風通しが良い会社です。 これは私のモットーであり、仕事という時間を最大限に楽しむための最低限のルールだと思っています。 やりたいことがあれば、それを迎合して後押しする文化や(もちろんロジックやスキームは必要ですが)、人が一番ストレスを感じると言われている会社での人間関係での問題は極力発生しないように、社員全員が言いたい事が言えるような企業文化を持っている会社だと思います。

今後どういうことをしていきたいか

de facto standard company!!!!

GFDという会社が提供するサービスや文化が全世界に響き渡る!!! そんな会社を創造していきたい(いきます)です

株式会社GFD's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
3171ba9a 1df9 446f 89ca 615b940c6fbe
2 Like
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
3171ba9a 1df9 446f 89ca 615b940c6fbe
2 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon